自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<October 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
Monthly
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
10 7

Written by: 礒 匠
2021/10/07 19:13

 

こんにちは。

ウマ担当の礒です

 

 

今までに何回か

馬は腹痛で死んでしまうことがあるほど

消化器官トラブルが多い動物だと

ブログで紹介したことがあるのですが

今回は人でも馬でも牛でも当てはまる

腸内細菌のお話をしたいと思います

 

 

何年か前に風邪で病院へ行ったとき

抗生物質や風邪の症状を抑える薬とともに

整腸剤のビ〇△リーを処方されたことがありました

 

確かに、抗生物質を飲んでいると

お腹の調子が悪くなり

便が緩くなることがあります

 

これは、抗生物質の影響で

腸内細菌叢が変化してしまうことがあるからで

ひどい時には腸炎になってしまうこともあるようです

 

とはいえ、薬を飲んで

すぐに風邪は治ったので

抗生物質様様なのですが!

 

 

ところで、馬を飼養している人にとって

一番身近なトラブルは怪我だと思います

牧柵に肢をひっかけた

馬同士がけんかして傷を作ったなど

やんちゃで困ったものです()

 

そういったときに

ほとんどの場合、化膿などしないように

抗生物質を注射しますが

度々、治療中に下痢や腹痛を起こすことがあります

 

これが、先ほどお話ししましたが

腸内細菌叢が乱れてしまい

下痢を発症すると言われています

 

普段は土壌や腸内など

どこにでもいる菌ですが

バランスが崩れ悪玉菌が優勢になってしまうと

毒素などを出して

ひどい時には死んでしまうこともあります

 

 

馬の世界でも乳酸菌製剤などは

多数ありますが

普段からの生菌剤給与は牛ほど一般的ではなく

腸内環境を整えるというのが

まだまだ浸透していないようにも思います

 

 

アースジェネターを給与することで

少なからず、腸内環境を良くして

そういったトラブルに役立つのではないかなと

個人的には考えております!

(※あくまでも個人的希望が大きいかもしれませんが)

 

長年アースジェネターを食べさせてくれている

馬屋さんからも重症化が減ったとの声をいただきます

 

特に競走馬はめちゃめちゃ高価な生き物ですので

1頭が売れなくなってしまったらと考えると・・・ 

 

皆様も、お腹の調子が悪い時は

いつも牛や馬に与えているアースジェネターを

こっそり食べて腸内環境を整えてみてください()

自己責任でお願いいたします

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel