自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年12月>
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/12/12 8:58

 

12月6~7日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は2日間で1,782頭(メス727頭、去1,055頭、素牛のみ)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 708,842円(前月724,867円、前々月706,848円)

去勢 832,539円(前月832,804円、前々月816,344円)

先月よりメスは1.5万安、去勢は横ばいでした。

主な種雄牛は以下の通りです。
勝早桜5 205頭、美津照重 186頭、幸紀雄 147頭、

1花藤 141頭、美国桜 119頭、隆之国 105頭、

花国安福 103頭、諒太郎 85頭、美津百合 50頭、など

 

傾向は先月よりスソモノの価格が下がっておりました。

先月は中間層(80万前後)の牛がやや強かったように

感じましたが、今回は先々月と似たような状況でした。

 

それでは参考までに高額で取引された牛を載せます(セリ価格)。

【メス】

安福久-忠富士-福之国 301日齢303 1,122,000円(トップ)

百合白清2-安福久-平茂晴 284日齢289 1,071,000

諒太郎-安福久-百合茂 281日齢324 1,000,000

【去勢】

白鵬853-安福久-勝忠平 270日齢314 詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/12/11 14:47

 

先日、東京食肉市場にて開催されました()ある(・・)枝肉共励会

(第13回みついし牛枝肉共励会)に参加しました。

出品頭数36頭 A575%、A419.4% 4594.4

枝重平均 去勢533㎏ メス487

とてもレベルの高い内容でした。

(国内トップクラスの一つと言っても過言ではありません!)

 

そして、見事最優秀賞に輝いたのは・・・・

去勢 勝忠平-安福久-平茂勝 28.4か月 枝重541

A512 ロース108 ばら9.2 皮下1.9 単価3,064

でした。

H農場さん、おめでとうございます!!

ちなみにこの牛さんの全兄弟が

H黒‐283「勝俊久」(ジェネティクス北海道)という

種雄牛になっています!

 

続いて優秀賞(3頭)です。

去勢 直太郎-北乃大福-北国78 28.7か月 枝重633

A512 ロース98 ばら9.8 皮下2.4 単価2,903

 

去勢 北平安-百合茂-安福久 27.2か月 枝重492 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/12/10 22:29




ある肥育農家さんのところへ行ってきました。








牛舎は たくさんあるのですが、今は この牛舎だけ!?アースジェネターを給与しています。



長さ 100メートル の 牛舎です。   大きいですね。 




外に出ると・・・








雪が積もっています。    九州ではなく 東北地区の現場でした。 



給与してから 2週間くらいで ”臭いが少なくなった” と 言われました。



きちんと毎日、継続して 給与しているからだと思います。



変化が見えてくると 嬉しいです。 



☆今は給与して二か月経つのですが 堆肥の発酵も良くなっているようです。  ムフフ・・・ 




実は、毎日やり続けることって 簡単じゃないと思っています。


(この牧場では 配合飼料に混じっているわけではないので エサに振りかけて給与しています)




というのも・・・



牧場の社長さん と 話をして 給与を開始したところでも



従業員の方がやらなかったこと(毎日給与していなかったこと)が



今までに たくさん たくさん!?あります。 



きちんと給与しなかったら、変化も見えないですし



変化が見えなかったら、継続することが難しくなります。


(といいますか、継続できません・・・  )




なんのためにやるのか  ということを



社長さん と 従業員さん の間で共有できていない牧場が 少なくないのかもしれません。



(簡単なことではないのかもしれないのですが・・・  )




この牧場では 臭気 や 堆肥以外にも 変えたいと思っている部分があります。



その変化を見るのが 楽しみです。 



来年の秋頃!?までには、変化が見えてくるのではないか と 思っています。 




現場が終わり、次に行く予定にしていた農家さんのところへ電話をしました。



その時の時間は、11時55分頃 だったと思います。




岩本:  ”お昼になってしまい、申し訳ありません。 牛舎にいらっしゃいますか。”



