自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<September 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
Monthly
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
5 31

Written by: 中紙育朗
2019/05/31 19:20

 

前回に引き続き、牛白血病について書きたいと思います。

 

最初に、牛白血病は人に感染しないと言われています。

 

また、発症した牛肉が市場に出る事はありません。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

牛白血病には地方病型と言われるウィルスで伝染するものと散発型と言われる

 

2つありますが、そのほとんどがウイルスで伝染するタイプとの事ですので、

 

そちらの予防や考えられる対策について書かせて頂きます。

 

(散発型については、僕が調べたところ原因不明と書かれていました。)

 

 

牛白血病ウィルスの感染が拡大する経路をまとめてみました。

(農林水産省ホームページより 牛白血病に関する衛生対策ガイドライン参照)

 

1.汚染された注射針、直腸検査用手袋の連続使用、膣内に入れる器具等

  、除角されたハサミや去勢器具、削蹄器具、鼻環装着器、耳標装着等。

 

2.吸血昆虫による媒介。

 

3.母牛から子牛への垂直感染、感染牛から乳汁を介した感染。

 

 

汚染された注射針については、おそらく獣医さんも農家さんも、されていると

 

思いますが、1頭ずつ交換される事で防げます。

 

直腸検査用手袋は獣医さんや授精師さんが使われる事が多いと思いますが、

 

こちらもやはり1頭ずつ交換して頂きたいと思います。

 

膣内に入れる器具や除角されたハサミ、去勢器具、削蹄器具、鼻環装着器、

 

耳標装着等については、1頭ずつ洗浄と消毒(消毒薬は通常農場で使われて

 

いるもので)、出血があった場合はすぐに止血。

 

2の吸血昆虫による媒介は、アブとサシバエを牛舎内に入れないネットが有効的

 

な対策になると思います。

 

アブには網目が1㎝以下、サシバエには2mm以下との事ですので、

 

どちらにも対応するには2mm以下のネットがお奨めです。

 

また、僕が相談させて頂いた先生からお聞きした事は、

 

牛白血病抗体陽性牛と陰性の牛の間隔を8メートル以上離すとうつりにくい

 

という事でした。理由としては陽性牛の血を吸い陰性牛へ移動している間に

 

血で濡れたアブやサシバエのくちばしが乾いてしまうからとの事です。

 

3番と検査方法や清浄化に向けては次回書かせていただきます。

 

 

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel