自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<May 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
Monthly
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年10月
2008年9月
Author: 植田秋良 Created: 2008/08/29 12:51
㈱アース技研、植田秋良の日記です。北海道全域を担当しております。

By 植田秋良 on 2020/05/29 17:11

 

今月の南北海道肉牛市場の結果は、

前々回のブログでお知らせした通りですが、

加えて血統ごと(1代祖)の平均値をお知らせいたします。

もしよろしければ参考にしてください。

※税抜き価格 ※市場の平均値より高かった牛

【去勢】

百合茂   12   738,667   294356

百合白清2 57   722,912   296348

金太郎3   11   714,909   291350

福之姫    84   705,929   289344

幸紀雄    51   660,882   298339

勝早桜5  107   657,308   289345

勝忠        6   644,333   292365

琥珀        4   642,250   298364

芳之国     13   631,385   312Read More »

By 植田秋良 on 2020/05/28 13:48

 

先週522日、北見肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は418頭(メス164頭、去254頭 ※素牛のみ)

でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 61頭

福之姫  52頭

愛之国  40頭

幸紀雄  29頭

美津照重 22頭

1花藤   21頭

諒太郎  19頭

美国桜  18頭

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 553,719

    (最高854,700円、最低168,300円)

     平均体重332.6㎏ ㎏単価1,665

去勢 658,414

    (最高842,600円、最低442,200円)

     平均体重355.1㎏ ㎏単価1,854

 

前月と比べてメス、去勢ともに約1万円高でした。

 

続いてF1の結果を簡単にお知らせします。

 

上場頭数は680頭(メス315頭、去勢365頭)。

平均価格は以下の通りでした。(税込)

メス 329,267

    (最高411,400円、最低264,000円)

     平均体重341.8㎏ ㎏単価963

去勢 408,849

    (最高517,000円、最低363,000円)

     平均体重349.4㎏ ㎏単価1,170

 

前月と比べてメス約2.5万円安、去勢約3万円安でした。

 

 

以上、簡単ではありましたが市場結果でした!

By 植田秋良 on 2020/05/09 8:10

 

578日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,745頭(メス675頭、去1,070頭 ※素牛のみ)で

前月より195頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 194頭前月158頭、前々月153頭)

愛之国  147頭(前月140頭、前々月136頭)

福之姫  127頭(前月83頭、前々月91頭)

美津照重 122頭(前月125頭、前々月110頭)

美国桜  115頭(前月113頭、前々月118頭)

幸紀雄  105頭(前月93頭、前々月107頭)

諒太郎   92頭(前月80頭、前々月73頭)

百合白清2  82頭(前月66頭、前々月47頭)

 

※只今、一番人気の福之姫が一気に増えてきました。

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 611,073円(前月597,945円、前々月652,072円)

去勢 679,458円(前月696,290円、前々月765,697円)

前月と比べてメス約1万円高、去勢約2万安でした。

 

Read More »

By 植田秋良 on 2020/04/29 11:30

 

前回の続きです。

 

高くなった牛床はいずれ床出ししなくてはなりません。

せっかく発酵が安定してきたのに勿体ないですが、

牛房を仕切る柵の開閉ができなくなるので仕方がありません。

ただ、全てを床出しするのではなく、

表面約1020㎝だけにして、半分くらいを残します。

なぜなら、発酵した土台は種菌としての役割を果たし、

また敷料を足すと発酵がスムーズにいくからです。

その後も基本的には土台を残し、

その作業を繰り返していきます。

 

今後が楽しみです。

By 植田秋良 on 2020/04/29 10:27

 

北海道のとある農場さんにお伺いしました。

今まではほぼ毎日、床出しをしていましたが、

今年の冬から毎日の敷料投入のみとし、

発酵牛床にしておられます。

敷料は稲わらを使っています。

牛床の高さは約40㎝になり、

牛房を仕切る柵の下限値まで迫りました。

牛床をほじってみると、

臭気は薄く、生糞が見当たらず、

稲わらは分解し始めていました。

30㎝深部の温度は約20℃(外気温9℃)あり、

ホカホカで天然の床暖のようでした。

農場主さん曰く、

「牛が良く寝るようになり、毛づやがよくなり、

 糞の状態が安定した(特に子牛)。

 そして、床出し作業の労力が軽減したおかげで

 楽になった。」

とのことでした。

アースジェネターの給与による健康増進と糞の発酵促進

のみならず、農場主さんの発酵させる技術の見事さ、

観察眼の鋭さなども相まって、上手に発酵牛床を活用

出来ているものだと思います。

 

