自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年9月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
12 31

投稿者: 中紙育朗
2017/12/31 16:25

皆さま、こんにちは!!

今回は、何かお役にたてる内容ではないかもしれませんが

※興味の無い方はスルーして下さいね

 

 

ある優秀な生産農家さんにたくさん質問して、教えて頂いていた時です。

 

「中紙くん、和牛だからといって、何か難しく考えていないかな?

同じだよ。乳牛のように考えてみなよ。

乳牛の世界で普通の事を和牛の方に伝えるのも良いと思うよ!!」

 

この言葉がきっかけになり、

和牛と搾乳牛それぞれの違いを踏まえた上で自分なりに「搾乳牛の視点から見た

和牛」について書いてみたいと思います

 

まず牛の快適性です。

乳牛ではカウコンフォートと言われていますが、和牛に比べ乳牛では牛の快適性が

重要視されていると思います。(もちろん、その農場にもよりますが)

搾乳牛の場合、牛に対して行った事がすぐに乳量に反映されますし

毎日の搾乳によりストレスが多くかかりますので尚更

大切にされているのだと思います。

 

床の状態、体感温度、水が飲みやすく、エサが過不足なく与えられ、ストレス

がかからない環境だと、牛が本来もつ能力を最大限発揮できるからだと思います。

 

2つ目は、いつもと同じ時間にいつもと同じ事をする という点です。

搾乳牛では、基本でとても重要な事ですが

牛という点で同じという意味では、

和牛でもやはり食い込みを安定させる為に大切な事かと思います。

(もちろん5分、10分単位で  というつもりは全くありません

 

最後は、粗飼料分析の活用 になります。

特にTMR飼料を使っている酪農家さんは、ほとんどの方が利用していると思います。

粗飼料では足りない栄養を、配合飼料や添加剤で補う為です。

和牛農家さんでも利用されている方は、いらっしゃると思いますが

年に1回は分析に出されてもいいかもしれません。

その結果を見て、何かを変える事になるかもしれませんし、

変える必要が無ければ、現状を把握できるだけでも意味があると思います。

 

僕の思うままに書きましたが、ほんの些細な何かの参考になりましたら幸いです

 

 

Tags:

名前:
タイトル:
コメント:
コメントの追加    取消