自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<May 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
Monthly
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
3 10

Written by: 岩本尚吾
2019/03/10 23:29






東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



一昨日、ある九州の肥育農家さんと食事をしました。



とても優秀な肥育農家さんです。 (*^_^*)




その肥育農家さんが・・・



”この前 出荷した3頭は、2代祖、3代祖に安福久が入っていなくて



BMS12、11、10だったのに(金太郎3-平茂晴 みたいな流れが多かったです)



このあいだの共励会に出した 安福久母牛の牛は4等級だったよ。



出荷する前の表現型は あのボコボコになっていない牛だったんだけど



あのカタチになっていなくても チャンピオンになったこともあるから



少し期待していたんだけど・・・ ”




と 言っていました。 *__*




いろいろと話しているうちに 導入時のエサのことになり、



その肥育農家さんが・・・



”うちは配合飼料をやった後に 発酵飼料をやっているんだけど



発酵飼料は あえて 嗜好性の良くないもの を 使っているよ。



嗜好性が良すぎると 発酵飼料も 配合飼料も 強い牛が食べてしまって



弱い牛が食べれなくなり、どうしても 牛達にバラツキがでるような気がする。



(導入時は 4頭 1群だと思います)



うちの発酵飼料は 嗜好性があまり良くないので



強い牛が食べ過ぎないし(喜んで喰いつかないし)、弱い牛の方が 意外と 頑張って食べて



そのうち、その嗜好性の悪いものに 牛達が慣れてきて みんなで仲良く食べてるよ。”



ということでした。





もちろん、嗜好性は良いに越したことはないような気はしますが



嗜好性の良くないものを あえて 利用する という考え方もあるのですね。




良薬口に苦し なのか 単純に美味しくないだけ!? なのか 分からないのですが



使い続けることができるということは 良いものなのだと思います。



牛達も大きく育っていますしね。 (*^_^*)




Kさん、 他の地区でも あの飼料を使っているのか確認してみますね。



嗜好性についても 一応!? 聞いてみます。 *__*






Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel