自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<February 2016>
SunMonTueWedThuFriSat
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282912345
6789101112
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2016/02/22 19:09

 

少し前のことなのだが、数十人参加 の ある飲み会(懇親会)に出席した。

 

個人的には知っている人も多かったのだが、

 

お互いに知らない方も多いような飲み会だった。

 

同じ業界の方との飲み会だったので

 

時間が経つにつれ知らない人同士でもすぐに打ち解け、大盛況のうちに終了。

 

皆様にとって 少なからず有意義な会になっていたのではないか!?と思う。 

 

僕は 主催者ではなかったのだが、

 

少しだけお手伝い(会計的なこと!?)をしていた。

 

支払いの時・・・

 

この日 会費制 だったのだが キャンセルの方が数人いたので、

 

お金が足りなかった (当たり前ですね・・・  )。

 

僕が レジの前で困っていた顔をしていたのか

 

そこへ先輩がやってきて

 

欠席していた方の分のお金を さわやかに 支払った。

(先輩 ありがとうございます!!)

 

 

この時に思った・・・

  

”このような 心くばり ができる先輩のところへ 幸運 がやってくるんだろうなと・・・”

 

 

もちろん・・・

 

お金が絡んでいるので 先輩にとっては まったく良いことではないのだが 

 

僕は 素直に嬉しかった。 

 

☆嬉しかった というのは  

 

 僕がお金を払わなくて良かった という意味ではなく

 

 こういった先輩の 人格 に 触れられたからです・・・ 

 

 

おそらく先輩は 別のときにもこうやって 心くばり ができるのだろうな って思う。

 

それは 周りの方達だけでなく、

 

育てている牛たち に 対しても 同じなのだろうなって思う・・・ 



 

 

By 岩本尚吾 on 2016/02/18 16:03

 ある繁殖農家さんから

 

”限られた土地の中で母牛の頭数が多く飼えて、

なおかつ 床替えも簡単な牛舎がありますか?”

 

と質問された。

新しく牛舎を建てる時・・・

 

広ーーーーい土地を持っていて、

 

母牛、子牛 それぞれ1頭当たりの面積を広くとれるのであれば

それが理想だと思います。

 

牛のストレスも少ないですし、臭気も少ない(床がグチャグチャになりにくい)と思います。

 

広い牛舎でしたら、床替えも少なくて良いし 牛がリラックスできると思います。

 

ただ・・・

 

牛舎を建てる時、ある意味!?

土地の広さには限界がありますよね・・・ 

 

ある程度の広さがあるとすれば(母牛の広さが1頭当たり10M²以上取れそうなら)

 

ドーム型牛舎(シマシマ牛舎)を勧めることが多いです。

 

母牛のストレスも少なくて、発情発見も分かりやすいです。

 

床替えも楽!?だと(ほとんどしなくて良いと)思います。

 

先日行って来た 鹿児島の繁殖農家さんの牛舎写真です。

 

☆おそらく、この牛舎が建てられたのは10年ほど!?前だと思います・・・ 

 

ショベルで一気にウンコ出しができる牛舎構造ですので 掃除は簡単だと思います。

 

牛床にはマットが敷いてあり、母牛のストレスを少なくしています。

 

床替え(ウンコ出し)も楽で、限られた土地で母牛を管理できる牛舎だと思います。

 

☆もちろん、この牛舎は発情発見も簡単ではないですし、一長一短あると思っています。

 

何かの参考になりましたら幸いです。 

By 岩本尚吾 on 2016/02/04 22:29

前回の話の余談!? なのですが・・・ 
1月21日(平戸セリ 1日目)の夜、
鹿児島の肥育農家さん と 佐賀の肥育農家さん と 3人で食事をしました。
もちろん!?焼肉を食べました・・・  ムフフフフ・・・  
☆Rさん ご馳走さまでした!! 
牛さえいれば(その牛と価格があっていれば)、何頭でも!?買うよ!!
という二人の肥育農家さん達なのですが、
この日(初日)は鹿児島の農家さん 0頭、佐賀の農家さんは 1頭 の 購買でした。
”明日は買うばい!!  ”
とか
 ”もう仕方ないから!?これから中洲にいくばい・・・  ”
とか いろいろなヤマシイ話!?をしながら楽しい時間を過ごしました・・・ 
(この夜、中洲には行ってませんよ・・・  )
この時、肥育農家さん達が言っていたのは、
”子牛価格は100万しても良いから、繁殖農家さん は きちんと子牛を育てて欲しい”
ということでした。
きちんと子牛を育てる というと かなり抽象的な表現!?になってしまいますが、
素直に育てて欲しい ということだと思います。 
どういう育て方をすれば、肥育農家さんが喜ぶのか
(肥育に行っても子牛が伸びていくのか)
もし分からないときは 聞いて欲しいと思っています。
今はどの子牛も高値なのですが、
肥育農家さん達の信頼を得たら、子牛はもっともっと!?高く売れると思います。
”子牛価格は高くても良いから、信頼できる繁殖農家さんから牛を買いたい”
というのが、肥育農家さんの本音です。 

