自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<September 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
Monthly
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
9 9

Written by: 植田秋良
2021/09/09 10:28

 

先日、日高キャトルセンター株式会社さんに

お伺いしました。

 

現場では、来月(10月中旬)に農場の稼働を控え、

牛舎や堆肥舎の建設が大詰めを迎えていました。

 

今までの建設中の様子はこちらからご覧ください。

   ↓   ↓   ↓

 

建設中の牛舎(発酵牛床・北海道)

http://www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=2359

 

建設中の牛舎②(発酵牛床・北海道)

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/2379/Default.aspx

 

建設中の牛舎③(発酵牛床・北海道)

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/2420/Default.aspx

 

 

それでは今回の様子をお知らせいたします。

 

まずは農場に入ったところの様子です。

 

 

広い敷地には大きな牛舎が立ち並び、

通路は、ほとんど舗装されています。

 

入口のすぐ横には事務所があります。

 

 

事務所の内部です。

 

 

事務室や検査室、薬品などの納品庫、

シャワー室などが完備されています。

 

 

社宅は4戸(単身用)が入居可能です。

 

 

牛舎は入口から近い順に、

隔離舎、哺育舎、離乳舎、育成舎3棟となっています。

 

まずは隔離舎です。

(約60頭、掘り下げ式発酵牛床、

フィードステーション及び体重測定器4基

 

 

牛舎内は、採光屋根の導入(1採光:3通常)で

ほどよい明るさになっています。

 

 

フィードステーション及び体重測定器の設置は、

およそ15頭に1基となります。

 

 

発酵牛床には、土台になる中熟堆肥(種菌)が

投入されていました(およそ1m)。

 

発酵牛床において、いわゆる“きも”の部分です。

 

 

続いて哺育舎です。

(約200頭、ハッチ、群飼、哺育ロボット8基、

フィードステーション及び体重測定器8基、

かさ上げ式発酵牛床<哺育ロボット群飼のみ>)

 

 

ハッチです。 ⇒

 

 

 

群飼(小ロット)マスです。 ⇒

 

 

哺育ロボット(群飼)です。 

 

牛床は、かさ上げ式発酵牛床です。

 

 

かさ上げ式発酵牛床(左側)のアップです。

 

 

ドリンクステーションの横に

フィードステーション及び体重測定器が設置されています。

 

 

続いて離乳舎です。

(約200頭<50頭×4群>、掘り下げ式発酵牛床、

フィードステーション及び体重測定器12基)

 

※育成舎(約200頭)×3棟もほぼ同じ概要です。

 

 

施設の概要は先ほど紹介した隔離舎とほぼ同じです。

違うところは規模の大きさのみです。

 

 

フィードステーション及び体重測定器の設置は、

およそ50頭に3基となります。

 

 

 

こちらは乾草庫です(3棟)。

 

 

農場で使う粗飼料の多くはラップサイレージのため、

外に保管しますが、乾草はこちらに収納します。

 

施設内部の底面は砂利となっています。

 

保管する乾草のカビなど劣化を防ぐため、

その上にほぐした牧草を敷き、

乾草を積み上げていきます。

 

最後に堆肥舎です。

 

 

堆肥の発酵は一般的な堆肥舎(上)と、

堆肥自動撹拌機が稼働する堆肥舎(下)で行います。

 

 

堆肥自動撹拌機(CSランドハイドロモンスター)が

稼働する堆肥舎は、全長約90mです。

 

入口に堆肥の原料を投入しますと、

自動撹拌機によって撹拌をしながら、

少しずつ出口の方へ移動させます(1日約10m)。

 

 

9日後には出口に到達します。

1次発酵を終えた堆肥は、とても良い状態になっています。

 

その後、堆肥を一般的な堆肥舎へ移動します。

 

そこで何度か切り返し作業を行い(2次発酵)、

堆肥を完成させます。

 

この堆肥舎では、

毎日の入口への堆肥原料の投入と、

できた堆肥を出口から取り出す人の手間が必要ですが、

 

○発酵期間(1次発酵)が短い

○サラサラで良質な堆肥ができる

○機械の故障が少ない

○ランニングコストが安い

 

などといったメリットがあるようです。

 

 

 

以上、今回の様子を紹介いたしました。

 

いよいよ来月(10月中旬)には本格稼働です。

 

また、様子をお知らせしたいと思います。

 

 

乞うご期待です!

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel