自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2015>
SunMonTueWedThuFriSat
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
Monthly
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年10月
2008年9月
Author: 植田秋良 Created: 2008/08/29 12:51
㈱アース技研、植田秋良の日記です。北海道全域を担当しております。

By 植田秋良 on 2015/08/24 16:18

 

涼しくなり秋の気配すら感じる北海道です。

 

今年の夏は例年になく湿度が高い日が多く、

 

また、寒暖の差を感じる日が多かったです。

 

今となっては遠い過去のようで何だか寂しい今日この頃ですが、

 

これからの季節は収穫の秋ということで海の幸、山の幸など

 

美味しい物がたくさん食べることができるので楽しみですね!

 

 

さて、話は変わって、先週お伺いしました道北地方の

 

T農場さん(和繁40頭規模)をご紹介いたします。

 

Tさんは繁殖牛を中心に集約放牧を実施されています。

 

と同時に季節繁殖を取り入れて、

 

秋に種付け、夏に分娩、春から秋にかけて素牛を出荷

 

されています。

 

今回お伺いした時には以前から準備されていた

 

牛舎の増築を行っていました。

牛舎内を拝見すると・・・・

牛床部分を1mほど掘っていました。

これから種堆肥(完熟一歩手前)などを投入して

 

完成とのことです。

 

もうお分かりかと思いますが、発酵床です!

パドックも併設します。

そして、増設した屋根の部分は全面透明ポリカにして

 

日光を思う存分取り入れておられました!

 

夏場の暑さが心配されますが、

 

放牧中なので牛舎の滞在時間が少ないので大丈夫とのことでした。

 

また、耐久性が劣るポリカの対策も講じているとのことでした。

 

もちろん雪が落ちやすいように屋根の勾配もOKです。

 

来月中には工事が終わる予定とのことですが、

 

また、牛が入ってからの様子をご報告いたします!

 

乞うご期待です!!

By 植田秋良 on 2015/08/10 10:53

 

先週、南北海道市場(2日目)に行ってきました。

 

上場頭数は二日間で1,393頭。

 

平均は メス 612,632円(前月 611,206円)

 

    去勢 707,819円(〃  700,992円)※税込  でした。

 

依然として高値が続きました。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

今回は二日目の午前中のみの訪問でしたが、

 

参考までにその時に80万を超えた牛を紹介いたします。

 

※税抜き価格です。

 

去勢 美津百合-安福久-平茂勝 269日齢 335㎏ 820,000

 

去勢 幸紀雄-安福久-平茂勝 266日齢 319㎏ 840,000

 

去勢 勝忠平-安福久-福之国 263日齢 339㎏ 854,000

 

去勢 百合茂-安福久-神高福 305日齢 357㎏ 813,000

 

去勢 百合茂-安茂晴-安福久 296日齢 362㎏ 810,000

 

去勢 諒太郎-平茂晴-平茂勝 293日齢 365㎏ 810,000

 

 

特にこの6頭は牛の姿、フレーム、肋張りなどピカイチでした!

 

 

全体は、安福久絡みの牛、フレームが大きい牛、

 

体重がある牛、などが高い値がつく傾向は変わらなかったです。

 

 

セリ当日は30℃を超える蒸し暑い日でした。

 

皆さん、人も牛さんも熱中症など気を付けてください!

 

以上、市場結果でした!

By 植田秋良 on 2015/08/05 9:19

 

先日、道東のT農場(搾乳牛55頭)を訪問しました。

 

(注:写真は5月訪問時のもの)

 

Tさんは昨年11月に発酵床牛舎を新築しました。

 

それまでは繋ぎ牛舎だったのですが、

 

発酵床牛舎になって9か月。

 

この日は発酵床牛舎の師匠のNさんと訪問しましたが、

 

Tさん、Nさん共にとても嬉しそうでした。

 

Tさんは衝撃的なことをおっしゃいました。

 

「発酵床牛舎にして繁殖成績の向上、乳房炎減少など牛が劇的に変わった。

 

とても驚き、嬉しく思っている。

 

やはり環境はとても大事だということが分かった。

 

さらに・・・・

 

人(私や家族)も劇的に変わり、気持ちが楽になり、

 

(離農まで考えていたのに)先の見通しがついた・・・。」

 

Tさんは春から秋までは集約放牧を行っているので

 

今時期は、牛は牛舎と草地を自由に行き来しており、

 

発酵床に投入するオガクズはほとんどいらないとのことでした。

 

乳房炎は1頭もいないそうです。

 

これから自家産の育成牛を後継牛にまわして少しずつ増頭して、

 

少し余裕が出てくればアイスクリームやヨーグルトなどの加工販売も

 

手掛けていくことができれば・・・とのことでした。

 

 

T農場さんの今後ますますのご発展を祈っております!!

By 植田秋良 on 2015/07/24 10:55

 

ここ数日、蒸し暑い日が続く北海道十勝です。

 

さて、ちまたで評判(!?)のアースジェネターポロシャツですが、

 

なんと新作が出ました!!

 

・・・というと大げさですが、

 

ご要望にお応えしてピンク色をご用意いたしました!・・・というだけなんですが(笑)

今のところ、Sサイズの在庫があります。

特に女性の方、もちろん男性の方でも、

 

農作業に、セリ場に、プライベートに・・・・

 

よろしいかと思われます。

 

 

まだまだ暑さが続き、

 

農作業などの疲れがたまっているかと思われますが、

 

皆さん、どうぞご自愛してください!!

By 植田秋良 on 2015/07/16 12:08

 

先月のことですが、アースジェネターを給与されているM様がこのほど

 

第43回「名人会」肉用牛研究会にて最優秀賞を受賞されました!!

 

枝肉などの詳細はこちら↓

 

(茨城県畜産農業協同組合連合会さんのブログより抜粋)
 

芳之国×茂勝栄×福栄 自家産 去勢 枝肉重量526Kg A5 BMS12 


ロース65 ばら9.3 BCS3 枝肉単価2,692円 

 

以前から芳之国との相性がいいとおっしゃっていたMさんでしたが、

 

遂にBMS12、そして最優秀賞を受賞されまして

 

私もとても嬉しいです!!

 

そして、祝賀会(バーベキュー)にて記念撮影!

Mさん、とても優しい方でアースジェネターポロシャツを着て来られていました!!

 

今後ますますのご活躍を祈っております!!

By 植田秋良 on 2015/07/02 9:35

 

北海道では1番牧草の収穫作業が行われています。

 

チモシー主体、またはオーチャードやアルファルファなどとの混播畑など。

 

酪農家さんは主に刻みサイレージとロールラップサーレージ、

 

肉牛農家さんは主にロールサイレージ(ラップ又は乾草)の収穫をされています。

 

1年で1番重要な1番草の収穫作業です。

 

栄養価の高い低い、収量の多い少ない、繊維の多い少ない、微量要素の多い少ない、

 

など、農家さんによって欲しい草の内容は様々です。

 

いずれの場合も良い堆肥散布などによる団粒構造を目指した土づくりや

 

スムーズな刈り取り作業、サイレージの発酵調整などの多くの要素が積み重なって

 

欲しい草が充分に収穫できるかどうかが決まるようです。

 

当たり前のことですが、

 

あらためて牛は草食動物なんだなぁと思ったことがありました。

 

哺育牛は、ミルクとスターターと少々の草の給与が主流ですが、

 

スターターの量を抑えてアルファルファのサーレージを与えると

 

さらに腹づくりが良くなった現場がありました。

 

もちろん今の主流のやり方を否定するつもりは一切ありませんが、

 

そのやり方で牛が良くなり結果が安定すればとても良いことだと思います!

 

それでは収穫作業中の皆さん、どうぞ気を付けてください!

 

無事に牧草作業が終了することを祈っております!!

