自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<June 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
Monthly
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
6 16

Written by: 岩本尚吾
2022/06/16 20:29




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さまいかがお過ごしでしょうか。 



今は・・・   


牧草収穫の季節ですよね。


今週は東北地区にいたのですが


農家さんの牧草収穫が忙しくて、なかなか農家さんとお会いすることが出来ませんでした。


ただ・・・   


牧草は 牛たちにとっても 農家さんにとっても 生命 だと思っています。 


農家さんにはお会いできなかったのですが、


梅雨前の時期に 快晴が続き 良い牧草が収穫できたようで嬉しかったです。 



今は、配合飼料も高騰していますし 輸入牧草も高値が続いています。


農家さんにとっては、特に大変な時期だと思っています。


自家産の牧草やサイレージにより 少しでも牛たちのプラスになると良いですよね。


☆自家産の牧草、サイレージでも(コストを削減できても)明らかに質の良くないものは

 牛たちのお腹にストレスがかかってしまうので あまりオススメしません。

 ルーメンのバランスが崩れて、牛の体調が悪くなってしまいます。

 実際、酪農家さんのお話なのですが、配合飼料の価格が上がっているので

 今までのエサのスタイルではなく

 コスト削減のために 自家産のサイレージを多めに給与するようになり

 以前と比べて、牛乳中の体細胞数が一気に上がってしまった という話も聞きます。

 急な、飼料の変更は牛たちのお腹にストレスがかかってしまいます。

 もし可能でしたら、少しずつ変更してくださいませ。

 あっ・・・ 急な 飼料の変更があるときには 

 アースジェネターを多めに給与すると 牛たちのストレスを抑えることができると思っています。 





ところで、話は変わるのですが・・・



お肉に関しましては 中国からの引き合いが強く 輸入牛肉の価格が上がっているようです。



こんな時こそ、意識して 国産のお肉を買って食べたいですね。 



どこの国の お肉も お野菜も 美味しいのですが



安いものだけ買うことを求めていたら(安いことは悪いことではないのですが)、



日本の農業や畜産が無くなっていくのかもしれません。







☆写真のお肉は 佐賀県の伊萬里牛のステーキです。 



和牛のお肉は もちろん 美味しいですし、


F1のお肉も ホルスタインのお肉も めっちゃ美味しいですよね。 



明後日、北海道に戻ります。



牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉(国産の羊肉はなかなか買うことが出来ないのですが) など 


国産のお肉をモリモリ食べたいと思っています。 



もちろん、地元のお野菜も一緒に食べます。   ムフフフフ・・・ 






Tags:

2 comments so far...

Re: 牧草 と お肉

初めまして。

>以前と比べて、牛乳中の体細胞数が一気に上がってしまった という話も聞きます。

そのような現象があるのですね。

日本の酪農、畜産が盛り上がってほしいと思います^^

By 大崎のサラリーマン on   2022/06/20 9:52

大崎のサラリーマン さま


大崎のサラリーマンさま コメントありがとうございます。

搾乳牛(酪農家さん)では

和牛の繁殖母牛(繁殖農家さん)に比べて

ストレスが多いので

飼料の変化に対しての乳質の変化が大きいと思います。

大崎のサラリーマンさまがおっしゃるように

僕も、日本の酪農、畜産が盛り上がって欲しいと思っています^^

外国産の お肉 や 乳製品も、もちろん美味しいのですが

日本の お肉 や お野菜、乳製品を 意識して 消費していきます^^

By 岩本尚吾 on   2022/06/20 22:02

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel