自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<April 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678
Monthly
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 植田秋良 on 2021/04/09 16:06

 

478日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,595頭(メス722頭、去873頭 ※素牛のみ)で

前月より97頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りでした。

 

勝早桜5 212頭

福之姫  192頭

愛之国  141頭

美津照重 118頭

美国桜   70頭

若百合   62頭

幸紀雄   54頭

諒太郎   52頭

百合白清2 48頭

鈴音    47頭

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 763,762(前月719,018円、前々月720,511円)

去勢 909,391(前月845,046円、前々月842,743円)

 

前月と比べ、メス約4.5万円高、去勢約6.5万円高でした。

 

今月の市場は、

まず一言、とても高かったです。

 

去勢は、60100万過ぎの間で推移しまして、

7080万円台が中心でした。

90万円以上は、いつもより多くみられました。

100万円(100数万円台)以上も数頭確認しました。

 

依然として高値だったのは、

去勢の場合、血統が1代祖に勝早桜5、福之姫、若百合など、

2(3)代祖に安福久、美国桜、諒太郎などの牛でした。

さらに表現型が良く、増体がDG1.0以上で、

3拍子そろった牛は90万円以上していました。

 

一方、血統が良くても、その他が良くなければ、

70万円以下になることも少なくありませんでした。

 

また、逆に2代祖に安福久などが絡んでいなくても、

増体と表現型が良ければ8090万円以上する牛も

見られました。

 

メスは、50100数十万円の間で推移しまして、

6070万円台が中心でした。

Read More »

By 礒 匠 on 2021/04/06 19:53

 

皆さんこんにちは

 

道東担当の礒です

 

前回書きました

手作り牛舎

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/2378/Default.aspx

で紹介した牧場さんでは

生後すぐに親牛から離して

哺育牛舎に移動するのですが

 

新分娩牛舎建築以前までは

古い分娩舎から一輪車に乗せて

哺育牛舎まで運んでいました

 

道のりが少し上り坂になっており

それは大変なものでした

 

そこで、導入したのがこちら!

 

充電式運搬車です!

モーターの力を駆使してボタン一つで

重い荷物を運んでくれます

 

本来は箱やコンテナなどを運ぶ用途に使われるそうですが

 

板を敷き

生まれた子牛を毛布に包んで

移動します

 

 

子牛を運ぶのは丁寧かつ迅速さが求められるので

特に足場の悪い冬は大変重宝したそうです

 

 

商品が気になる方は

『充電式運搬車』で検索してみてください

 

 

 

子牛はすぐにバッカンふかふかの暖かい部屋に

運ばれ初乳を与えられます

 

哺乳中の子たちも元気に育っていました!

 

数年前から少しずつ頭数も増えており

省力化は経営改善の重要なポイントですね!

By 岩本尚吾 on 2021/04/05 23:55




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




先週、久しぶりに 母校である 帯広畜産大学へ行ってきました。



卒業したのは 20年以上前なのですが



そのときとは比べ物にならないくらい 大学の構内、学部棟の中はキレイになっていました。 
















大学の学部棟の中に入ると・・・










ウマの全身骨格がありましたよ。 




そして・・・









むかしのトラクターもありました。 




今回、大学へ行ったのは



大学時代に お世話になった先生や卒業後に知り合った先生への挨拶のためでした。




まだまだ春休み中ということもあり



(新学期が始まっても 学生達はゴールデンウィークが終わるまで オンライン授業のようです)



大学生と すれ違うことはありませんでした。



おそらく、昨年から コロナの影響もあり このような感じなのかもしれませんね。



学生の皆様にとっても 大変な時期でもあると感じました。




先生たちと会って 過去の話をすることはありませんでしたが



未来へ向けて良い話ができました。





皆さま 3年後 6年後 どうなっているか考えることはありますか。





未来へ向けて 一歩一歩 行動あるのみですね。




皆さま これからもよろしくお願いいたします。 





次回こそは  現場のことについて 書きたいと思っています。








By 堀田忍 on 2021/03/31 19:13

本日帰宅した関東以西の本州と畑も担当な堀田です
帯広もだいぶ暖かくなってきました!