乞うご期待です。

By 植田秋良 on 2020/04/06 14:58

 

412日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,550頭(メス607頭、去943頭 ※素牛のみ)で

前月より30頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 158(前月153頭、前々月193頭)

愛之国  140 136頭、 〃  140頭)

美津照重 125 110頭、 〃  119頭)

美国桜  113 118頭、 〃  106頭)

幸紀雄   93 107頭、 〃   79頭)

福之姫   83  91頭、 〃   62頭)

諒太郎   80  73頭、 〃   78頭)

百合白清2  66  47頭、 〃   45頭)Read More »

By 植田秋良 on 2020/03/31 15:34

 

北海道のとある農場さんでは昨年末より

発酵牛床に挑戦しておられます。

写真のように後部の牛床部分(採食通路側除く)に

オガクズ及びモミガラを敷いています。

(吸水性が良いオガクズと通気性が良いモミガラ

の組み合わせはとても良いです!)

また、家庭菜園用の耕運機をかけることにより、

発酵促進や均質化(糞と敷料が良く混ざる)につながり、

“しっとりフカフカな状態”を保つことで

微生物が活躍できる環境が整えられています。

厚さは約20㎝ほどですが、牛床をほじってみると

ほんのり暖かいとのことです。

(近頃の気温の上場に伴い牛床の温度も上がってきたようです)

牛床の維持管理は、牛床が高くなりすぎないように

牛床を少し削って敷料を投入し、耕運機をかけます。

発酵牛床の土台は残したままです。

こちらの農場さんは本当に上手に管理されています。

 

発酵牛床は

牛が気持ちよく寝てストレスが軽減し、

全量を床出ししないので省力化になり、

牛床を削った分の堆肥の発酵が良くなる、

などのメリットが期待できます。

 

これからどんどん気温が上がり、

ますます発酵牛床の効果が出てくると思われます。

楽しみです!

By 植田秋良 on 2020/03/06 8:18

 

345日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,520頭(メス617頭、去903頭 ※素牛のみ)で

前月より68頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 153頭、愛之国 136頭、美国桜 118頭、

美津照重 110頭、幸紀雄 107頭、福之姫 91頭、

諒太郎 73頭、第1花藤 56頭、花国安福 55頭、など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 652,072円(前月688,932円、前々月712,319円)

去勢 765,697円(前月798,341円、前々月820,040円)

前月と比べてメス、去勢ともに約3.5万安でした。

 

2月以降の枝肉価格の急落の影響がどこまで反映されるか、

見通しがわからない中でのセリでしたが、

枝肉価格の状況のような結果となりました。

 

価格は、去勢5090万台、メス4070万台(繁殖用70万~)

中心に推移していました。

前月と比べて全体に少し下がったうえ、価格差が広がり、

わずかなことで価格が変動する状況でした。

 

それでは

参考までにいくつか取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

美国桜-百合茂-安福久  278294< ... Read More »

By 植田秋良 on 2020/03/02 10:48

 

先月のブログ「楽しみな逸材 その2

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/2161/Default.aspx

 

で紹介した【勝俊久】産子の結果がでましたので

お知らせいたします。

 

メス 27か月 勝俊久-北乃大福-第2平茂勝

枝重467㎏ ロース68 バラ9.7 皮下2.2 歩留76.9 BMS12

でした。 

やはり生体どおりの良い結果になりました!

さすがH農場さんです!

ちなみに他農場さんが同時期に出荷した勝俊久産子2

(いずれもメス)もA5BMS89)でした。

 

今回の好結果の要因は、

もちろん勝俊久の能力だけでなく、母体や肥育農場さんの

飼養管理などが挙げられますが、

もしかしたら、メスの能力が高い安福久や美国桜、

諒太郎などと似たタイプの牛かも知れません!

(まだ去勢の結果はあまりわかりませんが・・・)

 

今後の【勝俊久】の活躍に期待しております!

By 植田秋良 on 2020/02/28 14:32

 

先日、とある新聞の記事に免疫学に詳しい

大学の先生のコメントが載っていましたので

紹介します。

 

「新型肺炎やインフルエンザなどから

身を守る(リスクを下げる)ためには

手洗いやうがいの他、自分自身の免疫を

高めることが重要です。

免疫を高めるためには(栄養を充足したうえで)

1.    笑うこと

2.    適度な運動をすること

3.    体を温めること

4.    腸内細菌バランスを整えること

などが有効です。

できることから始めてみてください。」

 

とてもシンプルな内容でしたが、

あらためて「なるほど!」と思いました。

 

少しでも免疫を高めるための参考になれば幸いです。