自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年7月>
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
3 8

投稿者: 岩本尚吾
2018/03/08 23:55




6日火曜日 秋田の子牛セリに行ってきました。 









出場頭数 403頭。



種雄牛別出場頭数は



義平福 54頭 諒太郎 39頭 美国桜 38頭 松糸華 35頭 美津照重 34頭 隆之国 22頭


芳之国 21頭 幸紀雄 20頭 直太郎 13頭 松昭英 11頭 美津百合 9頭 安福久・光平照 7頭・・・




子牛セリが始まると・・・



最初の方は 30~40万円台 の メス、 50~60万円台 の 去勢も多く



”今回の子牛価格は 前回と比べ だいぶ下がるかもな・・・” と思ったのですが


(繁殖農家さんも ソワソワ していたと思います・・・  )



途中から 価格が上がってきて、



結局は 平均価格 メス 64.2万円(税込)《先月比 1.5万円安》



            去勢 82.9万円(税込)《先月比 2.8万円高》 で 終わりました。




メスに関しては(あくまでも個人的な意見なのですが)



もしこの牛が 鹿児島で 出ていたら セリ価格 100万円以上!?するかもな・・・



という 美国桜 や 安福久(2代祖) が 80万円台で 購買されていたと思います。



しかも、購買していたのは 地元の方ではなく、県外の方だったような気がします。 



☆メスの上位価格 5頭 を 書きます。



諒太郎ー安福久ー百合茂 274日 293キロ 87.0万円(セリ価格)


美国桜ー安福久ー百合茂 292日 292キロ 85.4万円


幸紀雄ー安福久ー勝忠平 290日 330キロ 84.5万円


美国桜ー百合茂ー美津福 270日 290キロ 84.2万円


美津照重ー安福久ー第1花国 303日 333キロ 81.5万円




今、地域によっては 県外導入が流行っているような気がしますが


(もちろん、地元とは違う流れの血統を入れるという意味では 大切なことだと思うのですが)




地元の牛も 意識して 見て欲しいと思っています。  良い子牛いますよ。 





去勢に関しては・・・



どこの市場でも同じ流れかもしれませんが



やはり、 安福久母牛(3代祖)の大きくなりそうな牛が高値でした。



ただ、安福久母牛(3代祖)の牛でも 特徴の出ていない牛は



そうじゃない(高値じゃない)牛も 少なくなかったと思います。



当たり前かもしれませんが・・・ 



ちなみに、今回の秋田セリでは 母牛頭数の80頭近く(約2割)が安福久(3代祖含む)でした。



☆去勢の上位価格 5頭 を 書きます。



 この上位の牛達は数人(2人!?)の購買者さんで ほぼ競り合っていたと思います・・・ 



美国桜ー百合茂ー安福久  260日 341キロ 123.2万円(セリ価格)


百合茂ー安福久ー平茂勝 264日 341キロ 120.3万円


美国桜ー安福久ー平茂勝 273日 372キロ 118.4万円


諒太郎ー安福久ー金幸   266日 363キロ 112.5万円


隆之国ー安福久ー勝忠平 271日 335キロ 111.1万円


美津照重ー安福久ー北国7の8 302日 340キロ  111.1万円






Tags:

名前:
タイトル:
コメント:
コメントの追加    取消