決して、 肥育農家さんと仲良くして欲しい という意味ではないです。
ただ・・・ 
肥育農家さん(牛を買ってくれる方)を意識して、
子牛を素直に育ててほしい と 思っています。 
翌日(平戸セリ 2日目)、二人の肥育農家さん達はそれぞれ牛を買えていました。
鹿児島の肥育農家さん3頭、佐賀の農家さんは10頭ほど!?買えていたと思います。
子牛を買えていたので、二人ともニコニコしていました。
(この日は 二人とも 110万を超える子牛も買っていたのですが・・・  )
この日平戸セリに出た子牛たちが元気に育ち、大きくなりますように・・・ 

☆下の写真は、平戸セリ(二日目)
平茂晴ー安福久ー平茂勝(去勢) 250日齢 342キロ の牛です。
 110.5万円(セリ価格)でした。   大きく育ちますように!! 

By 岩本尚吾 on 2016/01/25 11:31

 

今月21日、22日 平戸の子牛セリに行ってきました。

 

出場頭数は598頭。

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

平茂晴 212 金太郎3 60 勝乃勝 51 安福久 35 北福平 26 安茂晴 20

 

福姫晴 20 隆之国 15 美津照重 15 福華1 15 糸晴茂 14 百合茂 14頭・・・

 

平均価格は メス72.2万円 去勢 82.0万円(税込み)  前回比 3.2万円高でした。

 

平戸セリは、ほぼ2か月に1度のセリなので(奇数月 2日間開催、 今年は12月だけ 1日開催です)

 

出荷日齢に 少なからずバラツキがあります。

 

早出しが良くないというわけではないのですが、210日、220日齢で出すなら、

 

次のセリに出して欲しいなぁ(270日、280日齢で出荷して欲しいなぁ)

 

という肥育農家さんも 少なくないかも!?しれません。

 

ここら辺はもちろん肥育農家さんによると思うのですが・・・ *_*

 

平戸セリは、平茂晴、金太郎3、勝乃勝といったた県有牛の(大型の)牛が市場の半分以上を占めているので、

 

大きくなりそうな子牛が多かったです。

 

そして、そういう大きくなりそうな牛が高値で販売されていたような気がします。

 

今回のセリでは、100万円を超える牛(去勢)も 多かったです。

 

全頭価格を書いているわけではないのでなんとも言えませんが、

 

ほとんどが(全部が!?)安福久母牛の牛 だったと思います。

 

メスでは、繁殖素牛の導入の方が多かったようで、

 

安福久 と 安福久2代祖の(平茂晴ー安福久といった)牛が特に高値でした。

 

セリ価格 は 80万から100万の間で推移していたと思います。

 

二日間の最高価格(去勢)は、

 

金太郎3-安福久ー第1花国  243日齢 329キロ 113.6万円(セリ価格)だったと思います。 

 

今回、安福久絡みでない牛(去勢)で 98.3万円(セリ価格)の牛もいました。

 

大きくなりそうなタイプで目立っている牛でした。

 

ちなみに 血統は 聖香藤ー平茂晴ー平茂勝  274日齢 368キロ でした。

 

この牛のセリが始まり、

 

あの肥育農家さん と あの肥育農家さん が 競っているんだろうな・・・

 

90万くらいかなぁ・・・ と思いながら見ていて、

  Read More »

By 岩本尚吾 on 2016/01/18 11:29

 

”最近 読んだ本なんですけど、もし良ければ読みませんか・・・”

 

今朝、会社へ行くと 後輩から 数冊 本を渡された。

 

僕が読んだ本を 後輩に渡すことはあるのだが、今回は後輩からだった。

 

面白そうな本がたくさんあったので、明後日からの出張に持って行こう!! 

 

と思いながら、題名を見ていくと、

 

その中の一冊に・・・

 

 

”結局、「すぐやる人」 が すべてを手に入れる”

 

 

という本があった。

 

そのとおりだと思った。

 

できる人ほど、行動が速いし、レスポンスも速い と思う。

 

僕の周りの 繁殖農家さん、肥育農家さん、獣医さん・・・ 

 

行動の早い人 多いです。

 

といいますか、

 

後輩は 僕に直接言いにくいので、本で訴えているのかも!?しれません・・・ 

 

すぐやります・・・ 

 

☆今週 21日、22日 長崎 の 平戸家畜市場 子牛セリ に参加します。 

 すぐに 報告できるか分かりませんが  、セリ後に 詳細を書きたいと思っています。 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2016/01/07 19:00

 

 

今日、南北海道の子牛セリに行ってきました。

 

 

今月6日、7日(昨日と今日)の二日間開催 和牛子牛 は 1377頭上場です。

(F1の去勢、メス、ホル去勢なども加えると二日間で 1700頭弱の上場だったようです)

 

ちなみに、僕は今日の和牛子牛セリしか見ていません・・・ 

 

実は、ラボジェネターのある音更町からセリ市場(安平町)までの距離は約150キロなのですが

 

高速道路 を 活用するので 今日は 2時間で着きました。

 

実は、夏は、もっと早く行けます。

 

なぜかというと・・・ 

 

 

今日の高速道路はこのような感じで凍っていて スピードが出せませんでした・・・ 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

美津照重 169頭 勝早桜5 123頭 美津百合 107頭 美国桜 91頭 隆之国 81頭

光平照 79頭 安福久 73頭 百合茂 68頭 芳之国 44頭 直太郎 40頭

花美千 35頭 福安照 28頭 夏秋花 28頭 福華1 26頭 北乃大福 23頭 安茂晴 23頭・・・

 

平均価格 は メス 70.1万円 去勢 80.4万円(税込) 先月比 約4万円高でした・・・ 

 

セリ場に着いたら、すでに150頭くらいセリは終わっていて、

 

まず牛を見ていたら 大きくなりそうな良い感じの牛がいて 名簿で血統を見たら

 

ムフフ・・・  の感じで その牛の結果 は 91.4万円(セリ価格)でした。

(徳悠翔ー安福久ー百合茂(去勢) 256日齢 337キロ)

 

ちなみに、この徳悠翔の前に並んでいた 3頭も良い感じの価格でした。

 

諒太郎ー金幸ー神高福(去勢) 278日齢 355キロ 80.7万円(セリ価格)

直太郎ー菊福秀ー平茂勝(去勢) 235日 340キロ 86.7万円(セリ価格)

聖香藤ー平茂勝ー安平(去勢) 287日 354キロ 80.0万円(セリ価格)でした・・・ 

 

☆血統が鹿児島な感じですね・・・ 

 

昨年から全国的にそうなのかもしれませんが、

 

やはり 去勢 も メスも 大きくなりそうな牛(血統)が高値でした。

 

今は、大きく育つ牛の方が 肥育農家さんの利益が上がる ということの表れなのですが

 

その根本には 子牛の出荷頭数と同じように 

 

肥育牛の出荷頭数も前年と比べ 少しずつ(数パーセント!?ずつ)減っているという現状があります。

 

お肉の流通量も減っているので、少なからず 奪い合いになっていて

 

5等級だけでなく 3等級・4等級 の 枝肉価格も 

 

以前では考えられないほどの高値で推移しています・・・ 

 

今は BMS12 の 枝肉重量 480キロ よりは 

 

3等級の 枝肉重量 600キロ の方が 利益があがっている と思います。

 

そういうこともあり、今は大きくなりそうなタイプの牛(枝肉重量が取れる牛)が

 

子牛セリで人気なのだと思います。

 

 

産まれてきた牛達が、無事 出荷できますように、

 

繁殖農家さん、肥育農家さん 牛達の飼養管理・観察 を よろしくお願いいたします。 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2016/01/04 17:12

 

あけましておめでとうございます。

 

九州・東北地区担当 の 岩本です。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

昨年(2015年) は 1月から12月までの1年間で

 

和牛の子牛価格 が 約10万円上がりましたね・・・ 

 

明日から薩摩の子牛セリが始まるのですが、どうなってしまうのでしょうか・・・ 

 

ところで・・・  最近、4歳の娘が ”よっしゃー” という言葉をクチにします。

 

僕は この言葉が好きです。 

 

今までできなかったことができるようになったとき、

 

夜ごはんにアイスクリームが許可!?されたとき など、

 

嬉しいときに 娘はこの言葉を発するのですが、

 

実は 僕も ”よっしゃー” ということ言葉を使うことが多くなっています・・・ 

(娘のマネですね・・・)

 

自分の決めた やるべきことが終わったときに 使っています。

☆誰かの前で言うわけではなく、あくまでも誰もいないの時の独り言です・・・ 

 

 

子牛価格 の 高い安い、乳価(牛乳価格) の 高い安い、枝肉価格 の 高値安値、

 

そういうことは別にして、

 

皆様、日々やるべきこと というのは ある意味 決まっているのではないかと思います。

 

エサをやる、水をやる、エサを寄せる、牛を観察する、

 

飼槽を掃除をする、水飲み場を掃除する、牛床を整える、床替えをする、

 

牛を導入する、出荷する、移動する、牛を観察する などなど・・・

 

 

篤農家さん と そうでない方の差は、

 

実は、スペシャルな技術 が あるかどうかではなく、

 

日々の積み重ねの差 なのだと思います。

 

 

やるべきことをやること、

 

牛達がストレスなく過ごせるように 環境を整えること、

 

そのことを継続してできるかどうか 

 

ということ なのではないかと思います。

 

 

皆様、日々の積み重ね よろしくお願いいたします。 

 

 

正直に言いまして、今回の話は ”よっしゃー” にはあまり関係ないのかもしれないのですが 

 

 

僕も日々継続して、やるべきことを一つ一つ やっていきたいと思っています。

 

 

そして、今年は ”よっしゃー” という独り言!?を多めに言っていきたいと思っています・・ 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2015/12/13 23:00

 

 

今月8日 秋田の子牛セリに行ってきました。

 

 

出場頭数は402頭。

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

義平福 96頭 美津照重 40頭 美国桜 29頭 安福久 24頭 夏秋花 22頭 百合茂 19頭

松昭秀 19頭 芳之国 14頭 美津百合 12頭 北乃大福 12頭 隆之国 8頭 福華1 8頭・・・

 

平均価格 は メス 68.7万円 去勢 81.1万円(税込) 前回比 約2.8万円高でした。 

 

秋田の牛は大きい牛が多く(太らせている牛も少なくなかったと思います  )

 

今回の平均体重 は 去勢 318キロ メス 291キロ でした。 ムムム・・・ 

 

去勢の税込平均 が 81.1万円 ということは セリ価格 は 約75万円 

 

血統も良く、大きくなりそうな牛は80万円(セリ価格)を超えている牛が多かったように感じます。

 

今回 僕が気になったのは知り合いの農家さん(Sさん)の牛 

 

義平福ー糸福(鹿児島)ー平茂勝(去勢)でした。

 

血統的にも大きくなりそうな流れで、

 

この牛は 257日齢 300キロ 体高は 123センチ もありましたが、

 

素直に育てすぎていて 少し痩せていました。 

(日齢、体重、体高でなんとなく!?牛が想像できるかもしれません)

 

この牛のセリ価格 は 63万円でした。

 

この農家さんの牛は 素直に育っていて良い感じです。 

 

ただこの牛に関しては、生後5カ月くらいまでの配合飼料の量が足りていなかったかも!?しれません。

 

生後5カ月くらいまでは 粗飼料より配合飼料を中心に給与した方が良いと思っています。

☆もちろん バランスが大切!! ですし、あくまでも僕の個人的な意見です。

 

Sさんにも そのことを伝えました。

 

あの牛の骨格なら、今回のセリで 80万円を超えていても良かったのになぁ・・・

 

と思いながら、今後のSさんの牛をまた見ていきたいと思っています。 

 

Sさん 素直に育てながらも、肥育農家さんを惹きつける牛を育てていきましょう!!

 

応援しています!! 

 

 

By 岩本尚吾 on 2015/12/08 19:39

 

今日、 薩摩地域の繁殖農家さん(Nさん)から 12時過ぎに連絡があった。

 

Nさん: ”今日のセリは良かったですよ!!  ” 

 

昨日と今日、薩摩家畜市場の子牛セリだった。

 

いつも元気の良い Nさんなのだが いつも以上に元気が良かった。 

 

ある熊本の肥育農家さんに子牛を買ってもらったということだった。

 

その熊本の肥育農家さんは 血統も発育も 良い感じの子牛を買う方で、

 

Nさん の 子牛も以前から数頭買っている方だった。

 

岩本: ”Nさん ちなみに血統はなんでしたか・・・そして 価格はいくらでしたか・・・”

 

その熊本の肥育農家さんが買う牛(価格)はなんとなく!?分かるので、あえて聞いてみた。

 

Nさん: ”後でメールで送ります。”

 

・・・

 

そして、 17時過ぎに Nさん から メールが着た。

 

 

直太郎ー安福久ー勝忠平(去勢) 

 

242日 352キロ 1,050,000万円(セリ価格)

 

 

永野さん 良かったですね!! 

 

来週の忘年会 楽しみですね!!

 

熊本の暴れん坊!?(永野さんの牛を買った肥育農家さん)も参加しますよ・・・ 

 

来週の忘年会 盛り上がると思います。 ムフフフフ・・・ 

 

 

ちなみに、僕は今日 薩摩のセリではなく、秋田の子牛セリに行っていました。 

 

近いうちに!?今日の 秋田子牛セリのことについて 書きたいと思っています。 

 

 

By 岩本尚吾 on 2015/12/07 23:29

 

今月3日4日開催された 熊本県市場の子牛セリの結果を少しだけ!?書きたいと思います。

 

ちなみに、セリには参加していません・・・ 

 

出場頭数 は メス 335頭 去勢 426頭。

 

平均価格は メス 67.9万円 去勢 78.3万円(税込)  先月比 約3.3万円高でした。 

 

今月も 日本全国 どこの市場も!? 高値が続いていると思います・・・ 

 

今回のセリで 去勢(税込)の100万円を超えた子牛の日齢、体重、血統について書きたいと思います。

 

直太郎ー安福久ー百合茂ー福之国 281日 368キロ 1,179,360円

百合茂ー安福久ー勝忠平ー金幸   256日 317キロ 1,107,000円

百合茂ー安福久ー平茂勝ー安平     311日 344キロ 1,069,200円

隆之国ー安福久ー百合茂ー平茂勝 290日 366キロ 1,058,400円

勝忠平ー安福久ー平茂勝ー神高福 276日 377キロ 1,054,080円

諒太郎ー安福久ー百合茂ー平茂勝 268日 339キロ 1,050,840円

隆之国ー安福久ー平茂勝ー谷秋     289日 330キロ 1,027,080円

 

ちなみに・・・

 

今月 去勢トップの子牛は 僕の知っている肥育農家さんが購買したというウワサ!?です・・・ 

 

ちなみに その子牛をセリ落として 納得して(満足して) 帰っていったようです。 

☆共励会用の特別な子牛というわけではなく、枝肉重量と血統、サシ!?の部分を見て購買しています 

 

 

実は この満足感(達成感!?) というのが 大切なことの一つ だと思っています。

 

 

今の子牛相場は ある意味 異常!?だと 思います。

(もちろん 枝肉価格も 高値で推移しているのですが・・・)

 

肥育農家さん達 が 悲鳴を上げているのが現状です。

 

その中で 満足して(納得して) 子牛を買えている方は少ないかも!?しれません。

 

価格(値段)で 牛を買っている方 

 

以前より牛のランクを落として買っている方 いろいろいると思います。

 

その中で 今、 きちんと利益を上げている肥育農家さんは

 

ある意味!? 自分が満足して(納得して) 子牛を導入していた方のような気がします・・・ 

 

もちろん お金の問題があるので 簡単な話ではないですし、

 

今 高値で牛(お肉)を販売していないと 次の子牛(肥育素牛)を買うことも難しいですし・・・

 

今 出荷している牛を買う時(今から 約18~22か月前)どんな気持ちで牛を買っていましたか。

 

その時に、満足して買えていましたか。

 

今の結果ではなく 導入するときにどうだったのか(どのような気持ちで牛を買っていたのか) 

 

ということを思い出してみてください。

 

 

今回の話は肥育農家さんの話なのですが、

 

実は 繁殖農家さんにも通じる部分があると思います。

 

繁殖母牛のための素牛を市場で買うとき(自家保留するとき)です。 

 

導入(自家保留)したら その牛と約10年間 一緒にいることになります。 

 

お金の問題があるので簡単ではないと思いますが、

 

市場で牛を見て 満足して導入した牛の方が

 

なんとなく 血統だけで導入した牛より

 

良い子が産まれている(高値で販売している)のではないか と思います。

 

もちろん、 確率の問題ですし あくまでも 僕の個人的な意見なのですが・・・  

 

 

 

今、 満足して(納得して)子牛を導入できているとすれば 

 

 

肥育農家さん 繁殖農家さん の 未来は明るいのかも!? しれませんね。