自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<February 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
1234567
Monthly
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2 14

Written by: 礒 匠
2020/02/14 12:02

 

皆さんこんにちは

 

道東担当の礒です

 

さて、今週行われました

十勝の和牛市場について書きたいと思います

 

結果

メス 690頭   最高  1,009,800円 最低 225,500円 平均 659,699円 (税込)

去勢 1078頭 最高  1,109,900円 最低 236,500円 平均 766,640円 (税込)

 

主な種雄牛

勝早桜5 254頭  秋忠平 157頭  花国安福 136頭  美津照重 132

愛之国 130頭  幸紀雄 128頭  福之姫 107頭  勝乃幸 82頭  

美国桜 65頭  梅栄福 53頭  光彦 47頭  福増 46頭   ほか

 

先月と比べて

メスで3万円のマイナス

去勢で1万円のマイナスでした

 

 

参考までに高値で取引された牛を書きます(セリ価格)

 

メス

美国桜-勝忠平-平茂勝  296日齢 349㎏ 797,000円 

隆之国-安福久-百合茂  276日齢 309㎏ 804,000

勝早桜5-安福久-平茂晴 284日齢 332㎏ 861,000

 

去勢

幸紀雄-美津照重-安福久 286日齢 327㎏ 880,000

秋忠平-花之国-安福久  295日齢 326㎏ 952,000

百合茂-安福久-平茂勝  281日齢 344㎏ 960,000

 

今回は、今までに比べてさらに

上と下で価格差が出てきたように感じました

 

僕の担当している地域では繁殖農家さんが多いので

どうしてもそちらの目線になってしまいがちなのですが

徐々に素牛価格が落ち着いてきたとはいえ

最近の枝肉価格の相場を見ていると

購買者さんたちにとっては厳しい相場なのかなと思います

 

 

より一層、牛を健康に飼うことが

価格アップにつながるかもしれませんね!

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel