自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年9月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2018/09/25 16:03

 

皆さま、こんにちは!!

 

南九州・沖縄地区担当の中紙育朗です。

 

 

最近では?農場で働く従業員の方が多くなってきているように思います。

 

個人の農家さんでも、法人の農場でも多頭化しているからだと思います。

 

人数が増えるほど、農場長や経営者、従業員の方同士でのコミュニケーションが

 

大切になってきますよね。

 

 

農場長がいつも牛舎にいてくれると良いのかもしれませんが、

 

セリに牛を導入に行かれたり、会議だったり、牧草の収穫であったり・・・等々

 

留守の時があると思います。

 

 農場長が不在の時でも、個体の情報を共有する為にはメモや記録するのが

 

とても良いと思っています。

 

僕が行かせて頂く農場で、従業員の方がいらっしゃる農場では、

 

下の写真のように、働く全員がすぐにわかるようになっています。

 

とても優秀な3件の農場の記録をご紹介致します。

 

 

上の写真は肥育農場なのですが、エサが無くなった時間、増飼量とその日付が

 

書いてあります。

 

いつもはエサが無くなる時間にたくさん残っていたら、体温を測ったり、糞の状態や

 

顔つき、などを見て農場長にすぐ伝える事ができると思います。

 

 

 

上の写真2枚はそれぞれ別の農場で一貫農家さんになります。

 (見えにくく申し訳ございません)

 

様式は違いますが、

 

 ミルクの飲んだ量や残した量、スターターや飼料、粗飼料はどの位食べたのか

 

ワクチンの予定日などが書かれています。

 

情報を遡る事もできるので、獣医さんに見てもらう時がきたら具体的に伝えられます。

 

もし今されていないのでしたら、農場長や経営者の方に提案してみては

 

いかがでしょうか?

 

きっと喜んでくれると思います

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/09/25 13:49

 

先日、I農場さん(和牛繁殖農場)を訪ねました。

Iさんの素牛は状態が良く、

いつも市場で高く売っておられます。

その要因の一つとして手間を惜しまないことが

挙げられます。

その“手間”の一つとしてスーパーハッチの存在が

あります。

離乳した子牛を41群ほどにして

2~3か月間スーパーハッチで過ごします。

床の管理はオガクズの積み足しのみで

牛がスーパーハッチを卒業した時に

除糞するのでそんなに手間ではないのですが、

毎日の水と給餌がとても大変とのことです。

Iさん曰く、

『多くの方がそうだと思いますが、

 労力に余裕がなければとても手間がかかるので、

安易にお勧めできないのです・・・。

 ただ、牛にとっては一般の牛舎と比べて換気が良く、

 風邪などの病気が蔓延することなく、とても良いようです!』

と、おっしゃっています。

 

 

Iさんの今後ますますのご活躍を祈っております!

 

以上、スーパーハッチのご紹介でした!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/09/25 13:14

 

T農場さんにお伺いしましたところ、

子牛達が大きな鼻輪をしていました。

私は初めて見たのですが、

それは自然哺育の離乳時に

母乳を飲ませなくする為のアイテムでした。

価格は1つ1,000円ぐらいとのことです。

効果は以前より離乳時に鳴き続けることが少なくなり、

離乳のストレスが減っているのでは?

とのことでした。

 

お困りの方は是非お試しください!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/09/23 23:29




東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 



今月、ある九州の子牛セリに行ってきました。



セリ前の子牛を見ていると、ある繁殖農家さんに話しかけられました。




繁殖農家さん : ”岩本さん、 今回は、久しぶりにイイ感じになりました。



              佐賀の〇〇さん(イイ牛を買う肥育農家さん)も見てくれていました”




その繁殖農家さんは笑顔でした。 




ちなみに、その農家さんは、その市場でもトップクラスの篤農家さんです。



少しまで、 年に1~2回は その市場で去勢のトップを取っていたと思います。



僕の知っている肥育農家さんも その農家さんの子牛を肥育して結果を出していました。 




ただ・・・




ここ数年は、自分のところで産まれたメス牛を比較的多めに残していていることもあり



(血統の良い牛が多いということもあるのですが)



古い母牛と入れ替えても なかなか母牛の頭数が減らず



(といいますか、全体の頭数は やや増えているかもしれません  )



牛舎も 少し 密飼いになり・・・



以前のような、発育の良い子牛が減っていたのかもしれません。



(といっても、そんなに悪かったわけではないと思うのですが・・・)



その中で、今回は 笑顔の農家さんだったので、



以前 トップを取っていたような子牛のイメージに近かったのかもしれませんね。



その子牛を見ると・・・



もちろん、発育は良かったのですが 少し太っている と 感じました。



(あくまでも個人的な意見です)



佐賀の〇〇さんは見ていったかもしれませんが、〇〇さんがボタンを押す牛じゃないなと思いました。




ただ・・・   子牛セリでは、2人以上競れば価格は上がるし、



熊本の◎◎さんはボタンを押すとして、あとは△△ファームさんが押してくれれば良いな・・・



とか思いながら見てました。




結果は・・・




美津照重ー百合茂ー安福久(去勢) 276日齢 327キロ 88.2万円(セリ価格)でした。




この価格が、高かったのか 安かったのか は 今後の結果次第なのかもしれませんが



結局、 この日 100万円(セリ価格)を超える去勢が 5~6頭 は いたと思います。



この結果を見て、この繁殖農家さんがなにかを感じてくれたら良いなと思っています。





ある篤農家の肥育農家さんは言います。




   ”子牛セリでは、その子牛の将来性を買うんだよ。


     必要以上に太らせてくる必要はないよ・・・ ”






子牛セリに その時の 100パーセント(に近い状態)で持って行きたい



繁殖農家さんの気持ちは もちろん理解していますが、



子牛セリから 約20か月間肥育して その時に 100パーセントにしたい



肥育農家さんのことも 少なからず 意識してくださいませ。 





 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/09/18 17:17




東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



今年の夏は めちゃくちゃ暑かったですよね。 



九州や東北へ 出張へ行くたびに そう思っていました。



ちなみに、今朝の帯広は 11度でした。 



こちらは だんだん冬が!?近づいてきております。 



もちろん、まだまだ暑い地域もあると思うのですが・・・ 




今年は、寒冷紗 や 扇風機の設置、細霧装置の設置など



改めて、暑熱対策をした方も多かったのではないかと思います。



一度対策をしておくと、来年からも活きますよね。 



細霧装置に関しては、これから 風邪の予防 にも使えると思います。




ところで・・・




扇風機の設置 と ともに 換気扇の設置 も 個人的には大切だと思っています。



特に、牛舎内の空気を外側に出す 換気扇 です。



牛舎によっては たくさん扇風機が付いていて



1頭当たりの広さも 十分にあるのに



換気が悪くて(牛舎内で空気〈臭気〉が循環しているだけになり)



臭気が強い牛舎もあるのではないでしょうか。 





ある九州の肥育農家さんのところの写真なのですが・・・




















すべての牛舎に(牛舎の外側へ空気を出す)換気扇を付けていました。




しかも、すべて 後付け だったと思います。 




後付けなので、換気扇の場所がいろいろですよね・・・   ムフフ・・・ 




換気扇を 後付けするのは手間がかかるので



大変だったんじゃないかなと思い 質問してみると



肥育農家さん : ”グラインダーで穴をあけて取り付けるだけやけん大変じゃないばい。



            電気系統は頼んだばってん”   ということでした。





すべて自分でする必要はないと思うのですが(時間も手間もかかりますので)



こうやって行動する方が 他のことも行動できるのかもしれませんね。 





換気扇に関しては 牛舎の臭気が気になる方は(呼吸器系の病気が気になる方も)



是非、考えてみてくださいませ。 







投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/09/17 17:16

 

皆さんこんにちは。

道東担当、礒です

 

さて、少し前にある酪農家さんに聞いた話ですが

 

 

社長「そういえば最近、体細胞数が減って、乳量も少し上がって来たんだよ!」

 

いそ「それは、なにが要因ですかね?」

 

社長「搾乳手順マニュアルをもう一度、見直して改善して従業員さんと改めて確認したんだけど・・・」

 

 

こちらの酪農家さんは、乳頭洗浄機を使っています。

ですが、今までは時間短縮で本来は一頭30秒のところ

半分の時間で乳頭を洗浄していました。

 

それを、しっかりと30秒間乳頭洗浄をするようにしたそうです。

 

大きく改善したことはそれだけですが

1週間ほどで体細胞数が下がり、乳量も徐々に上がってきたそうです

 

今までよりも少し時間はかかりますが

成績が良くなり、従業員の皆さんのモチベーションも上がっている

とのことでした!

 

「めんどくさがらずに、最初から乳頭洗浄機の説明書どおりにするべきだったよ」

 

と、この酪農家さんが言っていましたが

このような例だけではなく、

どうしても手間を省こうとしてしまいがちですが

正しく使うことや用法・用量などを守ることが大切なことだと感じました!

 

栄養面、安楽性、搾乳手順など

生産性を上げる要因は複雑だとは思いますが

ちょっとしたことでも意外と重要で、

大きな改善の余地ってあるものだなあと思いました!

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/09/14 16:30

 

先週、南北海道肉牛市場が開催されました(※1日目のみ開催)。

1日目は台風21号の影響で停電した為、

6時間遅れの16時頃から開始し、F1のセリは行われませんでした。

2日目は北海道胆振東部地震により延期となり、

来月に10月分とまとめて開催されることとなりました。

 

それでは1日目のみの結果をお知らせいたします。

上場頭数はメス325頭、去489頭(素牛のみの頭数)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 727,142円(前月716,822円、前々724,720月)

去勢 807,397円(前月825,158円、前々月800,202円)

先月よりメス約1万高、去勢は約2万安でした。

主な種雄牛は以下の通りです。(※頭数は2日分です。)

勝早桜5 321頭、美津照重 136頭、幸紀雄 136頭、

美国桜 134頭、第1花藤 104頭、花国安福 79頭、

諒太郎 57頭、隆之国 48頭、など

 

台風の影響なのか、やや購買者が少ないように感じましたが、

価格にどれほど影響していたのかはわかりません。

全体的に価格が落ちていて、去勢トップで100数万円が

20頭もいなかったようです。

メスは安福久の次に、美国桜が高かったです。

それでは参考までに数頭ですが取引された牛を載せます(セリ価格)。

 

【去勢】

勝早桜5-安福久-百合茂251日齢362詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/09/10 22:39





