自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<December 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
Monthly
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
11 29

Written by: 中紙育朗
2019/11/29 11:01

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

今回は、生産農家さんからよく質問される血統の事について書きたいと思います。

 

 

 

「安福久以外では美国桜母牛の結果が良いのはわかるけど、

 

他に何を残したらいいかな?」

 

「幸紀雄と諒太郎どっちを残したら良いかな?」

 

「何か結果がわかったら教えてね」

 

とよく聞かれます。

 

 

僕なりにまとめてみました。

 

 

最初に2頭を家畜改良センター様、メスのデータで比較したいと思います。

(平成30年7月から令和元年6月までのデータより)

 

幸紀雄  4,610頭   BMS 7,88

(幸紀雄×安福久 1,311頭  BMS 8,53)

 

諒太郎  2,193頭   BMS 8,25

(諒太郎×安福久  195頭 BMS 9,75)

 

 

 

まだ頭数が少ないですが、僕がわかる範囲内で幸紀雄と諒太郎母牛

 

の結果を全て書きます。

 

(3代祖がわからないデータも含めます)

               

 

全て共励会の出品牛になります。

 

幸紀雄母牛

 

去  美津照重ー幸紀雄ー花清国  A5  BMS 11

 

去  美国桜ー幸紀雄ー北国7の8  A5 BMS  8

 

去  第一花福ー幸紀雄ー平茂勝  A4  BMS  7

 

去  喜亀忠ー幸紀雄ー隆之国   A5  BMS  11

 

去  美国桜ー幸紀雄ー勝忠平   A5  BMS  10

 

 

続いて諒太郎母牛になります。

 

去  茂久桜ー諒太郎         A5    BMS  10

 

去  美国桜ー諒太郎        A5    BMS  12

 

去  百合気高ー諒太郎ー糸福  A5    BMS  10

 

メス 福久幸ー諒太郎ー金幸福  A5    BMS  10

 

 

頭数は少ないですが、このような結果になっております。

 

実際に頭数を数えていないのですが、僕が行かせて頂く農家さんでは

 

幸紀雄×安福久母牛の頭数が多いように感じています。(あくまでも体感です)

 

どちらを残されても良いと思いますが、僕はどちらかと言うと諒太郎母牛をお奨め

 

しております。

 

安福久は絡んでいなくても良いのではと思います

 

 

その場合、諒太郎と美国桜との掛け合わせもいいかと思います。

 

 

僕の個人的な意見になりますが、何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

Tags:

2 comments so far...

Re: ある母牛の肥育データ

データありがとうございます
諒太郎母体のデータこれからも分かりましたらどんどん載せていってほしいです。
働いてる繁殖農家も諒太郎より幸紀雄を多く保留してますが、僕も諒太郎のほうがいいのでは?と感じてます。
諒太郎自体に安福久の血が入っていて去勢より雌が成績良いと聞くので安福久のように母体に期待してます

By 人工授精師3年目 on   2019/12/04 22:56

Re: ある母牛の肥育データ


人工受精師3年目 さま、初めまして。


コメントを頂きありがとうございます。


諒太郎母牛の結果がわかり次第、また書かせて頂きます(*^^*)


人工受精師3年目さまと僕も同じように感じています。


また、今現状では百合茂の後継牛が多く、成績も良い為


たくさん使用されている事かと思います。


その場合、諒太郎母牛の方が交配しやすいのでは?と思っております。


また、コメントをお待ちしております。


今後とも、よろしくお願いします。

By 中紙育朗 on   2019/12/05 21:08

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel