自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<March 2014>
SunMonTueWedThuFriSat
2324252627281
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2014/03/18 23:52

 

 

床には 十分に敷量があって、しかも乾燥しているなら、

 

 

 

牛達は快適に過ごせるし ストレスも少ない(病気にもなりにくい)

 

 

 

というのは 皆さん分かっていることなのですが、

 

 

 

牛舎環境や地域によってそのようにできない(するのが難しい)農家さん達もたくさんいます。

 

 

 

例えば、地域がら、敷量(モミガラ や オガクズなど)はたくさんあるのですが、

 

 

 

機械の入らない小さな牛舎なので、床換えは人の力でしなければならず、敷量をたくさん敷くことができない

 

 

 

とか 

 

 

 

敷量は敷いてあげたいのだけれど、敷量は無いし、買うとめちゃくちゃ高いという離島の農家さんなど・・・

 

 

 

 

 

今年1月に長崎の五島(離島です)に行って来ました。

 

 

 

五島は、敷量を確保している農家さんもいますが、どちらかと言えば敷量が少ない地域だと思います。

 

 

 

ある繁殖農家さん(母牛 25頭)のところへ行って来ました。

 

 

 

子牛のために、コンクリートの上に 150センチ × 150センチ くらいの厚手のマットが敷いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は、この農家さんの子牛達の寝場所は コンクリートの上 だったのですが、

 

 

 

牛舎で話をしていた時に 僕がマットのことを言っていたらしく、業者さんに作ってもらったようです。

 

 

 

正直に言いまして、コンクリートの上に何も敷かない農家さんも多いのですが

(もしくは、サラッと気持ちだけオガクズを敷いただけの農家さん)

 

 

 

もし良ければこのような 厚手のマット だけでも敷いて欲しいです。

 

 

 

最初にコストは 少しかかりますが、これだけで子牛が変わります。

 

 

 

寒い日は特に 子牛達は マットの上に 寝るようになります。

☆実際には、マットの上に寝ていなくても良いと思っています。

 子牛に寝る場所を、選択できる環境を作ってあげる ということが大事だと思います。

 

 

 

マットを敷くだけで、子牛達のお腹は冷えにくくなるし、ゆっくり休めるし(ストレスも少なくなるし)

 

 

 

当たり前なのですが、子牛 の 毛艶 や 発育 が変わってきますよ。 

 

 

 

☆日本全薬さんが取り扱っている ”ボビレックス” は 特にオススメです。

 (幅 117センチ × 長さ 190センチ×厚さ38ミリ  重さ 約15キロ)。

 軽くて、取り扱いしやすいです。 1枚 2万円(税抜き)くらいだと思います。

 

 

 

特に、敷量の無い方は だまされたと思って!?   子牛のために 1枚敷いてみて下さい。

 

 

 

費用対効果がある(かけたお金以上の価値がある) と 思いますよ。 

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

 

写真を載せた農家さんの厚手のマットは地元の業者さんに 3万円 で作ってもらったようです。

 

 

 

子牛が良い感じなので、もう 1枚 作ってもらおうかな と 言っていました・・・ 

 

 

 

 

 

経費節減は大事ですが、実は 必要なところにはお金をかける という気持ちが大切だと思っています。 

 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/03/10 7:16

 

 

先日、 酪農 と 和牛繁殖 を複合経営している農家さんのところへ行って来ました。

 

 

 

 

繁殖母牛の一部は次の写真のようにドーム型牛舎(シマシマ屋根の牛舎)で管理しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように床は、めっちゃ良い感じです。 

 

 

 

 

敷量は、何年も!?足していないのですが、ウンコではなく、土のようになっています。

 

 

 

 

このドーム型牛舎で、冬場 こんなに床が乾いている牛舎を見ることは少ないです(ほとんどないですよ)。

 

 

 

 

ちなみに、この牛舎は40メートル×8メートル くらいの広さですが、母牛が12頭しか入っていません・・・ 

 

 

 

 

仮に この牛舎に、母牛を30頭入れていたとしても、十分広い牛舎です・・・

 

 

 

 

ゆっくり牛達を飼っていて とても良い感じなのですが、実は・・・

 

 

 

 

このドーム型牛舎 から50メートルくらい 丘の上!?に もう一つ牛舎 があり、

 

 

 

 

そこにも 繁殖母牛が約30頭いるのですが、実は、そちらは正直に言って 密飼い なのです・・・ 

(その牛舎に、搾乳牛 や 乾乳牛 もいます)

 

 

 

 

ということで・・・

 

 

 

 

”搾乳牛がいる牛舎から、ドーム型牛舎へ 繁殖母牛を 15~20頭くらい 移動させましょう!!”

