自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<July 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
Monthly
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
6 24

Written by: 植田秋良
2020/06/24 10:12

 

先日、今年2月から既存牛舎(コンクリート床)で

発酵牛床の活用を始めた()ある(・・)農場におた。

発酵牛床の活用は、育成舎および肥育初期(離乳~10か月齢頃)

までです。(主に後ろの寝床の部分。肥育初期は手前も含む。)

開始時に、発酵熱を持った中熟堆肥を投入して土台にし、

その上にオガクズを敷いたとのことです。

その後は、牛、発酵牛床の状態を見ながら、

時々、オガクズを足したり、耕運機をかけておられます。

発酵牛床の状態は、高いところで厚さ約3040㎝ほど、

しっとりフカフカで臭気は少なく、ほんのり暖かい最高の状態です。

牛の状態は、もともと良かったので一概に言えませんが、

手づや、肋張り、フンの状態など、とてもいい感じです。

発酵牛床の活用により、

  牛がよく寝て、(草を)食べるようになった(牛の健康増進)

  床出し及びフンを取り除く労力の削減(省力化)

※発酵牛床を始めた2月から床出ししていない

などの効果が表れています。

 

今後は、ますます気温が上がり、発酵が促進され、

より一層の発酵牛床の効果が期待できます。

 

とても楽しみです!

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel