自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年10月>
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
月別の過去ログ
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/10/18 9:47

 

今週は十勝の市場に行ってきました。

 

 

主な種雄牛は

勝早桜5 281頭     花国安福 234頭     美津照重 184頭     美津百合 108

美国桜 104頭        芳之国 95頭      幸紀雄 86頭      秋忠平 81

第1花藤 76頭       安福久 64頭       光平照 61頭      百合茂 34

隆之国 34

 

 

結果

            出場数        成立数          最高価格         最低価格      平均価格(税込)

めす        723            635              1,213,920             180,360       707,516

去勢        996            899               1,242,000            292,680       820,987

 

先月比めすで約27千円のマイナス、去勢で約6千円のマイナスでした。

 

 

 

勝早桜の精液が手に入りにくいこともあり

気高系の秋忠平(勝忠平-平茂勝-安平)、諒太郎(勝忠平-安福久-平茂勝)の頭数がグンと増えた印象があります

 

秋忠平は素牛の段階では比較的良い牛が多く、期待できそうです。

ちなみに9月の素牛市場で秋忠平は

 

出場頭数    平均体重     平均日齢            平均価格(税抜   DG

   32頭             334kg             266日             810,281            1.14

 

 

という平均以上の結果でした。

期待されていますね!

 

 

参考にしてみてください

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/10/14 21:39




先週開催されたある共励会の結果を書きたいと思います。



出場頭数は21頭(去勢20頭、メス1頭)。



その中に 安福久母牛の牛 が 7頭、安福久3代祖の牛 が 2頭いました。



結果としては 21頭の平均BMS が 9.6 というハイレベルな共励会でした。



ちなみに、BMS12 が 5頭、BMS11 が 5頭 いました。



☆  導入時の 日齢は 273日 体重は 300キロ
  

   肥育期間 20.7か月 枝肉重量 は 529キロでした (21頭の平均です)。



その中で・・・



チャンピオン(1席) は 幸紀雄ー美国桜ー安平(去勢)


A5 BMS12 ロース108 バラ 9.7 枝肉重量 550キロ 枝肉単価 3450円 でした。



2席は 勝忠平ー安福久ー百合茂(去勢)


A5 BMS12 ロース76 バラ 8.3 枝肉重量 504キロ 枝肉単価 3350円



3席は 幸紀雄ー金照ー百合茂(去勢)


A5 BMS12 ロース 71 バラ 7.7 枝肉重量 475キロ 枝肉単価 3250円




チャンピオンは 美国桜母牛の牛 でした。  




ちなみに、もう一頭 美国桜母牛 が 出ていましたが その牛も BMS12 でしたよ。



美国桜母牛 も これから楽しみですね。 




もちろん、美国桜 に 限らず



隆之国、光平照、幸紀雄・・・  宮崎県 だったら 秀菊安だったり・・・



そういった血統が2代、3代祖に入っていると肥育農家さんを惹きつけると思います。



もし良い子牛がいましたら、母牛として残してくださいませ。 



☆今回のブログは 10月5日開催 第2回 さつま肉牛研究会枝肉共励会


  の結果より書いております。





     ・・・・・・・





今週11日 薩摩の子牛セリ(二日目)に行ってきました。 



平均価格 は メス 74.5万円 去勢 83.4万円(税込)



9月に比べ、1頭当たり 約5.4万円安 でした。



ただ、130万円(セリ価格)を超える子牛(去勢) も 数頭いたり 



価格の幅が かなり広がっていました。


(どこの市場も同じなのかもしれませんが・・・)




今月開催された 薩摩家畜市場子牛セリ の 詳細については



鹿児島・宮崎・沖縄担当 の 中紙育朗 が 書きます。   育朗 頼むね!!  






投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/10/12 23:29





前回の つづき なのですが・・・





別の肥育農家さんのところへ行ったときに



またもや!?事務所のテーブルに 肥育データが置いてあり



”そういえば この前の成績は・・・ ”



という感じで 肥育成績を見ることになりました。

(肥育牛 6頭を出荷したデータだったと思います)



その時(今から 約19か月前)あった 子牛セリで トップだった牛が



やはり高値で販売されていたり(BMS12 で 枝肉重量もありました) 



そのトップの牛より 30万円以上安く買っていた子牛が



そのトップの牛と 同じような価格で販売されていたり 



一方、別の牛のデータを見ると


子牛セリで買った価格と同じような値段で 肥育牛が販売されていたり・・・ 

(約20か月 肥育すると エサ代などで 約45万円かかります)



