自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
5 22

Written by: 岩本尚吾
2019/05/22 22:55

 



ある農家さん(Hさん)のところへ行ってきました。

 

とても優秀な農家さんです。    ☆下の写真は Hさんの哺乳ロボットのある牛舎です。

 

 

 

 

Hさんは 酪農家さんでもありますが 和牛の母牛も 20頭います。

 

その母牛から採卵しながら、 和牛の受精卵産子を産ませています。

 

Hさんは 熊本県家畜市場で毎月開催されている

 

ETスモールセリ(4か月齢未満の子牛)に 和牛の子牛を出荷していますが

 

先月(4月)のETスモールセリで Hさんの子牛が オスの最高価格でした。 

 

☆勝早桜5ー安福久ー百合茂 112日齢 184キロ 86.8万円(セリ価格) でした。 

 

ちなみに、先月のETスモールセリではオス(体外受精卵含め)が372頭 上場されていましたよ。 

 

実は、先月だけじゃなく 昨年も何度か!?オスのトップを取っていた気がします・・・ 

 

おそらく 何か 秘密の!? テクニック が あるのだと思います・・・ 

 



Hさんの子牛は 発育の良い牛が多いので

 

子牛の哺育について その秘訣!?を聞いたのですが・・・

 

 

”子牛が産まれてから 最初は 俺がミルクを飲ませていて

 

 ある基準を超えたら 哺乳ロボットのある牛舎に入れるんだけど

 

 その目安は お湯 2.2~2.5リットル 粉ミルク 550~600グラム を 1日 2回(朝と夕方)

 

 3日間くらい しっかり飲めるようになること”

 

 ということでした。

 

だいたい 3週間くらいしたら その基準に達するようです。 

 

ちなみに 毎回 アースジェネターを ミルクの中に 3グラムずつ入れているようです。

 

このことが重要だから しっかり伝えてね と Hさん(東さん)は 言っていました。 

 

やらせではありませんよ・・・・・  

 

ミルクに アースジェネターを入れると 第四胃にいってしまうのですが(第二胃溝反射)

 

それでも 小さいときから 口にいれてあげることは大切だと思います。

 

できるだけ 早い時期から 腸内環境を整えていくことが大切だと思っています。

 

まだ スターターも そんなに食べることができない時期に(産まれてから3週間くらいまで) 

 

毎日、アースジェネターを 子牛の 口に入れるのは 大変だと思うので 

 

それでしたら ミルクに入れるのが 一番楽で 確実に口に入る方法 だと思います。

 

もちろん、スターターを食べるようになったら スターターに振りかけてください。

 

Hさんのところでも ロボット哺乳の牛舎では ミルクの中ではなく スターターに 振りかけています。 

 

ちなみに、 Hさんは 90日齢で離乳にしています。 

 

 

Hさんの ロボット哺乳の牛舎は 広くて 環境が良く 子牛達は のびのび 育っています。

 

稲ワラも たくさん敷いてありますよ。 

 

 

 

東さん  今月の子牛(今月は24日がETスモールセリです)も  良い感じの牛がいましたね。  

 

今月も 最高価格を 取っちゃうかもしれませんね。    ムフフフフ・・・ 

 

 

 

 

 

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel