自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<September 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678
Monthly
2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 植田秋良 on 2022/09/26 9:06

 

914日、

但馬子牛せり市場が開催されました。

 

今回、私は初めて市場に足を運びました。

 

 

但馬子牛セリ市場は

10回(6月、8月休み)開催されます。

 

ご存じの方も多いと思われますが、

上場牛は兵庫産(但馬牛:田尻系)のみとなります。

 

 

今月の上場頭数は324(メス142頭、去勢182頭)でした。

 

平均価格などの結果は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 726,153(最高1,155,000円、最低309,100円)

 

平均体重236㎏ ㎏単価3,075円 平均日齢283日 DG0.83

 

去勢 761,901(最高964,700円、最低68,200円)

 

平均体重258㎏ ㎏単価2,958円 平均日齢274日 DG0.94

 

前回と比べ、メス約1 Read More »

By 植田秋良 on 2022/09/22 9:38

 

先日、

海道余市町にあるK農場さん

(モンガク谷ワイナリー:木原茂明さん)お伺いしました。

 

そこは小高い丘にあり、海を望むことができます。

 

とても良い景色です!

 

 

さて、K農場さんは約10年前に新規就農しました。

 

山林を開墾し、

土づくりに力を入れ、オーガニック農薬を使ってブドウを栽培。

 

 

収穫したブドウは自前の醸造施設(石造り)で、

ワインをつくり(自然酵母による)、販売されています。

 

商品は毎年、予約で売り切れるほど超人気のようです!

 

 

モンガク谷ワイナリーさんホームページ

              ↓↓↓

 

 

https://mongakuwinery.com/

 

さて、そんな農場の一角(丘の頂上)に

春から初冬にかけて羊を飼っています。

 

羊を飼うのは、お肉生産だけでなく、

排泄されたふん尿が土づくりに役立つという

循環型農業の考えからです。

 

 

さらに今後は山林を開墾する目的も含め、

牛や豚の飼育を考えているとのことです。

 

いよいよ、

本格的な循環型農業を実践されることになります。

 

K農場さんなら、

きっと上手く実現されることと思います。

 

どのようになっていくか、とても楽しみです!

 

 

それでは農場の益々のご活躍を祈っております!

 

 

乞うご期待です!!

 

By 岩本尚吾 on 2022/09/19 20:20




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。



今は、台風の被害が気になってしまいますよね。



皆さま や 牛たち、牛舎など に 被害がなければ良いなと思っております。


どうか お気をつけてお過ごしくださいませ。



実は、今 ラボジェネターホームページのリニューアル 準備をしています。


11月中には、新しいホームページを見せることができるのではないか


と思っています。


ただ、僕の準備が全くできていなくて 


関係者のみなさま(インフォネットさん)には大変ご迷惑をかけております。


ホームページの作成についてはインフォネットさんにお願いしております。

  ↓↓↓↓↓

株式会社インフォネット (e-infonet.jp)



インフォネットさんには 大変お世話になっております。 


ホームページの作成について興味のある方がいましたら、


是非、インフォネットさんにご連絡くださいませ。


ホームページにより(もちろん、FACEBOOKなどのSNSでも良いと思うのですが)


自社の牧場をアピールできる部分があると思います。


従業員さんの募集でも プラスに働くと思いますよ。 



ところで・・・



少し前に、気になった本(雑誌)を発見して買いました。







☆ PRESIDENT 松下幸之助 新・名言録(プレジデント社)




先ずは、目次を見ました。


フムフム・・・ 


おもしろそうな記事がたくさん載っていました。



・”答えがない時代”に道を開く名言30選 



・日本人だけが知らない日本の未来 



それぞれ、おもしろそうですよね。 



僕は目次を見て、最初に読むものを決めることが多いです。



その中で・・・



あっ、これ めっちゃ読みたい と 圧倒的に 僕を惹きつけるものがありました。



それは・・・



・男が気付かない、女の「脈ナシ」サイン

 (銀座ママは知っているイイかげんな男たち⑥) 





 ・・・・・  





人生日々勉強ですよね。 



次こそは、皆さまにとって プラスになるようなことを書きたいと思っています。 






By 中紙育朗 on 2022/09/16 8:59





皆さま、こんにちは!!






今月の和牛肉はこちらの県からです









写真を見ただけで、ピンとくる方がいらっしゃるかと思います





僕は、この火山を見ると『帰ってきたー』と思うようになってきました(^^;





今月は「鹿児島黒牛」です!!






「鹿児島黒牛」とは、鹿児島県での飼養期間が最長かつ






最終的に鹿児島県で飼われていた、黒毛和種の牛肉になります






JA鹿児島経済連さんの直営店





伊敷台にあります  焼肉「和華」 さんで






いただきました













ランチメニューが沢山あり、悩みましたが





鹿児島黒牛焼肉御膳を選びました。





















ロース、モモ、赤身肉すべて






西之表市(種子島)産まれ、鹿児島市育ちの同じ農家さんのお肉でした。






最高に美味しかったです













焼き野菜とライスはおかわり自由!!





食後に、さっぱりとシャーベットも






こんなに美味しいく、豪華ですが 2,948(税込)と






お値段は安く感じ、コスパ最高でした!!







また、行きたくなってしまいます










さて、話は少しかわりますが





その鹿児島で、来月の6日から10日まで





5年に1度の和牛フェスが行われます









和っ!と驚く美味さが牛っ!と詰まった


    和牛の魅力を鹿児島から











一般来場の方も、楽しんでいただけるかと思いますので




是非、お越しくださいませ!!





By 礒 匠 on 2022/09/15 20:42

 

皆さんこんにちは。

道東・関東担当の礒です

 

今週行われました

十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは、出場した主な種雄牛ですが

以下の通りです

10頭以上の出場の種雄牛を抽出)

 

 

 

次に結果です

 

先月比+30,000円となり

全体的に平均も高いなという印象です。

 

要因としては上物を買う購買者さんが多かったこと

平均より下の牛を買う方も強く

全体として底上げされたのではないでしょうか。

 

 

 

参考までにチェックした牛の価格を載せます

 

 

価格は税抜きです

 

今回のセリの印象として

とにかく、増体の良い牛が高かったという印象でした

去勢は高値の牛の体重など見ても

発育の良い(良すぎるくらい)牛ばかりですよね

 

今、期待されている

・北美津久(美津照重-安福久-平茂勝、ジェネティックス北海道さま)

→各地でわれている枝肉は去勢、メスともに枝重も取れてBMSも優秀

 

・福之鶴(福之姫-美津照重-忠富士、家畜改良事業団さま)

→ゲノム評価でBMSがとても良い

 

などの種雄牛も今後、楽しみですね!

 

 

以上、簡単ではありますが

市場結果のお知らせでした!

 

 

By 中紙育朗 on 2022/09/12 8:57



前回に続き、入賞牛の結果を書きたいと思います。






銅賞1席


大分県   (株)浦田牧場  様


加代白清ー幸紀雄ー安福久   枝重 538.8キロ  ロース  96㎠


バラ厚  8.2㎝  歩留基準  79.5


枝肉単価  4,500円

















以下銅賞牛は出品番号順になります。




福岡   (有) 三宅牧場   様


若百合ー美国桜ー華春福   枝重  511.1キロ  ロース 122㎠


バラ厚  9.0㎝   歩留基準 83.5


枝肉単価  3.500円



















宮崎県   乙守  治雄   様


耕富士ー勝平正ー隆桜    枝重  565.9キロ  ロース 93㎠


バラ厚  10.1   歩留基準  79.3


枝肉単価   4.200円






















熊本県    中村  正志    様


秋忠平ー安福久ー百合茂  枝重 546.1キロ ロース 98㎠


バラ厚  9.7㎝   歩留基準  79.2


枝肉単価  3,500円




















鹿児島県  (同)林ファーム  様



喜亀忠ー美国桜ー安福久   枝重 570.8キロ ロース 127㎠


バラ厚  10.4㎝   歩留基準 84.5


枝肉単価  3,500円


















上記のような結果となりました。



前回の①から続きで書きましたが、同じBMS12でも、全て違っていて



僕はとても面白かったです。




振り返ると、120頭出場中、79頭がBMS12番でした。



何年か先の一般出荷もこのようになっているのかな・・・



これからの改良はどのように進んでいくのだろう と感じた共励会でした。







By 岩本尚吾 on 2022/09/07 23:29



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




ある牧場の牛舎の中に入る。



そうすると、子牛たちが寄ってきて舐めてくる。



”ここの牧場は、牛たちがストレスなく育っているから人懐っこいなぁ・・・” 



別の方が、同じ牧場に行き 子牛たちを見る。



そのときに感じたのは、牛舎の鉄のサクを舐めている子牛が多いということだった。



”ここの牧場は、子牛の微量ミネラルが足りていないのかもな・・・” 



同じ牧場の子牛を見て感じた 二つの意見です。



牛だけじゃなく、牛舎環境だったり、職場環境だったり、物事もそうだと思うのですが、


同じものを見ても いろいろな見方 や 感じ方 がありますよね。



オモシロイなって思います。 



畜産業界を含め、どの業界の現状も同じなのかもしれませんが いろいろと大変ですよね。


今は、少なからず我慢しなきゃいけないことがあるかもしれませんね。



現状がヤバイと感じてストップするのか


ヤバイけどチャンスがあるかもと感じ行動するのか


お金があったらいろいろできるのになあ(でも手元にないからできない)と感じるのか


お金があったらいろいろできるのになあと感じて


すでに、お金を借りて一歩踏み出しているのか・・・



いろいろありますよね。 



といいますか、人生いろいろですよね・・・  




さきほど・・・



個人的に、いろいろと悩んでいることがあって 時間は遅かったのですが、


福岡にいる 大野先輩 に 連絡しました。


先輩が話を聞いてくれたので、心が落ち着きました。 


困っているときって 誰かが助けてくれるものですよね。


僕は いつもいろいろな方に助けてもらっています・・・ 




慶樹さん 今日はありがとうございます!! 


慶樹さんのおかげで 心が穏やかになりました。 


といいますか、 慶樹さんって 本当に 弁護士さん だったのですね。  





皆さま もし何か困ったことがありましたら 


大野慶樹法律事務所へご相談くださいませ・・・ 

   ↓↓↓↓↓

弁護士法人 大野慶樹法律事務所|福岡の弁護士法律事務所|Keiju Ohno Law Office






あっ、 皆さまは なにごともなければ良いのですが・・・・・ 







By 植田秋良 on 2022/09/05 12:36

 

912日の2日間、

南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,433頭でした(素牛のみの頭数)

 

1日目メス345頭、去436

2日目メス244頭、去408

 

主な種雄牛は以下の通りでした(上場頭数が多い上位10頭)

 

福之姫   234頭(メス89頭、去145頭)

勝早桜5  165頭(メス73頭、去92頭)

百合白清2  73頭(メス23頭、去50頭)

若百合    65頭(メス28頭、去37頭)

知恵久    57頭(メス26頭、去31頭)

美国桜    57頭(メス11頭、去46頭)

鈴音     56頭(メス29頭、去27頭)

諒太郎    51頭(メス22頭、去29頭)

紀多福    49頭(メス22頭、去27頭)

美津照重   42頭(メス17頭、去25頭)

 

 

平均価格は以下の通りでした(税 ... Read More »

By 中紙育朗 on 2022/09/04 8:06



皆さま、こんにちは!!




昨日、9月3日に福岡県太宰府市で行われました、




第46回 九州管内系統和牛枝肉共励会に行かせて頂きましたので




その結果を書きたいと思います。




九州と沖縄から選抜された15頭が出場されます。




主な出場資格は、出荷月齢が30ヶ月未満で肥育期間は14ヶ月以上




生体重量は着時870kg以下になります。




団体優秀賞は6連覇しておりました鹿児島県が




今回、出品された15頭、全てBMS12という好成績を収め




今年も団体賞を勝ち取りました!!






入賞牛全てA -5 BMS12になります。





金賞

鹿児島県 (株)中山畜産 様



若百合ー安福久ー百合茂  枝重 579.5キロ ロース 113㎠


バラ厚 10.8㎝ 歩留基準 82.1


枝肉単価 8,800円














銀賞1席


長崎県  喜々津 昭 様


金太郎3ー安福久ー百合茂   枝重 535.4キロ ロース 102㎠


バラ厚 9.7㎝ 歩留基準 80.5


枝肉単価 6,000円














銀賞2席


佐賀県  からつ前田畜産(株)  様


安亀忠ー百合茂ー安福久   枝重 514.5キロ ロース 96㎠


バラ厚 9.3㎝   歩留基準 80.0


枝肉単価 5,000円














銀賞3席


鹿児島県 (有)徳重和牛人工授精所  様


幸紀雄ー諒太郎ー安福久   枝重 533キロ  ロース 94㎠


バラ厚 9.8㎝   歩留基準  79.5


枝肉単価  4,500円















次回に続きます。




※9月4日 13時 

 長崎県 喜々津さまのお名前を間違いておりました。

 訂正してお詫び申しあげます。

 誠に申し訳ございませんでした。


By 岩本尚吾 on 2022/09/02 16:29



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



昨日(9月1日)、日本産業動物獣医学会に参加してきました。


開催された場所は 母校の帯広畜産大学でした。













講演内容は いろいろあったのですが・・・


先ずは、大学時代の先輩や後輩、同級生に久しぶりに会うことができ嬉しかったです。 



10年ぶりに会った むかし怖かった先輩は とても優しくて、


20年ぶりに会った後輩は とても有名な馬の獣医さんになっているし、


久しぶりに会った同級生は(以前は NOSAIさんで働いていたのですが)、


今は 車体工業の会社で働いていたり(でも、なぜか!?学会に参加していました) 


ある後輩は 仙人のような風貌の開業医さんになっていたり・・・ 



人生いろいろありますよね(すべて獣医さんの話です)。



でも、それぞれ それぞれの分野で活躍しているオーラを出していましたよ。 



講演については・・・


ランチョンセミナーにて(お昼ご飯を食べながら講演を聞きます)


”抗菌剤の使用量低減による薬剤耐性対策を目指して” 


のなかで 生菌剤のことについて 話をしてくださった先生がいました。













☆生菌剤投与により大腸菌数が減少(先行投与でより顕著)


 ⇒ ある種の有益菌数を増加させる可能性を示唆





加藤 敏英先生 とてもオモシロイ講演でした。 ありがとうございます!!


☆上記の写真2枚は 加藤先生の講演での スライドです。




病気になって治療することは もちろん重要だと思いますが、


病気にならない(牛たちのストレスを少なくする)ような 環境作り や 飼養管理 が


大切だと思っています。



牛たちにとって、


いつでも 美味しいご飯を(ある程度 お腹いっぱい)食べることができて


いつでも 新鮮な水が飲めて


いつでも ゆっくり眠ることができる環境をつくってくださいませ。 




人間も同じですよね。