いろいろあるのだなぁ と思ってしまいます。




繁殖農家さんの気持ちの中では



”子牛セリで買った子牛 と 20か月間 肥育して売る牛が同じ価格なんて・・・ ”



と思ってしまうかもしれません。



ただ、 肥育期間中 病気になり大きくならなかったり



病気しなくても 思ったより喰い込めなかったり



5等級 いくかなと思っていた牛が 3等級だったり すると

(今の枝肉相場では 3等級の枝肉価格が安くなっています)



子牛価格と 同じような価格で 肥育牛を売るということも起きてしまいます。




もちろん、出荷前に 事故などがあると



エサ代 プラス 素牛代(子牛価格)分のマイナスになり・・・・・ 




繁殖農家さんの事故も大変なのですが



肥育農家さんは子牛を買っている分 ダブルパンチ!?みたいになってしまいます。




肥育農家さんだけでなく、繁殖農家さんもなのですが



牛達が事故なく 無事出荷できますように



いつも以上の牛達の観察、飼養管理の徹底、牛舎環境の改善 を よろしくお願いいたします。 







投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/10/10 10:04

 

10月4~5日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は2日間で1,638頭(メス615頭、去1,023頭、素牛のみ)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 706,848円(前月722,239円、前々月729,787円)

去勢 816,344円(前月849,219円、前々月854,326円)

先月よりメス約1.5万円安、去勢約3万円安でした。

主な種雄牛は以下の通りです。
勝早桜5 226頭、美津照重 183頭、美国桜 141頭、

幸紀雄 118頭、第1花藤 115頭、花国安福 89頭、

美津百合 67頭、隆之国 64頭、芳之国 55頭、など

 

傾向は先月よりスソモノの価格が下がり、

更に価格差ができていました。

メス去勢ともに4050万円の牛が少なくありませんでした。

一方、上物は変わらず100万円以上で取引されていました。

それでは参考までに高額で取引された牛を載せます(セリ価格)。

【メス】

金太郎3-隆之国-安福久 248日齢289 984,000

百合茂-安福久-平茂勝 296日齢345 954,000

勝洋-第1花国-安福久 308日齢379 903,000

 

【去勢】 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/10/06 19:29




肥育農家さんと話をする時、その方の肥育データを見せていただくことがある。



企業秘密!?だと思うので、自分から ”見せてください” ということはないのだが、



肥育農家さんの事務所などで話をしているときに



たまたま テーブルの上に置いてあったりするので



”そういえば この前の結果は・・・ ” 



となることがあり 肥育成績を目にするようになる。



導入時の体重 や セリ価格、血統、繁殖農家さんの名前など と一緒に



肥育した結果の枝肉重量、BMS、ロース、バラ、 枝肉単価などが 書いてあったりするものだ。



そのデータは 人それぞれで、



エクセルでデータ化されていて プリントアウトされていたり



枝肉の格付けのFAX用紙に そのまま書かれていたり



何かの紙!?に 無造作に書いてあったり・・・ 



本当に 人それぞれで オモシロイです。 




先日、ある肥育農家さんのところで話していた時に



”この牛、全然食べなくなって もうダメだと思ったんだけど・・・ ”



そう言って その牛の肥育データを見せてくれた。



その牛は 去勢で 枝肉重量 は 422キロ。


☆ちなみに、平成27年度の枝肉成績とりまとめ によると
 

  枝肉重量の平均は 去勢 486キロ メス 432キロ ということでした。 




やはり 喰い込めなかったから 枝肉重量は 422キロ だったのか・・・



と思い ロース芯 面積を見てみると・・・



ロースは 101 も あった。 



ちなみに BMS は 12 でした。



喰い込んでいなくても そんなことってあるのかなって思った。



血統を見ると、安福久母牛の牛 でした。  遺伝能力ってスゴイなと感じました。



☆もちろん、そんな牛ばかりではないことは分かっているのですが・・・ 






つづく・・・






投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/10/01 23:29




昨年の11月に 問い合わせのメールをいただき、会うようになった方がいます。



その方(Tさん)は 農家さんというより 牧場の指導などをする方なのだが



僕は Tさん の お話を聞くのが好きです。 




少し前に、 Tさん と お会いした時のお話では・・・




Tさん: ” 畜産は、 いろいろな意味で厳しくなっていくね。


       知恵を出していかなきゃいけないね。 


       これから おもしろくなるね・・・ ”      





何が起きても  おもしろくなる と 考えると オモシロイ ですよね。  
 



もちろん 物事って そんなに単純なものではない と 思うのですが 



自分自身の考え方 ひとつ なのだと思います。





竹内さま いつもありがとうございます。 






投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/09/29 18:36

 

