自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<July 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
Monthly
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 堀田忍 on 2020/07/04 17:34

どうも堀田です

先日の記事「注意一瞬!怪我一生!」の牧草裁断機の写真を載せておきます



実際にお使いの方も多いと思いますが・・・・


「レシプロ700」といいます











くどいですが、みなさん気を付けましょう!

By 植田秋良 on 2020/07/03 14:05

 

712日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,642頭(メス700頭、去942頭 ※素牛のみ)で

前月より86頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 238頭 前月233頭、前々月194頭)

愛之国  182頭 (前月176頭、前々月147頭)

福之姫  128頭 (前月153頭、前々月127頭)

美津照重 113頭 (前月117頭、前々月122頭)

美国桜   93頭 (前月 82頭、前々月115頭)

幸紀雄   87頭 (前月104頭、前々月105頭)

諒太郎   80頭 (前月 66頭、前々月 92頭)

百合白清2  71頭 (前月 65頭、前々月 82頭)

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 600,858(前月603,905円、前々月611,073円)

去勢 695,188(前月700,949 Read More »

By 堀田忍 on 2020/06/30 18:49

堀田です

引き込み防止や、食い込みアップのため

設置してる農家さんも多いし

自分もおすすめしております





けど、年イチくらいで

怪我の報告きます

暑くて注意力散漫になりがちな季節ですが

「注意一瞬・怪我一生」


トラクター等の事故もそうです

とても便利で優れた機械ですが

ちょっとした油断で取り返しのつかないことになりますので

注意書きでもビシっと貼っておいた方がいいかもしれませんね






By 堀田忍 on 2020/06/29 22:36

関東担当の堀田です

とは言いつつ、やっと体重もどってきました



先日、「オガクズねー」と更新しましたが

ちょっと前に南の方に行ったら

新しい牛舎が、すっごい木造なんですよね
(もしくは、めっちゃ木を使ってる)



何日も巡回させて頂いたわけではないので

たまたまかもしれませんが・・・




生産者様も

「ん?オガクズ?あるよー」

てなもんです



そういや、自分まわってる地域の新牛舎・・・

全部鉄骨やな・・・








By 堀田忍 on 2020/06/29 22:12

どうも

デブです



大きな牧場に行くと

作業マニュアルが現場に張ってあったりします



従業員さんの為ですね







出来るだけ全員に話をするようにしてます・・・・

20代の若者にオジサンが話しかけたら「うざくねーか?」

と、ヒヤヒヤしながらですが、頑張ってます


なにかのきっかけで「アースジェネターええやん」

と、思ってくれる若者が増えるのはとてもうれしいのですが

が、が、が、良かれと思ってか大量に給与してくれる若者が

最近多いですw



ありがたいですが、いつかワテが怒られるので

ほどほどの山盛りでお願いしますw


※↑写真の農場はキッチリ規定量ですw

※給与量に関しては各営業マンか「お問い合わせ」からお願いします








By 礒 匠 on 2020/06/29 13:23

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です。

 

さて、ある酪農家さんを訪れた時のこと

バンカーサイロを修繕していました

 

長年の使用と劣化で砂利や削れたコンクリートが

むき出しになっていました

サイレージから出てくる酸でも劣化が生じるそうです

 

サイレージとともに砂利やコンクリを

すくってしまいエサとともに牛が

食べてしまうことが懸念されていました

 

そこで、アスファルトを4㎝ほどの厚さで

床面を覆うことで補修しました

 

アスファルトはコンクリートに比べ

すぐに固まるので工事期間が短く比較的安価で済みます

その反面、耐久性はコンクリートに比べ劣るようですが

今のところタイヤ痕などもつくことは無く

砂利などがエサに混入することもなくなったので

やって良かったとのことでした

 

1㎡あたり3000円弱のコストだったとのことです

 

補修依然の画像が無くて比較できませんが

キレイに整備されていますね!

 

サイレージの在庫があると工事ができないため

タイミングをみて行うことが必要ですが

少なからずプラスになるのではないかと思いました

By 植田秋良 on 2020/06/24 10:12

 

先日、今年2月から既存牛舎(コンクリート床)で

発酵牛床の活用を始めた()ある(・・)農場におた。

発酵牛床の活用は、育成舎および肥育初期(離乳~10か月齢頃)

までです。(主に後ろの寝床の部分。肥育初期は手前も含む。)

開始時に、発酵熱を持った中熟堆肥を投入して土台にし、

その上にオガクズを敷いたとのことです。

その後は、牛、発酵牛床の状態を見ながら、

時々、オガクズを足したり、耕運機をかけておられます。

発酵牛床の状態は、高いところで厚さ約3040㎝ほど、

しっとりフカフカで臭気は少なく、ほんのり暖かい最高の状態です。

牛の状態は、もともと良かったので一概に言えませんが、

手づや、肋張り、フンの状態など、とてもいい感じです。

発酵牛床の活用により、

  牛がよく寝て、(草を)食べるようになった(牛の健康増進)

  床出し及びフンを取り除く労力の削減(省力化)

※発酵牛床を始めた2月から床出ししていない

などの効果が表れています。

 

今後は、ますます気温が上がり、発酵が促進され、

より一層の発酵牛床の効果が期待できます。

 

とても楽しみです!

By 岩本尚吾 on 2020/06/23 23:29





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



今日は 6月23日ですが、2日前の21日は 父の日 でしたね。 




正確には、父(が妻《母》のために なにかプレゼントを贈る)の日 です。






皆さま もちろん 実行できていますよね。 






もしかしたら・・・  プレゼントなんか しても しなくても




どちらにしても 文句を言われるから 同じだと 思っていませんか。 





もちろん、 なにをしたとしても 同じなのですが 





文句を言われ続けても 継続してみましょう。




もしかしたら、 なにかが変わるかもしれません。       I wish...






今、僕は 出張中なのですが



今月19日 山形空港を利用したときに  空港で サクランボを いただきました。 











そのことを 家族に 伝えると  




”家には サクランボ届いていないよ”   と言われ・・・ 




サクランボ を 父の日のために わが家へ送りました。



サクランボは 妻の日に 間に合わなかった(届かなかった)ようで 文句を言われましたが・・・ 






ところで・・・





牛舎へ行った時の あるある なのですが・・・





農家さんのところへ行き 牛舎の入り口で 長靴を消毒して 牛舎に入り・・・





岩本 :  ”こんにちは!!”





牛舎は 誰もいないので シーン としています。






でも  誰かの 視線 ・・














あっ・・・
















好きです❤  









次回こそ 皆さまにとって なにかプラスになるようなことを書きたいと思っています。  








By 礒 匠 on 2020/06/22 10:35

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です

 

先週の十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは種雄牛の内訳です

 

勝早桜5 299頭  愛之国 211頭  秋忠平 173頭  美津照重 157

福之姫 151頭  花国安福 124頭  幸紀雄 108頭  勝乃幸 80頭      

百合白清2 76頭  美国桜 71頭  福増 66頭  諒太郎 62

金太郎3 44頭  梅栄福 44頭  第1花藤 30頭  茂晴花 30頭  ほか

 

結果(税込)

メス 

出場874頭 成立815頭   最高  1,930,500円 最低310,200円 平均 568,101円 

去勢 

出場1,207頭 成立1,097頭 最高  929,500円 最低 165,000円 平均661,193

 

先月と比べると

メス プラス8,000

去勢 マイナス3,000円 

となりました。

 

参考までに高値で取引された牛です(セリ価格)

去勢

272日齢 378㎏  百合白清2-美国桜-安福久  845,000

258日齢 384㎏  福之姫-百合茂-安福久    843,000

247日齢 357㎏  花国安福-金太郎3-安福久  816,000

 

メス

306日齢 316㎏  百合茂-安福久-平茂勝    1,755,000

302日齢 327㎏  安福久-美国桜-忠富士    1,276,000

305日齢 323㎏  美国桜-勝忠平-安福久    825,000

 

1,755,000円の牛はお母さんが高育種価の牛だったようです

血統もさることながら牛なりもとても良かったです

 

 

繁殖農家さんの中には増頭を考えており

雌牛を導入している方も見受けられ

割高になっていた気がします

 

以上、結果報告でした!

By 岩本尚吾 on 2020/06/17 16:39




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。



今日の北海道 帯広は 穏やかな天気ですよ。 




少し前のことなのですが・・・




ある繁殖農家さん(Hさん 仮名)のところへ行ってきました。



その農家さん(Hさん)は、僕の知っている農家さん(Aさん 仮名)が牛飼いを辞める時に



数頭(4~5頭)妊娠牛を買ってくださっていた方でした。



その妊娠牛は和牛ではなく、F1のメスでお腹の中に和牛の受精卵が入っていた牛でした。



Aさんの地域では F1メスを レシピエントとして活用している農家さんは少なくて



なかなか売り先が見つからなかったのですが その牛達をHさんが買ってくださいました。



HさんがAさんの妊娠牛を買ってくださったのは



Aさんが 困っていたということもあったと思いますし



Aさんが Hさんの後輩だった ということもあったのだと思います。



☆ちなみに、Aさんは 僕の昔からの知り合いで僕の後輩でもあります。




以下は Hさん と 僕の会話です。




Hさん : ”岩本さん、 この前 Aさんの牛から産まれた子牛たちを出荷しましたよ”



     ”高く売れたので儲かりました。  良かったです” 




     ”子牛が産まれた後、レシピエントに受精卵も着きましたよ” 




岩本 : ”Hさん 良かったですね” 




     ”あの受精卵の血統って 幸紀雄ー安福久 とかが多かったですよね” 




     ”Aさんが困っていたときに Hさんがその牛を買ったので



      
      そうなった(子牛も無事に生まれて利益も出た)のだと思います”




     ”正直に言って、環境も変わるので流産していたとしても おかしくないですよ”




     ”もちろん、そういうことは 確率の問題 なのかもしれないのですが




      やはり困っている人を助けると そうなる(良い方向に進む)のだと思います”




Hさん : ”そうですよね・・・  僕も そう思っています” 





   ・・・・・・・





Hさんから Aさんの牛達の話を聞き、僕は 嬉しかったです。 




困っている人に対して良い意味でアプローチすると、結局 そうなる(良い方向に進む)のだと思います。




もちろん、 このことも 確率の問題 なのかもしれませんが・・・ 





確率の問題だったとしても




結局、 確率的に そうなる(良い方向に進む)運命だったのではないでしょうか。 






ムフフフフ・・・