飛行機から見た十勝の畑も完全に雪溶けしてましたね。
今年はなかなか雪が降らなくて寒かったから、
土が凍ってしまって、機械入るのは、まだまだ先でしょうか。


私はと言うと、
今月初旬に土日使ってリンゴ畑で作業したのですが・・・




隣の畑





僕のリンゴ畑www


雪残りすぎw
膝までありましたw


地力が無いとか、化成肥料撒き過ぎとかは無いです。
無肥料自然栽培なのでw


実はこのリンゴ畑のまわりの樹が育林が終わったので、
バッサッバッサと伐採したのが3年前。

それ以来、風の通り道が変わって、
リンゴ畑が雪の吹き溜りになってしまいました。
(ちなみに獣の通り道も変わりましたw鹿いっぱい来ますw)

去年植えたブルーベリーの苗なんぞ、
全く姿が見えなかったですw


伐採した土地には、新たに植林してあったので、
20年くらいしたら、風向きも変わるかな?


来年はスノーモービルで走り回って炭でも撒いたろかいな!







By 中紙育朗 on 2021/03/31 11:36

 

皆さま、こんにちは!!

 

南九州の現場に行かせて頂くと

 

春になり暖かくなってきた事もあり

 

牛舎内に鳥が入ってきてしまっているところを見かけます。

 

血便を含む下痢対策として、鳥を牛舎内に入れない事が大切かと思っております。

 

目の細かいネットでしたら、吸血昆虫対策にもなるので

 

とても、おすすめです。

 

 

 

2農場の写真をアップさせて頂きました。

 

牛がネットに届かないようにしてあげる事と、こえたての時などになるべく簡単に

 

開ける事ができると良いかと思います。

 

ネットを張る時に少し人手が必要かと思いますが、コストもそれほどかからず

 

費用対効果はあると思います。

 

これから、もう少しすると梅雨時期にもなりますので

 

牛舎内のホコリやクモの巣の除去、飼料タンクやオーガ内の清掃を

 

されてみてはいかがでしょうか。

 

 

By 堀田忍 on 2021/03/30 20:00

お世話になります。
とある映画を観に行きたいけど、
なかなか愚息と予定の合わないない堀田です。

先日、お邪魔した農家さんでミキシングフィーダーが納車だったので、
しばらく見とれてましたw


新車かっけー!ピカピカや〜!



MIXTORON SAMURAI7

3輪自走式コンパクトサイズです。
小回りが効きそうですね。
トラクターでの牽引じゃないので多少静かかな?w



ちなみにこちら和牛繁殖農場です。

アースジェネターはカビ毒吸着剤と予備攪拌したうえで、
ミキサーに投入してもらうことになりました。

※TMRをお使いの生産現場でアースジェネターを混ぜ込みたい場合は、
 各営業マンまで連絡下さい。



新しい(もしくはめっちゃ古い)農業機器が大好きです。
2018年の世界農機展@帯広は毎日行きましたw
新型コロナが世界規模で落ち着くことを、切に願ってます。




SAMURAI7、、、2号機やん!








By 堀田忍 on 2021/03/30 18:36

こんにちわ、こんばんわ、おはようございます
関東〜近畿担当の堀田忍です

以前、恥文だらけの下記商品を紹介させて頂きました



カラス対策に!と思い結構な件数で導入して頂きまして
効果はありました!とても!

ただ、問題点がひとつ・・・


あんまり耐久性がねーorz


負傷して飛べなくなり
牛舎の隅っこでひっそりと余生を過ごす猛禽類たちを
この1年たくさん見てきました

あるものは羽に穴が開き
あるものは重度の骨折

そんな高価なものではないので「買い換えればエエ」との
意見もございましょうが、なんか可哀想

さて、ここで朗報です



パーツばら売りしてるんですねぇ


知らなかったです
もっと以前から販売されてたのかもしれないですが
私、知らなかったです


こちらは栃木県のパワーコメリさんで見つけました




さて、牛舎の隅で怯えてる猛禽類たちを治療(修理)する旅に出ます









By 植田秋良 on 2021/03/29 17:02

 

先月(2月)ブログにて紹介しました

「建設中の牛舎(発酵牛床・北海道)」の追加情報を

お知らせいたします。

 

牧場の概要ですが、

会社名は日高キャトルセンター株式会社さんです。

同じ日高町で和牛繁殖経営

(母牛300頭規模※I牧場さん含む)

をされています杉山さん(㈱杉山牧場)が代表を務めておられます。

日高キャトルセンター株式会社さんの主な事業は、

乳牛の育成牛の預託事業(1000頭規模)です。

主に町内周辺の酪農家さんから、

生後3日~1週間の子牛を預かり、種付けをして、

分娩2か月前頃に酪農家さんの元へ戻します。

牧場では、㈱杉山牧場さんの取り組み同様に、

フィードステーション、

自動体重測定器、

発酵牛床、

堆肥自動撹拌ロボットなどを活用しまして、

「群管理をしながらの個体管理の徹底」を目指します。

 

牛舎は全部で6棟あります。

内訳は、

隔離舎1棟(約60頭)、

哺育舎1棟(約190頭:ハッチ30頭、ロボット20頭×8群)、

離乳舎1棟(約200頭:50頭×4群)、

育成舎3棟(約600頭:50頭×4群×3棟)

と、なっています。

ちなみに牛床は、哺育舎のみ、かさ上げ式の発酵牛床ですが、

その他は全て掘り下げ式の発酵牛床です。

 

つい先日も建設中の現場にお伺いしてきましたので

その時の様子をお知らせいたします。

 

まず、隔離舎です。

 

 

次に哺育舎です。

 

牛床は、かさ上げ式の発酵牛床の予定です。

 

続いて離乳舎(左手前)、育成舎(右の3棟)です。

 

 

牛床は、掘り下げ式の発酵牛床の予定です。

写真は火山灰を入れたところですが、

これから中熟堆肥をどっさり入れる予定です。

  ... Read More »

By 礒 匠 on 2021/03/28 8:34

 

皆さんこんにちは。

十勝担当の礒です

 

 

とある、和牛一貫農家さんで

昨年、秋ごろに分娩舎を建てました

 

 

こちらの分娩舎はほぼ手作りのものです

 

 

5間×7間の最大6房です

かかった費用は100万円以下

作成の手間はかかるものの

費用はかなり抑えられていますよね

 

パイプ間隔を狭くしているため

強度の面でも、かなり頑丈になっているようです

 

今年は十勝特有の1晩で5060㎝積もるような

ドカ雪は無かったものの

とりあえず雪、風はよっぽどのことが無ければ大丈夫そうです

 

設置した牛温恵(分娩監視システム)の感度もばっちり

明るい蛍光灯もついて暗がりでの作業性も上がりました

 

 

こちらの農家さん、元は肥育農家さんで

以前までは個別に飼える分娩房が無かったため

 

分娩舎建設は

分娩事故の減少や

母牛の分娩後立ち上がりがスムーズになるなど

大きなプラスになると思います

 

また、こちらの農家さんにとって

大きなプラスになっていることは

 

分娩後すぐに、母牛から離して哺育舎に連れていくのですが

そこまでの動線が改善され

移動が楽になり、モチベーションアップにつながっているようです!

 

 

 

実は、昨年この分娩舎を作っている最中に

お邪魔したことがあり

ほんの少しですが

作るのをお手伝いしたので

感慨深い牛舎なのです()

By 岩本尚吾 on 2021/03/26 9:55




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



だんだんと暖かくなっていますね。



ただ、暖かくなってはいるのですけど



ずっと暖かいわけではなく、時々は寒くなったりするので



牛にストレスがかかりやすい時期でもあると思っています。



そういう意味では まだ牛が風邪をひきやすい時期でもありますよね。



一歩ずつで構いません。



牛達の環境改善をよろしくお願いいたします。




ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。 



その農家さんは 4年ほど前に知り合いの繁殖農家さんに勧められて



ウレタンマット(商品名 スリープマット 日本全薬さん取り扱い)を買ったようです。



しかも 思い切って 20枚 。 



大胆ですよね。 




ウレタンマットを買う前は



コンクリートの上に オガクズなどを敷いていただけのようですが



ウレタンマットを使用するようになってから



寝る時間も増えて 風邪も激減したようです。 



















環境の良い牛舎の牛達は 食べたらすぐに寝ますよね。 



本当に ビックリするほど すぐに寝ます。 



そして ゆっくり反芻する という感じかもしれません。




繁殖農家さんだけでなく 肥育農家さんも同じですよね。 















少しずつでも環境を改善していただくと 牛達が喜ぶと思います。