自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年11月>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
10 29

投稿者: 中紙育朗
2018/10/29 23:59

 

大変遅くなりましたが、今月の22日から23日に行われました

 

種子島子牛セリについて書きたいと思います

 

出場頭数※欠場牛を含む

去勢   320頭     メス   240頭      合計頭数  560頭

 

平均価格

去勢  84.1万    メス   71.8万     合計平均  78.9万

                              (前回比  +6.8万)

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)

華春福      132頭

喜亀忠       53頭

諒太郎       53頭

直太郎       47頭

美国桜       39頭

秀幸福       36頭

幸紀雄       30頭

華忠良       29頭

実有貴       15頭

若百合       12頭

 

 

高値だった去勢の結果は以下のとおりです。

 

華春福ー安福久ー勝忠平ー平茂勝  291日 303キロ   116.1万(セリ価格)

直太郎ー安福久ー平茂勝ー神高福  250日 316キロ   115.1万

凛斗福ー勝忠平ー安福久ー金幸   281日 301キロ   108.8万

 

諒太郎ー安福久ー平茂勝ー神高福  229日  286キロ   105.3万

華春福ー安福久ー金幸ー平茂勝   250日  307キロ   102.9万

華春福ー美国桜ー百合茂ー安平   222日  230キロ   101.2万

実有貴ー安福久ー平茂勝ー福栄   216日  255キロ   100.7万

喜亀忠ー安福久ー勝忠平ー安糸福 229日  262キロ    99.9万

 

 

メスでは、華春福ー安福久という血統が高値でした。

 

全体的な牛の印象としましては、夏場の暑さの影響があった為なのか

 

食い込めなかったのかな、と思う牛がいると思いました。

 

これから年末に向けご多忙になるかと思いますが

 

その前に再度、牛舎の環境を良くして頂けたらと思います。

 

天井のクモの巣やホコリ払い、床を厚めに敷いてあげる、牛に直接風が当たらない

 

ようにしてあげる、牛舎内の整理整頓など

 

皆さまがずっと居たくなるような場所を作って頂けたらと思います。

 

 

 

Tags:

名前:
タイトル:
コメント:
コメントの追加    取消