 

 

 

 

と 伝えました。

 

 

 

 

牛達を移動させても、ドーム型牛舎は十分広いし、搾乳牛舎も広く使えるので、搾乳牛のストレスも減ります。

 

 

 

 

ただ、問題なのは、牛達の移動です。

 

 

 

 

実は、この牧場は人手が少ないのです・・・ 

 

 

 

 

ということで、次回僕が、この農家さんのところへ行った時に、牛達の移動を手伝おうと思っています。

 

 

 

 

 

搾乳牛・乾乳牛 の スペースが広くなったら、牛達のストレスが少なくなるので嬉しいです・・・ 

 

 

 

 

 

そして、牛達を移動したその日の夜は、ごちそうになりたい!?と勝手に 思っております・・・ 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/03/05 23:50

 

 

個人的には、すごく優秀だと思っている農家さん(しかも、めっちゃ良い方です)なのですが、

 

 

 

 

なかなか行動してくれない方がいた。

 

 

 

 

僕の大好きな先輩の一人だったので、正直に言って もどかしい気持ちもあった。

 

 

 

 

年に数回会ってはいたのだが、先日、久しぶりに夜ごはんをご一緒することになった。

 

 

 

 

”実は・・・  やるべきことは分かっているんだけど、毎月の支払いが厳しくて、今までできなかった・・・”

 

 

 

 

”削蹄した方が良いのは分かっていても、支払いを考えると削蹄師さんを呼ぶことさえ躊躇してしまう・・・”

 

 

 

 

”でも、今年でやっと大きな支払いが終りそうやけん、これからは、いろいろとできるようになる・・・”

 

 

 

 

金銭的に厳しいというのは分かっていたが、初めて、その農家さんから具体的な話を聞いた・・・

 

 

 

 

先輩。  支払いが落ち着いたら、行動して下さいね。  

 

 

 

 

牛達のためにも、自分自身のためにも モリモリやってやりましょう・・・!!  

 

 

 

 

 

 

エサの高騰 や 子牛価格の高値、肥育農家さん や 酪農家さん(もちろん、繁殖農家さんも同じだが)

 

 

 

 

みんな厳しいのが現状だ。

 

 

 

 

”一生懸命やる”  ”頑張る”  ある意味 そんな言葉はいらない。

 

 

 

 

行動できるかどうか の 問題だ。

 

 

 

 

今、 本気で 行動していかないと、これからはどんどん淘汰されていくと思う。

 

 

 

 

もちろん、これは農家さんだけの問題ではない。

 

 

 

 

僕らのような 営業マン も同じだし、エサ屋さん、獣医さん、畜産に携わる方、 

 

 

 

 

いや、畜産業界だけの問題ではなく、どの業界も同じなのかもしれない・・・

 

 

 

 

 

なんとなく、真面目な話!?になってしまったのだが 

 

 

 

 

 

やらなきゃいけないことが分かっているなら行動しましょう!!

 

 

 

 

 

地味!?なのですが  ”日々の積み重ね”  それしかないと思います・・・ 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/02/20 8:46

 

 

子牛に与えるミルクの温度は何度くらいにしていますか?

 

 

 

 

”我が家は、だいたい、人肌くらいだから38度くらいかも。  わざわざ計りませんが・・・  ”

 

 

 

 

”我が家は、42度くらいですね・・・  時々、確認しますよ。”

 

 

 

 

”うちの設定(ロボット)は43度です。  毎週、チェックしています。”

 

 

 

 

”ロボットの設定は40度ですが、一度も確認したことありません・・・  ”

 

 

 

 

農家さんによって、それぞれあると思います。

 

 

 

 

先日、ある篤農家さん(繁殖母牛 116頭)のところに 行って来ました。

(この農家さんの牛達は、肥育農家さんにめっちゃ人気があります  )

 

 

 

 

ここは、人工哺育で子牛を育てていますが、ロボットを使っていないので、

 

 

 

 

毎日20頭分(以上!?)は、ミルクを作り、牛達にそれぞれ与えています。

 

 

 

 

ここでは、毎回、全部のボトル、ミルクの温度を計っています。

 

 

 

 

”ミルクの温度を毎回計っている方って、少ないですよ。 少なからず、手間もかかりますし・・・”

 

 

 

 

僕が言うと、

 

 

 

 

”なんで毎回計らないんですかね・・・”  と この農家さんは言っていました。

 

 

 

 

この方にとっては、毎回温度を計ることが普通なのです。

 

 

 

 

ちなみに、この農家さんは、子牛の耳票を見なくても顔を見ただけで、母牛のことも分かっています・・・ 

 

 

 

 

この方にとっては、それが普通なのです。 

 

 

 

 

ちなみに、この農家さんは冬場のミルクの温度を、飲む時 50度に設定しているようです。

 

 

 

 

理由は、自動販売機のホットコーヒーを買って、その温度を計ってみたら 52度だったようで、

 

 

 

 

寒い時期はそれくらいでも良いかな、ということだそうです(勉強熱心ですよね・・・  )。

 

 

 

 

ちなみに、夏場は、48度くらいにするそうです。

 

 

 

 

 

ミルクの温度に正解は無いと思いますし、毎回 温度を計って下さいよ、という意味ではありませんが、

 

 

 

 

やることやっている方はたくさんいますよ。 

 

 

 

 

 

まだまだ、できることあると思います!!

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/02/09 19:19

 

 

繁殖農家さん(母牛頭数 30頭)のところへ行ってきました。

 

 

 

 

 

ビニールハウス牛舎で、母牛 と 子牛を一緒に管理しています(母牛だけ繋いでいます)。

 

 

 

 

ワイルドな!?飼い方なのですが、飼養管理が良いので、牛達の毛艶も良く、子牛の発育も良いです。 

 

 

 

 

パドックがあるので、夏場は外で牛達を飼っていますが、

 

 

 

 

冬場は雪があるため外に出ることができず、ずっとビニールハウスの中にいます。

 

 

 

 

写真で見ると分かりますが、面積当たりの頭数は少し多いのかも!?しれません。 

 

 

 

 

換気が難しいので臭気も気になってしまいますが、意外と少ないです。

 

 

 

 

農家さんの床管理が一番重要なのですが、もしかしたら、

 

 

 

 

アースジェネターを給与しているから臭気が抑えられているのかも!?しれません。

 

 

 

 

ムフフ・・・ 

 

 

 

 

床を見てみると発酵していて、湯気が立っています。

(外気温が冷たいので、なおさら見えやすいと思います)

 

 

 

 

 

農家さんに聞いてみると、床は 40~50度 くらいあるかもよ、ということでした。

 

 

 

 

冬場はお腹が冷えやすいので、牛達にとってはストレスが抑えられて、良い感じだと思います。 

 

 

 

 

床は、モミガラ主体です。

 

 

 

 

モミガラを継ぎ足しながら、二日に1回くらいロータリーをかけている(切り返しをしている)ようです。

 

 

 

 

 

九州には少ない(ない!?)スタイルですね。  何かの参考になりましたら嬉しいです。 

 

 

 

 

 


By 岩本尚吾 on 2014/02/03 23:12

 

 

先週から東北に来ています(僕にとって、初めての東北旅です)。 

 

 

 

 

 

東北地区を担当している 後輩の松浦くん と 一緒にまわっています。

 

 

 

 

新しい場所へ行き、いろいろな方と話しをすると、得ることがめっちゃ多いです。 

 

 

 

 

 

次の写真は、今回行って来た 秋田の繁殖農家さんの牛舎での写真ですが・・・

 

 

 

 

 

 

良い感じで 母牛の改良 が できていますね・・・ 

 

 

 

 

 

ところで・・・ 

 

 

 

 

 

今日、夫婦で牛達を管理している農家さんのところへ行って来ました。

 

 

 

 

社長は、僕の父と同じくらいの年齢でした(息子さんは、僕と同じ年齢ということでした)。

 

 

 

 

奥様にも会いました。  エサやりのほとんどは、奥様がやっているということでした。

 

 

 

 

とってもカワイイ方でした。 

 

 

 

 

僕の母は他界していますが、おそらく奥様は、僕の母親と同じくらいの年だったと思います。

 

 

 

 

僕は、農家さんの考え や 現場での出来事 を 書きとめるノートをいつも持ち歩いているのですが、

 

 

 

 

そのノートに 思わず・・・

 

 

 

 

 

”奥様 カワイイ”  と  書いていました・・・ 

 

 

 

 

 

こんな感じで!?僕の東北旅 は 続いています・・・ 

 

 

 

 

 

次回こそは、皆様の役に立つ現場のことを書きたいと思います・・・

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/01/28 8:29

 

 

 

今からやろうと思ったのに・・・

 

 

 

 

明日やろうと思ってたのに・・・

 

 

 

 

そんなこと言うなよ・・・

 

 

 

 

頭にくるなぁ・・・ 

 

 

 

 

やる気無くなるなぁ・・・

 

 

 

 

こんなことってよくあることだと思う (ちなみに、僕は よくあります  )。

 

 

 

 

これって誰に起こるのかと言えば・・・

 

 

 

 

言うだけ言ってやらない人 か 

 

 

 

 

もしくは、物事をやるスピード(行動するまでのスピード)が遅い人 だと思う。

 

 

 

 

速い人って、本当に行動するまでのスピードが速い。

 

 

 

 

次から次に行動して、いろいろなことを仕上げていく。

 

 

 

 

牛達にとっても、自分自身にとっても 最高の環境(状態)を作っていくんだ・・・ 

 

 

 

 

 

100人の農家さんがいて、同じ頭数(血統・発育)の牛を 同じ(最高の)環境の下で牛を育てたとしても

(現実的に比較はできないが)

 

 

 

 

人によってやることがそれぞれ違うので、必然的に 牛の発育(病気の有無など)に差が出てくる。

 

 

 

 

農家さんが 100人 いれば 100通り の 飼養管理 や 観察 があるんだ。

 

 

 

 

牛達は元気モリモリ 何も問題ないですよ!!   という農家さんがいるかと思えば、

 

 

 

 

下痢 や 風邪 が多発して困っています・・・   という農家さんが出てきてしまうかもしれない。

 

 

 

 

この差はなにかと言えば・・・

 

 

 

 

 

おそらく ”意識” の差なんだと思う。

 

 

 

 

 

何のためにやるのか、 誰のためにやるのか、 どんな牛を出荷したいのか、

 

 

 

 

 

自分自身がどうなりたいのか、 なんでやらないのか・・・!?  

 

 

 

 

 

常に ”意識” しましょう。 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/01/17 21:45

 

 

今月13日 と 14日に、五島の子牛セリに行って来ました。

 

 

 

 

 

出場頭数 は 598頭。

 

 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

 

 

平茂晴 232頭  福華1 61頭  百合茂 51頭  安福久 41頭  安茂晴 36頭

糸晴茂 22頭  北平安 22頭  安平幸 17頭  福安照 17頭  安平栄 15頭・・・

 

 

 

 

平均価格(税込)は、 メス 47.1万円  去勢 58.4万円 

 

 

 

 

子牛の平均価格は、前回とほとんど変わりませんでした(前回比 1千円安)。

 

 

 

 

去勢のトップ は 83.3万円(セリ値)  血統などは、分かりません・・・ 

 

 

 

 

飛行機 到着時間の都合により!?見ることができませんでした・・・ 

 

 

 

 

メスのトップ は 79.0万円(セリ値)  

 

 

 

 

血統は  安福久ー忠富士ー大将  299日齢 299キロ の牛でした。 

 

 

 

 

五島では、メスの価格が上がりにくいのですが(自家保留以外は県外導入する農家さんが多いと思います)

 

 

 

 

この牛 は 79万円 までいきました。

 

 

 

 

発育が良く、表現形も良い感じの牛でした。  元気な子を産みますように・・・ 

 

 

 

 

 

五島の子牛セリを見ると、この血統で、この発育の去勢がこんなに(高値)すると・・・ 

 

 

 

 

と思ってしまいます(あくまでも、個人的な意見です)。

 

 

 

 

他県から来て、初めて五島のセリを見たら、少なからずビックリすると思います。

 

 

 

 

ただ、肥育農家さんに話を聞くと、やはり ”五島の牛は伸びる!!” と言います。

 

 

 

 

そのことが、子牛価格 に 反映されているのでしょうね・・・ 

 

 

 

 

どの市場でもそうかもしれませんが、今回も 安福久母牛 の子牛は特に高値でした。

 

 

 

 

それ以外では、平茂晴、勝忠平、百合茂などを母牛とした牛達が、高値で取引されていたと思います。

 

 

 

 

 

二日目のセリの後、いつもの定番!?なのですが、

 

 

 

 

セリ市場から車で 約20分のところにある 大好きなお肉屋さん ニク勝さん へ行ってきました。

 

 

 

 

 

決して、食事をするお店ではないのですが、 焼肉定食!? を ごちそうになり

(めっちゃ良い感じのお肉をいただきました・・・  )

 

 

 

 

幸せな気持ちになりました。 

 

 

 

 

ニク勝 の 田橋さん、 奥様  いつもありがとうございます!! 