先月のことなのですが、ある肥育農家さんのところへ行ってきました。




2年ほど前に新しく牛舎を建てましたが、増頭はしていません。




ということで、以前と比べ 1頭当たりの床面積は広くなっています。 




1群の頭数が減ると、以前と比べ 牛達がゆっくり過ごすようになります。




1頭当たりの面積が広くなると、床持ちも良くなります。




床もヌカリにくくなるので、以前と比べると臭気も抑えられます。




床替えの回数も減ります。  




以前と同じ敷料の購入量でも 以前より厚く敷けるようになります。 




良いことが多くなるのかもしれません。 





なかなかできることではないのかもしれませんが、




そういう環境改善もあるのではないか と 思っています。 









投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/09/05 14:55




東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



昨年2月に書いたブログの話のつづきなのですが・・・



http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/1674/Default.aspx




この話は、昨年1月に開催された 宮崎県 延岡家畜市場子牛セリの話でした。 




この時の 延岡子牛セリの平均価格は



メス 76.8万円 去勢 89.6万円(税込) でした。



ちなみに、その月の薩摩子牛セリの平均価格は



メス 88.6万円 去勢 98.0万円(税込) でした。 



今となってみては ビックリの平均価格ですよね・・・・・ 




ところで・・・  



その時のブログに書いている



”タダみたいな値段で落ちた・・・”  と 



ある肥育農家さんが言っていた子牛



耕富士ー安福久ー金幸(去勢)  276日齢 291キロ 92.8万円(セリ価格) は



結局、 枝肉重量 588キロ BMS 12 になったようです。    



ムフフフフ・・・ 




ちなみに、この時の最高価格だった



”想定内でいってるよ・・・”  と 肥育農家さんが言っていた子牛は



耕富士ー安福久ー勝忠平(去勢) ?日齢 338キロ 126.3万円(セリ価格) は



枝肉重量 582キロ BMS 12 になったようです。 




この二頭のセリ価格 は 30万円以上違いますが



結局、同じ農家さんのところへ行き 同じような結果になっていました。



子牛セリの時に 農家さんが言っていた通りになっていますよね。 




子牛セリの時の大きさは違っていても



肥育した後の姿は同じように見えていたのですね。  流石ですよね。 




もちろん、このセリの時に 70万円で 買った子牛が



枝肉重量 630キロ BMS 12 になっているかもしれないし 



この時 110万円で 買った子牛が



枝肉重量 480キロ BMS 4 だったかも!?しれないし 



いろいろあるのかもしれませんが・・・ 





牛を見る目が違うから自分にはできないよ  



と 言ってしまうのは簡単なのかもしれませんが、



できることはたくさんあると思います。 




気になる方の牛舎に(誰かの伝手を頼って)行き、牛達や環境を見てみるとか、



話を聞いてみるとか、そういうこともオモシロイのではないでしょうか。 




正直に言いまして、牛の見方だけでなく、



牛舎環境 や 飼養管理 も 農家さん それぞれ全く違います。



改善しようと考えているところは 行動して欲しいと思っています。





牛達の能力を引き出してあげる 努力を継続する ということかもしれませんね。 







投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2018/09/03 22:07

 

皆さま、こんにちは!!

 

9月1日に、福岡県で行われました九州管内系統和牛枝肉共励会に行かせて頂き

ました。

 

 

 

結果の前に、僕の中州の夜について長文になりますがお付き合いお願いします

 

 

嘘です

 

短くします

 

 

ヤマシイ気持ちで中州に向かい、少しだけ?暴れてしまいました

 

ばり楽しかったです

 

 

さて話題は戻り

 

九州、沖縄から各17頭、合計  136頭出品されました。

 

 

着時の生体重が870㎏以下という点がこの共励会の難しさでは

 

と思っていましたが、逆に今年は暑さで痩せてしまったような気がする

 

という声もお聞きしました。

 

改めて生き物の難しさを感じます。 

 

栄えある金賞に輝いたのは

 

鹿児島県   新地正清  様 

 

喜亀忠ー安福久ー安糸福  枝重 496.1㎏   BMS  12

ロース芯 105.0㎠  バラ 9.8 歩留り 82.1   単価 10,000円

 

 

 

銀賞1席 鹿児島県 

華春福ー安福久ー勝忠平 枝重 574.2㎏  BMS  12

ロース芯 110.0㎠  バラ 11.0 歩留り 81.5  単価  6,500円

 

 

銀賞2席 佐賀県

秀幸福ー安福久ー金幸  枝重 536.8㎏  BMS  12

ロース芯 93.0㎠  バラ 8.7  歩留り 78.7  単価  5,500円

 

銀賞3席 熊本県

喜亀忠ー安福久ー平茂勝 枝重 527.6㎏  BMS 12

ロース芯 93.0㎠  バラ 10.2 歩留り 80.5  単価  5,000円

 

銅賞1席 鹿児島県

華春福ー喜亀忠ー安福久 枝重 507.3㎏  BMS 12

ロース芯 105.0㎠  バラ 10.0 歩留り 81.7  単価 4,500円

 

銅賞  長崎県

福姫晴ー安福久ー平茂勝 枝重 543.2㎏  BMS 12

ロース芯 92.0㎠  バラ 10.3 歩留り 79.4  単価 4,000円

 

銅賞  福岡県 

華春福ー安福久ー百合茂  枝重 568.9㎏  BMS  12

ロース芯 95.0㎠  バラ 9.8  歩留り 78.9  単価 4,000円

 

銅賞  沖縄県

美津照重ー百合茂ー安福久 枝重 509.7㎏ BMS 12

ロース芯 82.0㎠  バラ 9.7  歩留り 77.7  単価 4,000円

 

銅賞  宮崎県

義美福ー美穂国ー忠富士  枝重 534.9㎏  BMS 12

ロース芯 75.0㎠  バラ 10.5  歩留り 76.6 単価 4,500円

 

 

 

入賞された皆さま、おめでとうございます!!

 

 

出品者の皆さま、お疲れ様でした。

 

 

 

団体優勝は鹿児島県だったのですが、平均BMSが11.7でした

 (BMS12が12頭 BMS11が5頭でした)

 

驚異的ですよね

 

もちろん!?すべての牛で2代祖、3代祖に安福久が入っていたのですが、

 

それでも、すべてを揃えるのはとても難しい事だと思います。

 

 

 

 来年が今から待ち遠しいです