自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<May 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
Monthly
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
4 27

Written by: 植田秋良
2022/04/27 13:39

 

先日、とある農場さん(北海道)にお伺いしました。

 

 

農場さんでは発酵牛床(かさ上げ式)を始めて半年が経過。

このほど初めての冬を超えました。

 

発酵牛床は厳寒期にやや凍結したものの、

大勢に影響はなく牛の調子も良いようです。

 

春のこの時期、

発酵牛床は1年で最も水分が高くなりがちで、

この農場さんも例外ではありませんでした。

 

ただ、それほど高いわけでもなく許容範囲内でした。

 

1回程度のオガクズ投入と撹拌作業(ロータリー)を

実施すれば、すぐに良くなるでしょう。

 

 

さて、

この農場さんは新たに建てた牛舎(育成舎)においても

発酵牛床(かさ上げ式)の活用を決定いたしました。

 

それは半年の発酵牛床の活用により、

 

❶牛の健康増進

❷敷料代の削減(オガクズ)

❸省力化

 

などの効果を実感されたからです。

 

 

この農場さんの経営理念や牛に対する接し方などを

拝見する限り、きっと上手に活用されることでしょう!

 

 

今後もお役に立てるようサポートできればと思っています。

 

 

乞うご期待です!

 

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel