自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<June 2012>
SunMonTueWedThuFriSat
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
Monthly
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年10月
2008年9月
Author: 植田秋良 Created: 2008/08/29 12:51
㈱アース技研、植田秋良の日記です。北海道全域を担当しております。

By 植田秋良 on 2012/06/27 8:22

北海道もようやく暖かくなってきました。
 
ということで・・・・
 
現在、1番草の真っ只中!
今週から天候が回復し、
 
良い牧草が収穫されることと思います。
 
草の品質が1年間の牛さんの状態を左右すると思いますが、
 
ただただ良質な牧草が収穫されること、
 
そして無事に収穫作業を終えられることを強く願っています!

By 植田秋良 on 2012/06/20 8:52

先日、網走地方のH農場さんにお伺いしました。
 
Hさんは30年以上和牛を飼い、
 
共進会でも幾度となく賞を受賞されている和牛の名人です。
 
ちょうど地域の共進会を間近に控え、
 
調教のついでに牛さんを見せて頂くことになりました。
血統は百合茂や勝忠平など、素晴らしい牛さんばかりでした。
Hさんに脂肪の付き具合、体高、幅など丁寧に教えて頂きました。
 
その微調整が難しいんだよ!とのことでした。
他の牛さんたちも元気ですくすく育っています!
ふと見ると、調教の為に1時間ぐらい繋いでおく牛さんがのんびり反芻していました。
 
それを見たHさんの一言、
 
「こうなったらしめたものよ!!本番でもリラックスして本領発揮さっ!」
 
ここまで到達するのに数多くの手間や愛情が注がれていると想像できました。
 
「名人のなせる業!すごい!」と思ったひと時でした。

By 植田秋良 on 2012/06/11 8:22

先日、十勝清水町にて十勝若牛アスパラ祭りが開催されました。
 
旬のアスパラをJA清水町のブランド牛である十勝若牛と一緒に食い倒れようという祭り。
 
写真のように大、大、大盛況でした!
今回、私は以前ブログにてご紹介しました秘密兵器(お肉ブロック丸焼き器)を持参して、
 
十勝若牛モモ肉のブロック丸焼きのお手伝いをして参りました!
じゃ~~~ん!!
 
7kg強のブロックが2つも!
 
あらかじめ軽くローストしたお肉に塩、こしょう、ワインなどをかけ、
 
ぐるぐるまわしながら炭火でこんがり焼き上げていきます。
ナイフで削ぎ切りして1人前100gほど、140~150人前分ですが、
 
これがまた「あっ!」という間に売れまして、開始1時間ほどで完売!!
 
いや~驚きました。
 
十勝若牛の美味しさはもちろん、
 
この丸焼き器は、お肉を眺めて、聴いて(お肉が焼ける音)、感じて、食べても美味しい、
 
すごいものだとあらためて感じたひと時でした!!

By 植田秋良 on 2012/05/31 7:02

先日、第4回目の発酵床研究会を開催しました。
視察場所は、釧路管内S町のN牧場。
 
N牧場さんの経営のモットーは
 
“牛を牛らしく飼うこと”
 
数十年前から、いち早く集約放牧を実践し、
 
牛にできることは牛に任せた結果、牛も人も良くなったとの事。
 
また、3年前に放牧ができない冬期の牛の安楽性を考え、発酵床牛舎を新築。
 
その結果、牛の性格がおとなしくなったり、
 
発情が明確になったり、
 
蹄病がほとんどなくなったりなど、
 
さらに牛が良くなったとの事。
 
“牛に対するストレス0(ゼロ)を目指し、ゆとりのある経営を目指す!”
 
と、頼もしい後継者のHさん。
 
無理なく牛本来の能力を最大限に引き出し、牛も人もゆとりをもつ取り組みに
 
あらためて感銘を受けました。
 
N牧場さん、今後もご活躍を期待しております!!
(宮嶋氏による炭に関しての勉強会の風景・・・皆さん真剣です!)
 

By 植田秋良 on 2012/05/23 7:59

じゃあ~~~ん!
 
弊社のSが衝動買いした秘密兵器です!
何かと申しますと・・・・・
 
お肉ブロックを電動で回す装置なのです!!
 
