自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年10月>
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
月別の過去ログ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
6 12

投稿者: 礒 匠
2018/06/12 9:22

皆さんこんにちは。道東担当の礒です

先週は、釧路根室地方へ出張でした。

 

 

酪農家さんは親牛が出す乳が生産物なので

搾乳牛の飼養管理、健康などを重視するのではないでしょうか

 

また、繁殖和牛の農家さんでしたら

素牛で出荷する牛を売ることで利益が出るので

たとえば哺育期にいかに病気をさせないかや

出荷前どれだけ草を食いこませられるかなど

子牛の管理を重視すると思います。

 

 

日本一、牛が多い町を巡回していると

ある搾り60頭規模の酪農家さんで

搾乳牛、乾乳牛、育成、そして最後に

『これいいでしょ』と哺育・離乳舎を見せてくれました

 

D型ハウスで作られた哺育・離乳舎は

生まれて何日かすると数頭の群になりたっぷりと麦稈が敷かれた

フリーなスペースに移されます

 

 

そして、何が良いかと言うと

奥に謎の穴が・・・

これは子牛たちが夢の国(パドック)に行ける出入り口だそうです

そこまで大げさなものではないにしても

外に自由に出入りすることができて

仲間たちと遊んだり、日向ぼっこしたり、

疲れたら敷料たっぷりのD型で休んだりと

 

しっかりと、子牛の管理もされていますよね!

子牛のうちに病気せずに順調に育った子は

未経産の初めての繁殖や、初産での乳量などでも

成績が良いそうです

 

 

逆に、哺育で良くない牛はなかなか種も止まらなかったりと

苦戦することが多いようです。

 

 

直接はお金を生まない所にポイントがあるのかもしれない・・・!

とひらめいたのです

 

Tags:

名前:
タイトル:
コメント:
コメントの追加    取消