こんにちは。

北海道担当いそです。こちらは朝晩、寒くなってきました。

もう冬ですね

 

繋ぎ牛舎やフリーストール牛舎で牛のマットを使っている人は多いと思います。

コンクリートより牛の肢にも優しく生産性アップにもつながるのではないでしょうか。

経営には牛の健康も大切ですが、人も健康でなくてはいけませんね

 

 

 

さて、繋ぎ牛舎での搾り作業は足腰が鍛えられるかもしれませんが

奥様方なども膝や腰が痛いという人はおおいかもしれませんね

 

 

そんな時は、人の通路にもマットを敷いてみてはいかがでしょうか

実際に、繋ぎ牛舎で搾っている奥さんのお話ですが

 

『中央の通路に分厚いマットを敷いたおかげで

搾乳する時に立ったり座ったりするけど痛みが大分楽になったよ』

とのことでとてもおすすめしていましたよ!

  

 人も牛も健康が一番ですね!

このような話が当てはまる方はぜひ、検討してみてはいかがでしょうか!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/09/25 13:47

 

先日、H農場さん(和牛一貫)を訪ねたところ、

前日に生まれた品の良い子牛(メス)がいました。

種雄牛はジェネティクス北海道さんで現場検定中の

H黒‐283「勝俊久」(勝忠平-安福久-平茂勝)という牛です。

実は生まれも育ちもH農場さんで、高育種価の安福久母体

(名前:はうおり)から生まれました。

そして、写真左にいる母牛はこれまた同農場さんの

高育種価の北乃大福母体(2代祖第2平茂勝)とのことです。

おさらいするとこの子牛の血統は

勝俊久-北乃大福-第2平茂勝になります。

母系、父系ともにH農場さんの思い入れが詰まった

“楽しみな逸材”ですね!

ちなみにこの子牛は肥育されるとのことで

32か月後(東京オリンピックの直前!)、乞うご期待です!

勝俊久の全兄弟も元気に背中モリモリ肥育中でした~!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/09/25 11:56

 

宮城全共が終わり、参加された皆様は

すっかり日常の生活に戻られていることと思います。

遅ればせながら、宮城全共にて弊社(※㈱ラボジェネタ―)

のブースに寄って頂いた皆様、

誠にありがとうございました!!

 

全共の結果はもうご存じだと思いますので

割愛いたしますが、

私の担当地域である北海道の総合成績は、

前回の長崎全共より良かったとのことで

とても嬉しく思います。

 

ただ、鹿児島、宮崎、大分などの九州勢の力は

群を抜いており、さすがでしたね~!

 

5年後の鹿児島全共、そのまた5年後の○○全共が

どのような大会になるのか今から楽しみです。

 

最後に牛を出品されました皆様、関係者の皆様、

来場されました皆様、大変お疲れ様でした~!!

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/09/22 10:14

 

今週は十勝の市場が開催されました

 

 

主な種雄牛は

勝早桜5 299頭  花国安福 246頭  美津照重 203頭  美津百合 124

芳之国 117頭   幸紀雄 100頭   安福久 84頭   美国桜 66

光平照 53頭   秋忠平 47頭  百合茂 46頭  直太郎 42

 

 

結果

    出場数  成立数   最高価格   最低価格    平均価格(税込)

めす   668     649       1,033,560   299,160       734,921

去勢   1054  1006           1,205,280   324,000       827,149

  

先月比めすで約35千円のプラス、去勢で約2万円のプラスでした。

 

僕が見に行ったのは1日目のみですが、

今回は、比較的100万円台の牛も多くなく

平均価格くらいで成立する牛がギュッと集まっていた

ような印象でした。

 

最近の差がはっきりしている傾向とは

少し違っていました。

もちろん、今回の全体的な牛の感じと

購買者の影響などがあると思います

 

 

去勢

勝早桜5-安福久-金幸    253日齢 383kg  935,000円(セリ価格)

勝早桜5-美国桜-忠富士   289日齢 345kg  929,000円(セリ価格)

秋忠平-安福久-平茂勝    250日齢 308kg  906,000円(セリ価格)

 

めす

金太郎3-安福久-福桜(宮崎)  266日齢 353kg  932,000円(セリ価格)

第1花藤-安福久-平忠勝   279日齢 314kg  832,000円(セリ価格)

安福久-勝忠平-安平     282日齢 317kg  807,000円(セリ価格)

また、今回

気になる繁殖F1がいました。

281月生まれの芳之国のF1めすに

受精卵 勝早桜5-安福久-百合茂 がお腹に入った牛

が出ていましたが

682,000(セリ価格)だったようです

 

以上、9月の和牛市場報告でした!