この日は十勝若牛のモモ肉(シンタマ)5㎏をグルグル。
 
1~2時間もすれば、ご覧のようにこんがりキツネ色になりました。
 
焼けたところから少しずつ削ぎ取って食べますが、
 
ローストビーフのような感じでこれまた最高~~に美味しいのです!
 
グルグル回るのをず~~っと見ていて飽きません。
 
 
美味しく、楽しく、大勢でお肉を楽しむには最高のアイテムです!!
 
まだ2~3回しか試していませんが、
 
もう少し回数を重ねてより具体的なご報告をいたします!!
 
乞うご期待です!!

By 植田秋良 on 2012/05/11 8:35

私は今、道北に来ています。
 
朝起きてみると、
 
ゆ、ゆ、雪が降っているではありませんか!
 
今年の冬の寒さ、春先のぐずついた天気で
 
牛さんの体調や、何といっても一番牧草の出来が心配です。
 
 
この一年を左右するより良い一番牧草の収穫が出来ますように
 
気温の上昇と好天が続くことを祈る今日この頃です!!
 
 
また、牛さんの体調管理にも気を付けてくださいね!!
 

By 植田秋良 on 2012/04/24 7:39

さすが!と思う一コマです。
 
牛舎外のパドックに屋根を付けた(正確にはまだ途中)Eさん。
 
理由は、雨が当たらないようにする為です。
敷料が長持ちするだけでなく、牛にとって快適なベッドにもなります!
 
また、Eさんは戻し堆肥も作っておられるので、
 
時にはその乾燥場としても考えているようです。
 
パドックがある農場で屋根をかけているところを見かけたことがなかったので
 
Eさんの実行力にはとても感心いたしました!
 
牛さんや敷料代の削減などで費用対効果は充分ありますよね!!
 
(北海道の春を告げるフキノトウ・・・・・でも、まだまだ寒いです!!)

By 植田秋良 on 2012/04/23 8:16

今度の便利情報は、自然哺育中の子牛の部屋に追い込み策を設置した例です!
単管のパイプで簡単に作れたとの事。
 
治療の時など注射する時には、とても便利!
 
いちいち捕まえなくても何頭も追い込むことができます!
 
これを設置するには、少し広めのスペースが必要ですが、
 
十分に値があるものですね!
 
参考までにご紹介させて頂きました!!

By 植田秋良 on 2012/04/20 8:13

発見しました!
 
ジャン!
 
飲水薬剤添加装置です(青色の物)。
ウオーターカップの配管にバイパスして
 
薬剤やビタミン剤など添加できる装置です。
 
最大の利点は、エサは食べないけど水は飲むという調子の悪い牛さんへ
 
確実に薬剤等を与えられるということです!
 
薬剤添加率は3段階ぐらいに調整できます。
 
この装置を採用している農場さんにお伺いしますと、
 
予防に3日間ほど薬剤添加などするといつもより調子が良いこと、
 
また、風邪が流行った時に薬剤添加することで
 
牛を捕まえて治療する手間がかからなくなった上、回復が早かったとのこと。
 
 
ちなみにお値段は8~9万円ぐらいだそうです。
 
何の動力もなくメンテナンスもほとんどいらないそうです。
 
ただ、北海道の場合、冬の凍結対策は必要かもしれませんね!
 
 
是非皆さんも試してはいかがでしょうか?

By 植田秋良 on 2012/03/22 8:37

先日、札幌にて天文塾を開催しました。
 
今回のテーマは、まずは春先の注意点。
 
口蹄疫や寄生虫、尿石、カルシウム代謝のお話などなど、
 
タイムリーなお話が盛りだくさん!
 
そして、後半のテーマは、これからの畜産。
 
TPPや肉牛業界の将来、販売戦略などなど、
 
将来を考えた内容でした!
 
懇親会では、いつも以上の盛り上がりで笑いが絶え間なかったです。
 
おかげで私、写真を撮りそびれてしましました!
 
翌日では松本先生はじめ、皆さん二日酔い!?で現場ミーティング。
ラッキーな?ことに松本先生による去勢の実演まで行われました。
 
 
いや~、本当に楽しかったです。
 
前向きな方々ばかりで私自身、元気を頂きました!
 
松本先生や参加された皆様、本当にありがとうございました。
 
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!
 
深く深く感謝いたします!!