農家さん(Kさん): ”今は 牛舎じゃなくて家にいるから、家に来たらいいよ。”




ご自宅に お邪魔すると・・・      ムフフ・・・ 














金澤さん ご馳走さまでした!!  めっちゃ幸せな気持ちになりました。 





今回は わざとではないのですが、



次回以降は お昼頃 多め!? に なっちゃうかもです。   フフフフフ・・・ 









投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/12/08 16:25

 

皆さんこんにちは。

 

今年の3月からアースジェネターを給与開始した

和牛一貫農家さんがおしえてくれたのですが、

 

 

「アースジェネターの保管はこの箱がぴったりなんだよ

  みんなにも教えてあげて」

どこのホームセンターでも売っていると思います

13Lのサイズだそうです

5kg袋がぴったり入り、湿気やネズミなどをシャットアウトできます

 

ちなみに、代用乳などの20kg袋はこちらの45Lタイプが

ジャストサイズです。

 

 

実際に見に行くと

ジェネターサイズは約800

粉ミルクサイズは約1700円でした。

 

 

ぜひ!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/12/01 17:17




ある肥育農家さん の ところへ行ってきました。












今から 約5年半ほど前に



今回行ってきた肥育農家さんから電話があり



”○○さんが アースジェネターを使ったほうが良い というから 15箱 送ってください。”



”心配しなくても、○○さんが止めろと言うまでは 継続しますから・・・”



その時から アースジェネターの給与が始まりました。



☆一気に 1500頭 全頭給与を決断なさる方って 大胆だと思います。 



 ○○さんとの信頼関係の中で そのように決断したと思うのですが・・・ 




この肥育農家さんの牛舎へは 1年に2~3回ほど行くのですが



数日前 牛舎へ行ったとき、新牛舎 が 3棟(約600頭入ります)建っていました。













☆一気の!?600頭牛舎 も 大胆ですよね・・・ 




その牛舎には すでに牛達が半分ほど入っていました。



僕が牛舎に行った日 社長はいなかったので、後日



”新牛舎を見ました。 今から600頭 牛を増やすのですか!?”



と、尋ねると



”今は、牛たちの密度が濃いので、少しでもゆっくり育てようと思って建てました。”



”あまり頭数を増やすつもりはないのですが



一マス当たり 今までよりも 1頭でも2頭でも少なくなれば



ゆっくり牛達が過ごすことができ、病気も少なくなるだろう と 期待しています。”



”子牛の価格は相変わらずの高値なので、1頭当たりの利益を増やそうと思っています・・・ ”



ということでした。



新しい牛舎を建てたことにより



肥育牛 1頭当たりの面積も広くなり、環境も(以前と比べると)格段に良くなっています。



ストレスが少なくなると思います。 



これから 牛達の変化が楽しみですね。 





投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/11/30 20:04

皆さま、こんにちは!!

 

先日、行われました共励会の結果を書きたいと思います

 

安福久絡みの牛は、出せない?共励会になります

 

去勢 45頭    メス 13頭      合計  58頭

 

が出品されました。

 

~入賞牛~

 

グランドチャンピオン賞

去   幸紀雄ー美国桜ー福華1     枝重 551.7キロ ロース芯 86㎠ 

             バラ厚 10.0㎝  BMS 12  枝肉単価  5,000円

優秀賞 1席

去   幸紀雄ー美国桜ー安糸福    枝重 587.0キロ ロース芯 98㎠  

             バラ厚 10.1㎝  BMS 12  枝肉単価  4,000円

優秀賞 2席

去   華春福ー安糸福ー金幸     枝重 664.3キロ ロース芯 83㎠

             バラ厚  9.3㎝  BMS 12  枝肉単価  3,800円

優秀賞 3席

去   喜亀忠ー金幸ー神高福     枝重 639.5キロ ロース芯 80㎠

             バラ厚 10.6㎝  BMS 12  枝肉単価  3,300円

優秀賞 4席

去   喜亀忠ー百合茂ー金幸     枝重 579.9キロ ロース芯 89㎠ 

             バラ厚  9.3㎝  BMS 12  枝肉単価  3,400円

 

以下 全て優良賞となります。

 

去   直太郎ー平茂勝ー第5隼福  枝重 619.3キロ ロース芯 77㎠

             バラ厚  9.0㎝  BMS 12  枝肉単価  3,300円

メス  益華福ー安糸福ー照美    枝重 444.2キロ ロース芯  66㎠

             バラ厚  7.8㎝  BMS 12  枝肉単価  3,300円

去   聖香藤ー百合茂ー第5隼福  枝重 557.7キロ ロース芯 64㎠

             バラ厚  8.7㎝  BMS 11  枝肉単価  3,200円

去   喜亀忠ー百合茂ー安糸福   枝重 579.7キロ ロース芯 64㎠

             バラ厚  9.4㎝  BMS 11  枝肉単価  3,200円

 

入賞者の皆さま、おめでとうございます

 

美国桜母牛が、上位2を制する結果を残しました

 

また10月に行われました、別の安福久抜きの共励会でも

 

美国桜母牛が2頭入賞しておりました。

 

良い結果になる、確率が高いのだと思います

 

もし母牛として残せそうな子牛がいましたら、残してください

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/11/30 19:14

 

道南地区のK牧場さん(和牛繁殖50頭規模)を訪ねました。

Kさんはアースジェネターを使い始めて1年が経ちました。

子牛~素牛出荷までの給与ですが、

「草の食いが良くなり、

その結果、肋張りも良くなってきましたよ。

 また、糞の臭気も薄くなり、

堆肥の発酵も促進され、切返し時の湯気がすごいですよ。

順調です。」

とのお言葉を頂きました。

(少し盛っていたらスイマセン、Kさん(笑))

アースジェネターを販売する営業担当者としては

何より嬉しいお言葉です。

 

 

植田秋良42歳(後厄年あと1か月で終了)、

もっともっとお役に立てるよう精進していきます!!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/11/27 15:41

 

先日、日高地方にて肥育出荷前の牛さんを見学してきました。

こちらは気持ちよく横臥している様子ですが、

寝ていても背中に肉が盛り上がってきており

良い仕上がり具合が伺えますね~!

 

こちらは別農場の牛さんですが、

もし、この牛さんがトップを取ることができれば、

今週に開催される()ある(・・)枝肉共励会2連覇とのことです!

 

 

次回にでもその枝肉共励会の結果をお知らせしようと思います。

乞うご期待です!

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/11/27 9:17

 

ある酪農家さんで

いいもの手に入れたよと紹介してくれたのが、

 

 

牛を保定する道具なのですが

これは、移動式枠場でスタンチョンに繋いだ牛の背後から

セットし保定して削蹄や治療などができるものです

 

肢の痛い牛を枠場まで移動させるのは苦労しますし

牛も苦痛が伴いますが

これなら、牛も人も楽ですね。

 

 

ちなみに、この商品

『ころさく』というチャーミングな名前で

結構話題になっているそうです!

 

気になる方は『ころさく 削蹄』で検索すると

動画なども出てくるので調べてみてください

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/11/22 8:47

 

先日、道東に出張に行ってきました。

 

 

 

和牛繁殖25頭ほどの農家さんですが

牛舎のほとんどが手作りです。

 

まずは紹介してくれたのが

この手作りの草架です。

 

単管のため丈夫ですし安上がりです。

作成時間は3時間もあれば十分だそうです。

また、下の単管が腐ってもそこだけ取り換えればいい

というのも魅力ですね

 

なんと!育成舎、分娩舎、ハッチも手作りです。

 

ちなみに、入植当時は林だった土地をブラシカッターとユンボで開拓したそうです

この日もとても、楽しみながら作業をしていました!

 

これから、増頭していくとのことで

さらに、レベルアップした手作り牛舎が建つのも楽しみにしていますよ!