自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
Monthly
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
12 15

Written by: 岩本尚吾
2019/12/15 23:57





ある繁殖農家さん(Nさん 仮名)の話なのですが・・・




Nさんは とても優秀な農家さんで



その方が出荷している家畜市場でもトップクラスの成績の方です。



子牛は いつも良い感じに育っています。 




”あれだけ頭数を育てているのに、よく管理できているなぁ”



というのが Nさんの印象です。 




ちなみに、アースジェネターは給与していません。 




そのNさん から・・・



”子牛にモネンシン入りのエサを給与しようと思ってるんですけど どう思いますか”



という連絡がありました。




おそらく 今、子牛のところで困っていて どうにかしたいのだと思います。




アースジェネターを給与している繁殖農家さん、肥育農家さんでも



モネンシン入りのエサを給与している方もいます。




僕が現場を見ている農家さんだったら



(あくまでも個人的な意見なのですが)



なんとなく、モネンシン入りのエサを給与していない農家さんが給与した後に



どのようになるのかイメージできるので




 Nさんには・・・



”もちろん、使っても悪くないと思うのですが まだ使わなくても良いんじゃないですか”



 と  伝えました。




Nさんの飼養管理 や Nさんの性格、子牛の状態などを含めて、



なんとなく分かっているつもり!?だったので、そのように答えました。




もし、別の農家さんから 質問されていたとしたら



”使ったほうが良いと思います”  と  即答していたかもしれません。





何に困っていて、どのようにしたいのか ということが問題だと思うのですが



仕事のことだけに限らず、家庭にしろ プライベートのことなどにしろ



なぜか いろいろと 問題が起きてしますよね・・・ 






皆さま どうですか。





ちなみに、 我が家の問題が いろいろと山積みだとは言っていませんよ・・・・・ 






ちなみに、 アースジェネター と モネンシン は



作用機序(作用する場所や仕組み)が違うので お互いに悪さをするイメージはなく



むしろ、 それぞれ給与することで 相乗効果はあると思っています。



☆あくまでも、個人的な見解です。





Nさん いろいろあると思うのですが 一歩一歩やっていきましょう。





まずは、 あのお店で 焼肉・ホルモン を 食べながら いろいろ話をして



二次会で ガルボ(TALBOT)のボトルを 無理矢理!?入れてもらいましょう・・・ 










Tags:

4 comments so far...

Re: ある繁殖農家さんの話

モネンシンは作用機序だの副作用だのとアカデミックなお話だけでなく
間違いなく成長促進剤として分類される薬剤ですので
安心安全な国産和牛を全面にコマーシャルしたいなら困りものです
科学的理論が正論だとしてもなんら米国産牛肉と同じ土俵に下がってしまうのは残念ですね
プレミアムな国産黒毛和牛はそういう所でWAGYUと戦うべきと思いますがね

By 使ってない繁殖屋 on   2019/12/16 18:51

使ってない繁殖屋 さま

コメントをいただき、ありがとうございます。

食の安心安全の問題は

とても大切なことだと思っています。

畜産に関していえば

モネンシンに限らず給与するものを選ぶのは農家さんですので

それぞれの農家さんが

経営やコストのことだったり、牛達の病気のことだったり

安心安全のためだったり

それぞれの考えの中で精一杯やっているというのが現状なのだと思います。

プレミアムな国産黒毛和牛をどのようにコマーシャルしていくのか・・・

みんなが(全員という意味ではないのですが)納得できるような

具体的な方向性が見つかったら良いですね。

By 岩本尚吾 on   2019/12/16 23:55

モンネシンやる肥育農家

モンネシンやらない方は子牛が風邪の時は抗生物質の注射は打たないのですか?

By 照れ屋 on   2019/12/17 16:06

Re: ある繁殖農家さんの話

コメント遅れました

治療のために短期間抗生剤などを使用するのと恒常的にホルモンだの成長促進剤などを闇雲に使い続けるのとは違うと思いませんか?
消費者は科学的根拠なんて信用しません
ここの社長さんが大好きな奇跡のリンゴだの良い例です
そうかもしれないし違うかもしれない
だったら安心な方を食べたい
安かろう危なかろうより高くても安心な国産和牛を作りませんか?

By 使ってない繁殖屋 on   2019/12/27 18:52

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel