自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<October 2010>
SunMonTueWedThuFriSat
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
Monthly
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年10月
2008年9月
Author: 植田秋良 Created: 2008/08/29 12:51
㈱アース技研、植田秋良の日記です。北海道全域を担当しております。

By 植田秋良 on 2010/10/26 8:24

和牛肥育農家さんにお伺いしました。
 
弊社商品アースジェネターを使い始めて3ヶ月が経過。
『お変わりないですか・・・・』と私。
 
すると担当者の方が
 
『2週に1度の床掃除を2ヶ月に延ばしても大丈夫になったよ』とのこと。
 
 
というのは、
 
床がグチャグチャになりにくく、
 
アンモニア臭などの臭気が抑えられ、
 
ヨロイが付きにくくなったからだとのこと。
 
『糞の締まりと床の発酵促進の結果かな?』とも。
 
この現象で
 
敷料代の削減、
 
労働力の削減、
 
床掃除の頻度減による牛のストレス軽減、
 
などに繋がるのでは・・・ともおっしゃっていました。
 
 
現場それぞれ環境や条件が異なる為、
 
全ての現場で同じ現象が起こるとは言い切れませんが、
 
たまには良いかな・・・と思い
 
アースジェネターの給与による事例紹介をさせて頂きました!!

By 植田秋良 on 2010/10/15 8:30

秋も深まり、夏場は食中毒の心配があったので
 
中断していたお弁当を再開いたしました。
 
そこで恥ずかしながら昨日の中身を紹介したいと思います。
普段は車の中で食べますが、撮影のため公園のテーブルに広げました。
 
まずはご飯から。
 
私の大好物の1つ、炊き込みご飯。
 
それに義母の手作りの梅干。
 
めちゃくちゃしょっぱいけど慣れればやみつきになりました。
 
次におかず。
 
鶏肉と大根のステーキ、味付けは醤油やにんにく等です。
 
午後にお会いした方はたぶん臭いと思っていたはず。すいません(笑)。
 
そして、手前に見えるのがジャガイモ(松浦農場産)の酢の物! 
 
シャキシャキしてこれがまた美味しいんです。
 
最後に汁物。
 
これまた義母の手作り味噌で作ったなめこと豆腐の味噌汁です。
 
少し寒くなった体と心(笑)を暖めてくれます。
 
 
こうして地元をまわる時は来年の初夏まで
 
妻の機嫌が悪いとき意外はお弁当生活が続きます。
 
勝手ながらまた紹介させていただきます!

By 植田秋良 on 2010/10/06 18:09

現場の数だけ色々なアイデア、工夫があるものです。
 
今日はこんなものを見つけました。
哺乳ビン入れ(ホルダー)です。
良く見るとN工業さんの鉱塩入れを利活用しているではありませんか!
何でも哺乳ビンがスッポリ入って非常に便利がいいとの事。
 
ある用途で作ったものが違う用途でも大活躍!
 
とても素晴らしいですね!!
 
また何か発見次第ご紹介いたします。
 
乞うご期待!
 

By 植田秋良 on 2010/09/30 17:55

秋です。
 
山も少しずつ色づいてきました。
 
栗も中身が顔を出すようになりました。
 
お~楽しみ、楽しみ!
 
 
畑では収穫作業が続き、
 
海では鮭が獲れるようになりました。
 
 
そして今日、私事で大変恐縮ですが、35回目の誕生日を迎えました。
 
35年前の今日はどんな日だったのでしょうか?
 
あらためて両親に感謝した一日でした。

By 植田秋良 on 2010/09/28 8:16

とある酪農家さんは自家用に一頭だけ和牛肥育を始めました。
 
現在、18ヶ月齢でご覧のようにすくすく育っています。
 
『自家用に・・・』
 
とおっしゃっていましたがこんなに順調に育つと
 
すごい枝肉重量になりますね!
 
本業である酪農経営をしっかりされつつ、
 
実用を兼ねて始めた和牛肥育。
 
この一頭で終わるかもしれませんが、
 
新しいことに挑戦するOさんを見て
 
素敵だなぁと思いました。
 
一年後の出荷が楽しみです!!
 

By 植田秋良 on 2010/09/15 20:50

ようやく涼しくなり、ほっとしていたら
 
なんだか風邪気味になった私ですが
 
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
 
 
わかっていた事ですが、
 
あれだけ寝苦しい夜が続いて
 
『いや~、暑くてどうにもならないですね~!』
 
などとお客さんに愚痴ばっかりこぼしていたのに
 
実際にこうして涼しくなると
 
ものすごく寂しくなり、遥か昔のことのように感じるのは私だけでしょうか?
 
 
それにしても生ビールを美味しく、また、たくさん飲んだ夏でした。
 
皆さんはどんな夏を過ごしたのでしょうか?
 
 
(よくある風景・・・)
 
 

By 植田秋良 on 2010/08/31 8:11

先日、久々に私のソウルフードお好み焼きを作りました。
 
作った動機はもちろん食べたかったからですが、
 
1歳の息子に初お好み焼きを・・・!
 
と思いたったからでした。
 
 
我ながら今回も美味くできました(日清製粉さんのおかげ)。
 
さあ、息子に食べさせようと思い、
 
口に運びました。
 
緊張の一瞬・・・・。
 
・・・・。
 
普通に躊躇なく食べていました。
 
何だかホッとしたと同時に受け入れられたのがすごく嬉しかったです。
 
またいろいろと私のソウルフード(関西風すき焼きとか?)を
 
食べさせようと思っています。
 
乞うご期待です!!

By 植田秋良 on 2010/08/30 8:28

とある放牧場を訪ねました。
さすが広い!
 
北海道ならではの景色です。
 
 
放牧されている牛は乳牛の育成牛とのことです。
 
こうやって青草を腹いっぱい食べ、
 
足腰が鍛えられ、
 
そして、元気にお産を向かえ、
 
美味しいミルクをだしてくれることと思います。
 
 
牛さんに感謝、感謝です。

By 植田秋良 on 2010/08/25 8:47

ここ十勝もようやく涼しくなってきました。
 
さて、今日はU牧場さんの現場を訪ねました。
ちょうど発酵床を攪拌するところでした。
畑で使う耕運機を使います。

いざ攪拌開始!
何回も往復していくうちに牛床がほぐれてきました。
攪拌のねらいは、主に好気発酵を促し水分蒸発を期待したり、
 
心地よいベッドを作ることです。
 
少し手間はかかりますが、牛床にとっても牛にとっても最高!
 
是非、続けて頂きたいものです!

By 植田秋良 on 2010/07/31 12:02

暑い日がつづいています。
放牧地の牛さんもご覧のとおり。
セミもギャーギャー泣くはずです。
 
ここ北海道十勝も30℃前後の日々が続いています。
 
さて、そんな暑い日のある休日、息子と二人お留守番でした。
 
息子がおもむろに本棚から取り出した本は・・・『お好み焼き名人になる本』
 
さすが関西人の息子です。(決してヤラセではありません(笑))
 
この本は北海道に来た時に購入した本です。
 
じつは私、北海道に来てからお好み焼きの作り方を覚えたのでありました!
 
あれからはや12年・・・、早いものです。
 
近々、息子に“初お好み焼き”でも食べさせてあげるか・・・
 
そんなことを思ったひと時でした。