By 植田秋良 on 2015/06/22 10:31

 

遅くなりましたが、先週の十勝和牛素牛市場の結果をご報告します。

 

出場頭数は2日間で1957頭(うち成牛122頭)でした。

 

受精卵産子はメス231頭、去勢268頭。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

平均価格は

 

メス 598,200円(前月 589,453円)

 

去勢 698,025円( 〃 699,726円) でした。 ※いずれも税込価格。

 

高値推移は変わらずで、メスは更に上がりました。

 

その理由の一つとして

 

受精卵産子などの血統良い繁殖用のメスの引き合いが強かったことが考えられます。

 

主に安福久絡みです。

 

去勢も同じく安福久絡み(2代祖、3代祖)の他、

 

勝忠平、百合茂、美津照重、花国安福、

 

隆之国、美津百合、勝早桜5、美国桜などが高値安定でした。

 

また、参考までに

 

成牛(繁殖用:736,920円、廃用:397,475円 ※平均、税込)も高値が続いていました。

 

以上、市場の結果報告でした!

By 植田秋良 on 2015/06/11 11:04

 

今年もお祭りの季節がやってきました!

 

さて、今回は第4回目となる十勝若牛アスパラ祭りに行ってきました。

天気は曇りの予定でしたが晴れ間もでて最高でした。

 

10時からの開始でしたが、早くから会場が一杯になっていました。

 

もうすっかり地域の方々に認知されているということなのでしょう!

 

昨年同様に各焼き台にて十勝若牛やアスパラを焼いて食べるもよし、

 

モモブロックの丸焼きやヒレやロースのステーキを買って食べるもよし、

十勝若牛のハンバーガー(パン、小麦粉はもちろん清水産!)や十勝若牛のカレー、

 

十勝若牛のローストビーフが入ったラーメンなどを食べるもよし・・・・・。

 

私もそうでしたが、会場にお越しになった方々は満足して帰られたことと思います。

十勝若牛の美味しさはもちろんのこと、

 

旬のアスパラや地元産の小麦粉で作ったパンやピザ、ラーメンなど、

 

何を食べても美味しく、あらためて十勝清水町には美味しい食べ物が豊富にあるんだなあ、

 

と思った十勝若牛アスパラ祭りでした~!!

By 植田秋良 on 2015/06/01 16:51

 

先日、第7回札幌天文塾を開催いたしました。

 

松本大策先生を囲む有志の方々による勉強会。

 

今回も生産現場でご活躍している方々20数名が参加。

 

御常連のメンバーの他、初参加が半数近くに上り、

 

新しい雰囲気も漂う中でしたが、変わらず熱い夜でした・・・・!

 

松本先生のお話は

 

子牛の話を中心に事例ごとの対処方法など、

 

世界の牛肉事情、今後の肉牛相場の予測など多岐にわたりました。

 

 

今後もこの会を続けて現場の役に立てればと思っています。

 

ちなみに次回は・・・

 

とある事情で北海道外での開催が予定されています(おそらく・・・)。

 

Hちゃん、幹事よろしくお願いいたします(笑)。

 

 

参加された皆様、本当にありがとうございました!!

 

深く感謝いたします。

By 植田秋良 on 2015/05/24 17:41

 

さあ、北海道にも良い季節がやってきました。

 

その理由の一つがこれ!

 

放牧風景です!

もちろん風景だけでなく、酪農家さんにとっては

 

牛の健康増進並びに労力の軽減など良いことがたくさんあります。

 

先日は道東のK農場さんを訪ねましたが、

 

シーズンの初めは特に放牧地の草の生育が不安定とのことです。

 

「草地に草が豊富にある時は搾乳時間になっても牛舎に帰ってこないが、

 

草が少ない場合は搾乳時間のずっと前に帰ってくる。牛は本当に正直だね。」

 

とのことでした。

 

また、K農場さんの牛舎は発酵床なので、

 

放牧期間中はほとんど床の管理をしなくてもいいとのことでした。

 

まさにK農場さんのとって本当に良い季節がやってきたのですね!!

 

 

あとは良い天気に恵まれることを祈っております!!