自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2019年2月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272812
3456789
月別の過去ログ
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2 6

投稿者: 中紙育朗
2019/02/06 16:28

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

朝日新聞に気になる記事がありましたので、ブログを見て頂いている皆さまと

 

情報を共有したいと思い、書きたいと思います。

 

(デジタル版で2019年1月29日)

 

 

 

長文になりますが、原文をそのまま書きます。

 

 

 

 

タイトル    豪州生まれでも国産牛? 日本ハムが今春から販売

 

 

 

日本ハムが、オーストラリア(豪州)で生れた子牛を、日本に運び育てた上で

 

「国産牛」と表示して、今年春から出荷する。国内で、生産から出荷まで行うよりも、

 

価格を抑えて牛肉を販売するねらいだ。

 

 

「国産牛」は、品種を表す「和牛」とは違い、産地を表す言葉だ。消費者庁のルールで

 

は、国内での飼育期間が海外より長ければ、「輸入牛」ではなく、「国産牛」と表示

 

できる。

 

日本ハムの場合、豪州で生れた子牛を購入し、船で日本に輸送。福岡県内の

 

指定農場で、15~16カ月ほど育てて太らせる。その後の処理も国内で行い、

 

出荷するという。

 

 

豪州では、日本産和牛の遺伝子を引き継ぐ「豪州Wagyu(ワギュー)」と在来の

 

アンガス牛を交配して生まれた子牛を調達する。日本では和牛に与えるエサと同等

 

のエサを与え肥育する。

 

 

食肉利用を目的として改良してきた品種と乳牛との「交雑種」と比べれば、

 

和牛に近い食肉になる。日本ハムは、赤身と脂身のバランスが取れた肉質を目指す

 

という。

 

 

農林水産省によると、国内の肉用子牛はここ数年上昇傾向にあり、高価格で売買

 

されている。例えば最高級の黒毛和牛の場合、2018年10~12月の子牛1頭の

 

平均価格は78万1800円で、7年前から2倍近くなった。

 

 

「食の安全」への関心の高まりから「『国産』の人気が高く、価格も高水準で維持

 

されている」(農水省の担当者)という。

 

 

豪州などでは大規模生産を行っており、一般的に生産効率が良いとされる。

 

豪州である程度大きくなるまで育てられた子牛を購入するため、日本ハムの

 

広報担当者は、「子牛の頃に死亡するリスクが少なくなり、安定供給につながる」

 

としている。

 

 

このため、輸送や検疫に追加の費用が掛かっても、高騰する国内の子牛価格よりも

 

安く調達できるようだ。

 

 

海外で生まれた子牛を日本で育てるやり方は、これまでにも取られてきた。

 

全国肉用牛振興基金協会の担当者は、「国内での肥育のやり方で肉質を高め、

 

ほかの国産牛と差別化できるかが課題だ」と話している。

 

 

 

                                      原文は以上です。

 

 

皆さまは、どのように感じたでしょうか。

 

 

どのようなことが起きそうでしょうか。

 

 

見る方によって、違う考えになるのかもしれませんね。

 

 

 

市場にどのくらい流通するのかは、分からないのですが、

 

 

僕は、本文の最後の方にもありましたが、日本で生まれ肥育された「国産牛」と

 

 

「豪州生まれの国産牛」が消費者にわかるように表示されて欲しいと思いました。

 

 

 

Tags:

5 コメント

Re: 新聞の記事より

豪州和牛とつながりが牛に日本の企業がお金を出す時代なんですね。
国も安く手に入るならみたいならみたいなら考えなら和牛は厳しくなる一方ですね。

投稿者:りん 投稿日:   2019/02/06 22:57

Re: 新聞の記事より

豪州和牛とつながりが牛に日本の企業がお金を出す時代なんですね。
国も安く手に入るならみたいな考えなら和牛は厳しくなる一方ですね。

投稿者:りん 投稿日:   2019/02/06 22:58

Re: 新聞の記事より



りんさま、お久しぶりです。

コメントありがとうございます。

とても嬉しいです。



楽観はできない状況だと思いますが、悲観される事は無いと僕は思っています。


先の事はわからないのですが、、、




来年は東京オリンピックになりますね。正しく表示された上で消費者が選択し


たくさんの海外の方が黒毛和牛を知って、食べてくれることを願っています。


投稿者:中紙 育朗 投稿日:   2019/02/07 12:48

Re: 新聞の記事より

中紙さんの言わんとしている事は良く判ります。海外生まれの和牛交じりの牛が国産牛となったら脅威に感じます。
ただ記事を全文引用している分量が多く、中紙さんの主張の部分が少ないのは著作権の観点から好ましい書き方ではないと思われます。

投稿者:mandarin 投稿日:   2019/02/18 23:34

Re: 新聞の記事より



mandarin様、コメントとご指摘を頂きありがとうございます。


僕のブログでmandarin様に不快な思いを与えてしまい、申し訳ございません。


書き方につきましても、申し訳ございませんでした。


これから、このような事がないように致します。


このブログを書かせて頂いたのは、肉牛農家さんやその関係者の皆さまに


現状とこれから起きようとしている事をお伝えし、皆さまそれぞれにこの事について


考えて頂くきっかけになれば、と思いました。


また、記事を全文引用させて頂いた理由も、上記の理由に加え誤解の無いように伝えたい


という思いからです。


僕の主張と言いますか、気持ちは短い文ですが想いを込めて書きました。


とても微力ですが、日本の畜産農家さんの為になりたい。


稚拙な文章になりましたが、今後ともよろしくお願い致します。

投稿者:中紙育朗 投稿日:   2019/02/19 11:57

名前:
タイトル:
コメント:
コメントの追加    取消