 

 

 

 

 

年に 2回 の 五島旅行!?は、いつもこんな感じで終わりをつげます・・・ 

 

 

 

 


 

 

By 岩本尚吾 on 2014/01/14 23:15

 

 

約2年前(平成24年3月)に、ブログで書いた さなえちゃん の 息子 が、

 

 

 

 

今月6日、薩摩中央子牛セリ に 上場されたようです。

 

 

 

 

ちなみに、この写真が、当時の さなえちゃん(安福久ー勝忠平ー平茂勝) の写真です(271日齢)。

 

 

 

 

 

めっちゃ イイ感じ ですよね!!

(後ろ姿だけで申し訳ありません・・・  )

 

 

 

 

☆さなえちゃん について 書いたブログは ↓↓↓↓↓ にあります。

 

http://www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=729

 

 

 

当時の一番人気!? の さなえちゃん(安福久ー勝忠平ー平茂勝) に 百合茂 をつけて、

 

 

 

 

昨年の 3月 に雄が産まれ、今月(6日)のセリで、286日齢 297キロ でした。

 

 

 

 

セリ価格は・・・  74.9万円 だったようです。 

 

 

 

 

さすが、壇密!? ですね・・・ 

 

 

 

 

ちなみに、この農家さん(Sさん)は、実は今月、もう 2頭 出荷していて、

 

 

 

 

勝忠平ー安福久ー平茂勝(去勢)  273日齢 308キロ 69.2万円(セリ値) 

 

 

 

 

もう一頭は、勝忠平ー安福久ー金幸(去勢)  261日齢 305キロ 79.4万円(セリ値)  でした。 

 

 

 

 

ムフフ・・・     

 

 

 

 

Sさんの飼養管理の賜物ですね!!

 

 

 

 

今回セリには行けなかったので、次回そちらへ行く時には・・・  いただきます!! 

 

 

 

 

寒川さん 楽しみにしております!! 

 

 

 

 

 

 

奥様へのおこずかいアップ!? も よろしくお願いします!!    

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/01/06 7:55

 

 

 

新年 あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

今年も 皆様にとって、エキサイティングな!?一年でありますように・・・ 

 

 

 

 

ということで・・・    新年 最初の話なのですが・・・

 

 

 

 

これは、ある肥育農家さんの牛舎の写真です。

 

 

 

 

 

  

 

 

めっちゃキレイですよね!! 

 

 

 

 

ちなみに、この2枚は同じ場所の写真ではありませんよ・・・     別々の通路です。

 

 

 

 

ちなみに、いつ行っても、この農家さんの牛舎はキレイです。

 

 

 

 

もしかしたら・・・

 

 

 

 

”通路をキレイにする時間があるなら、もっと他に牛のためになることをしますよ・・・”

 

 

 

 

と考える人がいるのかもしれませんが、実は・・・

 

 

 

 

牛のためにできることをきちんとできている人だけが、

 

 

 

 

このように、いつも通路をきちんとキレイに継続して保つことができる人なのです。

 

 

 

 

なんか分かりにくい文章ですね・・・ 

 

 

 

 

いつも通路をキレイに掃除して下さいね、という意味ではありませんが、

 

 

 

 

いつも、こんな感じで牛舎をキレイにしている農家さんがいるんです!!

 

 

 

 

 

想像してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

この農家さんの、飼槽 や 牛床 や 牛達 は、どんな感じだと思いますか・・・??

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、牛達のためにできること たくさんあると思います。

 

 

 

 

すぐには目に見えないかもしれませんが、やればやるだけ、必ず、牛達がきちんと返してくれます。

 

 

 

 

”俺、きちんとやってるなのに、なかなか返ってこないなぁ・・・”、と思っている人がいるなら、

 

 

 

 

それは、もしかしたら、まだまだ やることが足りないのかもしれません。

 

 

 

 

 

まだまだ やるべきこと が たくさんあると思いますよ。