自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
4 26

Written by: 中紙育朗
2019/04/26 10:48

 

皆さま、こんにちは!

 

今月18(木)~19(金)に行われました、児湯地域家畜市場子牛セリについて

 

書きたいと思います。

 

僕は1日目に行かせて頂きました。

 

 

 

 

2日間合計出場頭数(欠場牛を含む)

去   484頭      メス     441頭     合計頭数    925頭

 

2日間合計平均価格(税込み)

去   88.6万     メス     79.2万    合計平均   84.1万

                                前回比  - 0.6万

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)※欠場牛を含む

 

耕富士     259頭

秀正実     178頭

秀百合久   128頭

美穂国     91頭

義美福     58頭

真華盛     46頭

冨久竜     17頭

愛日向     17頭

満天白清    16頭

忠国桜     16頭

 

児湯地域の農家さんに限った事ではありませんが、地元の市場はもちろん

 

是非、色々な市場で牛を見てもらえたらと思います。

 

少し距離があり時間はかかるかもしれませんが、面白いと思います。

 

それでは1日目の僕がわかる範囲内で高値だった結果を書きたいと思います。

 

 

去勢(セリ価格)

 

百合茂ー安福久ー平茂晴ー平茂勝    302日   374キロ   120.7万

 

耕富士ー安福久ー勝忠平ー福之国    280日   342キロ   117.9万

 

耕富士ー安福久ー勝忠平ー美津福    272日   338キロ   116.5万

 

耕富士ー安福久ー平茂勝ー忠福     294日   340キロ   116.0万

 

義美福ー安福久ー忠富士ー福之国   259日   314キロ   113.5万

 

 

 

続いてメスになります。(税抜き)

 

安福久ー金幸ー糸福(大)-八重福   313日  314キロ  203.4万(郡1等)

 

安福久ー耕富士ー安福久ー忠富士   308日  325キロ  191.5万

 

耕富士ー百合茂ー隆之国ー安福久   289日  319キロ  143.9万(郡1等)

 

満天白清ー忠富士ー福桜ー糸弘2   293日  282キロ   131.8万(郡2等)

 

耕富士ー美穂国ー安福久ー百合茂   319日  308キロ  111.4万(郡1等)

 

 

 

 

以上の結果となりました。

 

話は少し変わりますが、児湯市場でも 牛白血病ウィルス(BLV)の表示が

 

されています。

 

宮崎中央とは異なり、表示札は3種類5パターンあります。

 

セリ名簿に書かれている本文をそのまま書かせて頂きます。

 

 

児湯クリーン牛”  児湯地域管内統一札(雌子牛に装着)

 

今後の児湯地域管内の肉用牛経営において、地域一体となった特定疾病のない

 

取組の中で、各地域の繁殖部会代表の合意のもと地域内繁殖農家における

 

保留対象の一環として、強制ではなく各農家の任意で実施するものであります。

 

あくまでも血液採取、検査時点の判断であり、せり市上場時において、当該牛の

 

100%の陰性を証明するものではありませんのでご理解賜りますようお願い申し

 

上げます。(公的検査機関証明書確認後に各農家へ)

 

 

 

 

”検査済”   JA尾鈴地域管内札  雌子牛に装着

『児湯クリーン牛』と同様の意味です。 ※JA尾鈴地域管内⇒都農地区と川南地区

 

 

 

”清浄確認農場”  JA尾鈴地域管内札  雌子牛、去勢子牛に装着

 

JA尾鈴地域においては、特定疾病のない地域をめざすために、互助会組織を

 

立ち上げ、さらに先進的な取り組みを行っています。

 

国際獣疫事務所(OIE)の基準を基に独自の「清浄農場」の基準を設定し、各農場

 

の母牛・育成牛を含む全頭を年(1月1日~12月31日)に少なくとも1回検査を行い

 

、農場のBLV陰性(検査時点)を確認しています。

 

この荷札の装着牛は、上記の「清浄農場」の基準をクリアしていますとの印です。

 

この事についても当該牛の100%の陰性を証明するものではありませんので、

 

ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

行かせて頂いた1日目、メスは207頭、去勢は262頭、合計469頭

 

入場しました。

 

各札の詳細は以下の通りになります。

※多少数字が前後するかもしれません。申し訳ございませんがその点ご了承くだ

さい。

 

清浄確認農場          72頭

 

検査済み             17頭

 

児湯クリーン牛          50頭

 

清浄確認農場+検査済み   39頭

 

児湯クリーン牛+検査済み   5頭          合計    183頭

 

 

価格差については、全ての牛が違うので一概に比較できないのですが

 

生産農家さんの気持ちとしては、何らかの表示札があった方が安心して導入でき

 

るのでその分が差に表れるのかな   と思いました。

 

また、関係者のお話しでは「購買農家さんはこの市場がBLVに取り組んでいるので

 

来ている」というお話しをお聞きするそうです。

 

次回僕なりにBLVの事について書かせて頂きます。

 

 

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel