自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
Monthly
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
8 2

Written by: 岩本尚吾
2022/08/02 10:29



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 


どの地域も暑くなってきましたよね。 


そして、今 子供たちは夏休み真っ盛りですね。


小学生のころは(僕は福岡県出身です)・・・


7月20日頃~8月31日までの 40日間の夏休みを、


友達と川遊びしたり、外で野球 や サッカーをしたり・・・  正直に言いまして、それだけでした。 


中学校になると、それが 部活 と 塾になり、もちろんヤマシイことも・・・ 


それがすべてだったと思います。


両親は 自営業で忙しくしていたので、一緒になにかをするということは少なかったです。


今は、なんとなくコロナが増えてきていて、遊ぶ場所が制限されたり


いろいろなお祭りも中止になっているところもあると思います。


子供たちにとっては 少し大変な時代かなと思ったりします。



皆さまにとっては、お仕事を含め いろいろあると思いますので


子供たち や 家族、友人、大切な人たちと ゆっくり過ごす時間は少ないのかもしれませんが、


意識して 大切な人との時間を作って欲しいな と 思ったりします。 



ところで・・・



弊社の中紙が 諒太郎母牛の結果 ↓↓↓↓↓ を 載せていますね。


         営業マンの放浪日記 (labogenitor.com)



あくまでも 個人的な意見なのですが、諒太郎母牛は


安福久母牛 や 美国桜母牛に 近いくらいの成績を残すのではないかと思っています。



(あっ、皆さま 思っていることですね  )



聖香藤母牛 も そうなるのではないかと思っています。


その理由の一つは メスでの肥育成績が安福久、美国桜と同じように良いからです。


そして、 諒太郎母牛、聖香藤母牛 の 子牛 の表現型は


安福久母牛、美国桜母牛 の 子牛の表現型に似ている牛が多いのも その理由の一つです。 



《メスの肥育成績 (二代祖、三代祖はいろいろです)》 

・安福久  と畜頭数 115頭  と畜月齢 31.2か月 平均枝重 441キロ 平均BMS 9.42 

・美国桜  と畜頭数 2654頭 と畜月齢 30.3か月 平均枝重 445キロ 平均BMS 8.79 

・諒太郎  と畜頭数 3616頭 と畜月齢 29.7か月 平均枝重 476キロ 平均BMS 8.89 

・聖香藤  と畜頭数 697頭  と畜月齢 30.2か月 平均枝重 471キロ 平均BMS 8.58 


 今現在の とちく頭数は 美国桜 と 諒太郎が 多いですね。


☆家畜改良センター 枝肉成績とりまとめ(令和3年4月から令和4年3月まで) より 



メスでの肥育成績が良い牛は、母牛になった時にもその子に能力が遺伝するのだと思います。


ここら辺は、和牛の歴史を見ても そうなってきていますよね。


☆ここはあくまでも、確率的に という意味です。

 なんでこの血統の母牛が こんなにサシが入っているんだという牛もいます。

 そこは、血統を抜きにした その牛の能力だと思っています。 



ただ・・・


この4頭以外にも、メスの肥育成績が良い種雄牛はたくさんいます。


今は 種雄牛の能力が モノスゴイデスヨネ。 


次回はそのことについても 書きたいと思っています
。 






Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel