自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<January 2009>
SunMonTueWedThuFriSat
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
Monthly
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年10月
2008年9月
Author: 植田秋良 Created: 2008/08/29 12:51
㈱アース技研、植田秋良の日記です。北海道全域を担当しております。

By 植田秋良 on 2009/01/26 18:33

私の出身地、大阪と言えばたこ焼き。
 
一家に一台はたこ焼き器を持っており、
 
私の実家では誕生日など人が集まった時にお目にかかっておりました。
 
 
そして昨日、久しぶりに作って食べました。(特に祝い事はなかったんですが妻にのせられました)
 
『美味しい!幸せ!大阪ばんざ~い!』
 
そんな気持ちになりました。
 
作り手の私としましては焼くのに忙しく落ち着いて食べられないのが玉にキズですが、
 
しかし、妻は関係なく優雅に食べています・・・。
 
少し『むっ』とすることもありますが、
 
『日本一美味しい~!』
 
の一言で
 
『いつ何時でも作って差し上げますよ』
 
と言う気持ちになってしまうのです。(のろけではありません)
 
 最後に
『日清製粉のお好み焼き粉』 と 『おたふくソース』さん、
今後ともよろしくお願い致します!!(他力本願やないか)
 

By 植田秋良 on 2009/01/16 21:43

さて皆さん、突然ですが『バトスピ』って知っていますか?
ヒントは今、子供たちの間でブームになっていることなんです!
『バトスピ』というのは略語で、正式には『バトルスピリッツ』。
ガチャガチャで(4枚100円)購入できる対戦型カードゲームのことなんです。
昨年11月末頃、甥っ子に『ねぇ、バトスピしよっ!』と誘われ一緒に遊びました。
すると、よほど楽しかったのか
『また、お正月にしよう! それまでにガチャガチャでカードを買って、遊び方も覚えといてね! わからな
かったら電話していいからね! 電話番号は・・・・。』
甥っ子の急接近に驚きつつも、
『これは応えなくては・・・』
と思い、早速購入してお正月を待ちました。
そして、お正月。
甥っ子のボルテージは最高に上がっております・・・。
期待を裏切られない私は、少し緊張気味で『バトスピ』。
すると、なんだか甥っ子のテンションが下がっているではありませんか・・・。
やばい。
やはり私の手持ちのカードの枚数(4枚)が少なすぎたみたいです!
翌日、更にカードを買って甥っ子に会ったら、嬉しそうではありませんか!
『日曜日の朝7時からのテレビも絶対見てねっ!』
早速見ました。驚いたのは、テレビの中で主人公がカードゲームをしている事でした!
あといろいろと一緒に絵(マンガ)を書いたりしました。
甥っ子にとって親戚の中で一番影の薄かった私でしたが、
『バトスピ』を機に仲良くなれて本当に嬉しい限りでした。
甥っ子が“幼児”から“少年”へと成長しつつあるのを肌で感じ、なつかしい子供時代を思い出しました。
別れ際に手書きのカレンダー(2月)を貰いました。少し『うるっ』ときました・・。
『今度会った時は、僕に手書きのカレンダーをプレゼントしてねっ!』
了解しました。
乞うご期待です!

By 植田秋良 on 2009/01/08 8:37

新年明けましておめでとうございます!
 
今年もどうぞよろしくお願い致します。
 
さて、お正月気分もすっかりなくなってきた今日この頃ですが、
 
日に日に寒さが厳しくなってきましたね!
 
ここ帯広では最低気温が-15℃前後という日が3日続いております。
 
まだまだ寒くなりますが、日の出時間が少しずつ早くなってきているのは
 
うれしいですね!
 
そんな寒さの中、少しでも暖かい布団で眠りたいのは牛さんも同じなのかな
 
と、思います。
 
フカフカのベッド(牛床)の下で、特に厚みのある場合では、
 
自然に発酵状態が維持され、厳寒期でも凍結しません。
 
(もちろん水分状態や敷料投入量など管理の仕方にもよりますが・・・)
 
 小麦わらをふんだんに入れたベッドで気持ち良さそうに寝ていますね!
小麦の産地である十勝ならではです。

By 植田秋良 on 2008/12/24 18:00

先週、北海道の釧路地方に行ってきました。
 
釧路と言えば、霧、摩周湖、釧路湿原など連想されると思いますが、
 
“鶴(丹頂)”の飛来が多いことでも有名なのです。(知ってたらスンマセン・・・)
 
きっと、繁殖地である釧路湿原が近いからでしょう。
 
『丹頂』という名の通り、頭の頂が赤く、両翼を羽ばたかせると迫力があり、
 
畑や湿原など、どこで出会っても何とも華やかな存在感があります。
 
彼らに会うことは、私の営業の合間の楽しみの一つなのです。(く、くらい)
 
 
 

By 植田秋良 on 2008/12/02 17:08

私の住む北海道は、かなり寒くなってきました。
 
さすがに日中は暖かいですが、風邪が吹くと一気に体感温度が下がります。
 
外に出るのがおっくうになる季節ですね。
 
それでもやっぱり、私は外に出るのが好きです。(吹雪の時は別ですけど)
 
きれいな空気、きれいな景色、太陽の日差し、などなど・・・。
 
                  (世界遺産・知床)
晴れやかな気持ちになれます。
 
牛さんも同じ気持ちなのかなあ・・・
 
ふと、そんな事を考えたひと時でした。
かたまって寝ているのは寒いからでしょうか?身を守る本能でしょうか?
 
 

By 植田秋良 on 2008/10/22 17:42

  

皆さん、こんにちは! 
さて、今回のユーザー紹介は別海町で酪農業を営んでおられる河崎崇さんです。
別海町は、人口16,318人、日本最東端・根室管内に位置し、漁業では鮭や北海しまえびなどの水揚げ、また、農業では酪農業が盛んで、生乳生産量は、な、な、なんと・・・・日本一の町なのです!
                                 牧場の概要

労働力は、5人
飼養頭数は、経産牛72頭、育成牛50頭、めん羊10頭
出荷乳量は485トン、1頭平均7,300kg
体細胞平均 10万
分娩間隔 370日
搾乳牛は、つなぎ牛舎
平均産次 3.8産
初回分娩 24月齢 
 

 河崎崇さんのこだわりは、美味しい物を消費者に届けて、直接の反応を目の当たりにし、生産者としての手応えを感じ続けることです。

 農場では、草地酪農を主体として健康に気遣い、美味しい牛乳、羊肉生産を心がけておられます。

 そこで、より多くの人に自家生産物を味わってもらって、直接の反応を聞いてみたい!!という思いから、チーズ作りも始められました。

 今では、チーズや羊肉の味の評価を受けることで、生産者としての手応えを感じたり、励みにされているとの事です。

 私も河崎さんの牛乳やチーズ、羊肉を頂きましたが、まさに河崎さんご家族の思いが込められた優しい素朴な美味しさでした!

 『味』というのは、様々な思いの結晶なんですね!

そして、今後の抱負もお伺いしました。
酪農に関しては、今までの取り組みを続けていき、めん羊に関しては、増頭して、もっと多くの人に羊肉を食べてもらいたいとのことでした。
まずは、味を知ってもらう事が大事という事ですね!!
最後に、今後は、ただ美味しい物を届けるだけでなく、礼儀や挨拶などのビジネスマナーもしっかり守ってやっていきたいとのことでした。
さすが河崎さん、意識が半端じゃありません!!
以上、とりとめなく書きましたが、
河崎さんのこだわりなど、お分かり頂けたでしょうか?

河崎さん、今後もご活躍を期待しています!!

それでは皆さんまたお会いできる日を楽しみにしています!                        

By 植田秋良 on 2008/09/08 16:44

皆さん、どうもはじめまして!
北海道(道東)営業担当の植田秋良(うえだあきら)と申します。
まずは簡単に自己紹介をさせて頂きます!
生まれ育ちも大阪府(枚方市)で、
縁があって北海道に来てから11年目を迎えております。
近頃は、体質や言葉、習慣、性格(?)など、
すっかり北海道人になってしまったなあと感じる今日この頃です。(ホンマかいな)
さて、このコーナーでは、農業や畜産に関わる事を中心に、
日頃『これは素敵だなあ!』と思ったことを
人や物を問わずご紹介させて頂ければと思っております。
なんともアバウトなテーマですが、皆様の何かのお役に立てれば・・・と思っております。
どうぞお付き合いくださいませ!!